結婚&離婚

煙草をやめない夫。お金と健康と家族を失ったヘビースモーカー

煙草の問題

どんなに禁煙を約束しても、子供の喘息がひどくなってもタバコを止めることができなかった元旦那

結婚生活の間、ヘビースモーカーだった旦那と出かけると、かなりの確率で私は喘息の発作が始まって病院で点滴を受ける生活でした。

一緒の車に乗るときには必ず吸入薬を携帯していないとダメでした。

息子は息苦しさに、急用がないかぎりは父親が運転する車には乗ろうとしませんでした。

毎年、季節の変わり目に喘息の症状がでだすと、ヘビースモーカーだった元旦那との禁煙の約束を思い出します。

結婚生活22年間、タバコの煙で消えたしまった大切なお金

山ほどの一万円札

結婚するときの約束は、禁煙することでした。

喘息の発作が数年間出ていなかったとはいえ、気管支が弱い私にとってタバコの煙は体調を悪くする原因の一つです。

結婚して1年間は、タバコを吸うのを必死に我慢していました。

でも、いつの間にかタバコの本数は増え、一日2~3箱は軽く吸う以前の生活に戻ってしまったのです。

22年間の結婚生活の間、平均すると一日2箱半の煙草を吸っていた元旦那

どれだけお金を煙に変えていたのか、吸っていた煙草の銘柄の値段の推移を調べ計算してみたら、なんと約480万円をタバコのために使っていたのです。

私が一日何箱吸っているのか問い詰めて白状したのが2~3箱でしたから、実際はもっと吸っていた可能性もあります。

タバコを吸ったつもり貯金をすれば子供と思い出を作れたのに

息子が産まれたとき「タバコを止めてもお小遣いは減らさないから、吸ったつもりで貯金をしてみたら」

「将来、子供にお金が必要になった時に、お父さんはお前のためにタバコを止めて、貯金してたんだ!」

そう言って、子どもに渡せるお金を作ろうと提案したことがありました。

でも、子供の将来設計のために貯金をするのは主婦である私の仕事であり、自分の楽しみを減らすのは嫌だということで、拒否されてしまったのです。

喘息に苦しむ子供の前で、タバコをやめるとお父さんは死んじゃうぞと話す父親

ぼーとした表情の子供

ヘビースモーカーと暮らして数年たつ頃、私は再び喘息の発作に何度も悩むようになります。

そして、2歳になった息子が旦那の実家に泊った晩、古い布団のダニが原因で小児喘息を発症

妻と息子が同時に喘息の発作で病院に通うのですから、主治医は旦那に対し「家族のために禁煙をされたらどうですか」と何度か忠告をしてくれたのです。

でも、旦那にとってタバコを吸うことはストレス解消のためには大切なアイテム

禁煙をするとストレスで死んでしまうとまで言いだすのです。

3歳の息子が喘息の発作で点滴を受けている最中も、病院の外でタバコを吸うのを止めません

2~3本まとめて吸ってくる彼の口と体からは、タバコの臭いがぷんぷん

そんな状態で息子に顔を近づけながら「大丈夫か?」と声をかけるものですから

「お父さんが近づくと息が出来ない・・・」

「タバコやめないと、ぼく、死んじゃうよ・・・

ぜーぜーさせながら必死にお願いをしても

「お父さんはタバコを止めると死んじゃうんだぞ」

「お父さんが死んだら悲しいだら」

と、ニコニコしながら息子に話しかけます。

週に何度も息子の発作で病院に駆け込むたびに、このやり取りが繰り返し。

院長先生に「子供が点滴を受けている最中ぐらい、タバコは我慢してください」と言われますが彼は煙草を吸うのを止めません。

とうとう、注意をされるのが嫌になったのか、半年後には救急で息子を病院に連れていくこともしなくなってしまったのです。

禁煙をちらつかせながら約束を守らない大人

息子の小児ぜんそくの発作は、体力がつきだした中学生になる頃にすっかり治りホッとしたころ、今度は旦那が毎日咳き込むようになりました。

朝から晩まで、ずっと咳が止まらない状態でも煙草を吸い続ける旦那

これは、タバコを辞めさせる絶好の機会だと思い、嫌がる旦那を説得し検査を予約

しかし、検査結果は現段階では問題はないとでてしまい、旦那は禁煙しなくてもいいんだ~と大喜び

