ひとりぼっちもいいものよ
50代、女性の悩みに向き合って生きてます
更年期の悩み

更年期の生理周期は短い?長い?50代は月経の変化が心配になります

化粧をする女性

規則正しく28日周期できていた生理周期が乱れ始め、スマホに入力してあったアプリが毎月の予定日を知らせてくれるものも、なんの役にも立たなくなってきました。

生理は不規則になったものの、生理前独特な下腹のしくしくした痛みがあるおかげで、あ~また生理が来るんだな~とわかるのです。

しかし、ひたひたと閉経に向かっている体は、下腹の痛みがあっても数年前みたいにすぐにはやってきません。

今回は下腹のどんよりした痛みが出てから、2週間後に始まった生理。

なんとなくスッキリしない更年期です。

閉経に向かって生理周期はどんどん変化していく

微笑む女性

閉経が来るまでの生理の周期や、長さ、量は女性なら誰でも気になるものではないでしょうか?

私は毎月28日周期が今年に入って35~40日になりました。

月経の量は多かったり少なかったり

終わるまでの日数は短いと2日、長い時は2週間

ひどい時には一か月近く少量の出血が続いて困ったこともありました。

反対に3か月以上生理が来る気配もないのに、いきなり生理がはじまり夜用のナプキンが2時間でダメになったこともあります。

不安定な生理周期と量から解放されるためのは閉経を待つしかないのですが、なかなか閉経していかない自分の体にイライラすることもあります。

世間一般的には閉経まで生理はどう変化していくのでしょうか?

たとえ生理が始まっていなくても、突然何が起こるかわからないのが更年期の体です。

生理中でもないのに、出かけるときには必ずカバンの中に生理用ナプキンを2個準備しないといけません。

では、世間一般的にはどのくらい生理周期が変化してくるのでしょうか?

40代前後になると生理周期は短くなる

30代半ばを過ぎるころから卵巣の機能が低下しだし、40代になるころには生理周期が段々と短くなってくるそうです。

女性の体調がこの頃から変化をし始めますので、女性ホルモンを補う効果があるイソフラボンを含む食品やサプリメントを意識して摂取するといいですね。

40代半ばすぎると生理周期は長くなってくる

そして40代半ばを過ぎるころから生理周期が長くなりだします。

このころには月経があっても卵胞数が激減しているため無排卵の事も多くなるそうです。

そして、生理周期が長くなった月経も数ヶ月に一度と間隔があきだし、一年以上月経がこなければ閉経となるのです。

月経の経血の量は減るの?増えるの?他に変化したことありますか?

40代前半までは生理2日目の夜は夜用の生理用品を使っていても、布団を汚してしまわないかと心配したものですが、年齢を重ねていくうちに、そんな心配はなくなりました。

大抵の女性は更年期になると経血量が減ったと感じるものです。

これは女性ホルモンが減少しだしていることによるのですが、中には以前よりも経血量が増えて困っている方も見えます。

経血の色の変化も現れてきます

若いころより色が茶色っぽい、黒っぽいと感じるのものです。

この頃の生理の変化は更年期の影響だけではなく、子宮の病気などが隠れている可能性もあります。

更年期なのかどうか判断がつかなかったり、どう考えても更年期とは違うと思ったのなら、婦人科できちんと診察を受けたほうがいいですね。

生理の周期や量は様々、できたら少なく早く終わってほしいものです。

最期の生理から一年過ぎて、旅行先で生理が始まった女性。

婦人科系の病気ではなかったのに、数ヶ月ダラダラと出血が続き、閉経まで貧血に悩んだ女性

経血量が段々と減って、最後は少ない日用の生理用品も、一日一枚しかいらなくって閉経された女性

10人いれば10人、閉経までの道のりは違うようで、できる事なら、知らないうちにスッパリと終わりを迎えたいものです。

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018