でも、検査をした医師からの説明では、今のまま吸い続ければ肺に問題が出る確率はかなり高い。

できることなら、禁煙したほうがいいよと医師からは忠告をされていたのを私に隠していただけでした。

このことが発覚したのは、私が喘息とバセドウ病の治療でおなじ医師に診察を受けたときです。

担当医師から「旦那さんに禁煙したほうがいいよって説明したけど、禁煙始めた?」と聞かれ、本当はできるだけ早く煙草をやめないといけないとわかったのです。

旦那が病気になってしまっては家族は困ってしまいます。

そこで何度も禁煙をお願いするのですが、そのたびに交換条件がでます。

「タバコをやめる代わりに、欲しかった○○を買ってくれ」と。

ご褒美作戦で禁煙してくれるのならと、こちらが条件をOKすると

「欲しいものを先に買ってくれないと、禁煙する気になれないな~」と言い出します。

どうにかしてタバコを止めさせたいた私は、旦那の欲しかったものを先に買ってあげます。

すると半月程は妻や子供の目が気になるのか、必死にタバコの本数を減らすのですが、結局は禁煙どころか、一日一箱まで減らすこともできません。

禁煙グッズを生活費から購入し、欲しがるものを買ってあげる。

それが22年間の間何度かありました。

約束を守れない男に使った無駄なお金はまだまだあります。

一日最低2箱吸う夫は、病気になっても禁煙しない

息子が高校生になったころ、旦那は関節リウマチと診断されてしまいました。

まずは禁煙することがリウマチの治療には必要な事なのに、医師から禁煙しろと言われなかったからといって、煙草の本数を減らすこともしません。

結果、痛みやこわばりが酷くなりだし、生物学的製剤での治療をすることになりました。

この治療が始まると、毎月医療費に最低3万円はかかります。

ネットでしらべ、喫煙したままで治療の効果が上がらない事を説明しても禁煙をしません。

そのせいなのかはわかりませんが、毎月3万円以上も出して受けた治療も効果がなく、さらに値段の高い生物学的製剤での治療を始めることになりました。

これが毎月5万円以上かかるのです。

大好きなタバコにお金を使い、健康を害し、家族に嫌われた男

寄り添う親子の影

タバコを吸いつづけ、リウマチを悪化させ、医療費を払い続ける。

禁煙宣言させるたびに、ご褒美の前払いを要求する。

結婚生活22年間の間に吸い続けたタバコのお金と、医療費・ご褒美のお金を足すといったいいくらになるんでしょうか。

これ以上細かく計算すると、頭が痛くなりそうです。

子供だって禁煙したら家計が助かるのはわかります。

息子は幼稚園児の頃から数字を追いかけるのが好きな子でした。

小学生の低学年の頃には、毎月父親が煙にかえてしまうお金が、毎年幾らになるか計算してわかっていたのです。

そのお金があれば、もっと家族で旅行にいったり、美味しいものを食べたりできること

煙になってしまうお金は、もっと大切なことに使えることをわかっていました。

わからなかったのは、間違いなく旦那だけでした。

どんなに子供に無駄遣いをするなといっても、父親の言葉は子供に響くわけはありません。

お金がもっとほしいな~と子供の前でつぶやいても、冷たい目で父親を見るだけです。

誰からも「臭い」と言われない生活は楽しいですか?

旦那と離婚後、私の喘息の発作は季節の変わり目だけに出て終わるようになりました。

アレルギー症状に悩んでいた犬も、タバコを吸う人と離れたら皮膚炎がウソのように治っていきました。

タバコを吸うことでストレスを解消していた彼にとっては、タバコはどうしても手放せないものだったかもしれません。

私たちが家を出てからは、誰もタバコを吸うことをうるさく言う人はいなくなったのですから、今は好きなだけ吸える環境で生活しているはずです。

もしかしたら、タバコを吸うあなたの姿が好きなの。

そういってくれる優しい女性と幸せに暮らしているかもしれません。

彼が健康的な生活に目覚め、禁煙を成功させようが

タバコを吸い続け、咳やリウマチに苦しもうが

妻でなくなった私には、もうなにも関係のない事ですから。

スポンサードリンク