シミが濃くなる生理前・生理中!更年期からの真剣シミ対策!

肌トラブル

生理前や生理中、「顔のシミがなんだか濃くなった気がする」とか「いつの間にシミができたの?」って、慌てたことありませんか?

私、40代後半から生理前になるとじわじわと「シミ」が濃くなり、生理が終わるころになると徐々に薄くなるを繰り返してきました。

いつのまにか、そのシミが濃く残ったままになってしまったものもあります。

あなたは、私と同じように生理の前にシミ濃くなっていませんか?

更年期のお肌、なんの対策もせず放置してしまうと、顔に悩みを増やしてしまうことになりそうですよ。

女性の肌は2つのホルモンに影響される

悩む女性

生理前、多くの女性は肌の微妙な変化から「もうすぐ生理が始まるかな?」と気が付くと思います。

  • ニキビや吹き出物がでる
  • 乾燥肌になる
  • 敏感肌になる
  • 肌がくすんで見える
  • シミが濃くなった気がする

これらはすべて女性ホルモンの影響で起きる肌トラブルです。

別名「美人ホルモン」のエストロゲン

エストロゲンが多く分泌される生理後から排卵前は、肌にツヤやハリがでて潤いのある肌になります。

別名「おブスホルモン」のプロゲステロン

プロゲステロンが多く分泌される排卵後から生理前は、ニキビができやすくなったり、乾燥しやすいなど肌のトラブルが出やすい時期になります。

どちらも女性の体を支えてくれる大切なホルモンですが、生理周期による肌の変化によってこんな別名がついてしまっています。

メラニンの生成が活発になる生理前はシミがでやすい

生理前・生理中はプロゲステロンが優勢の時期です。

このときにシミが濃くなった気がするのも「プロゲステロン」が大きく関係しています。

じつは、プロゲステロンにはメラニンを生成する細胞である「メラノサイト」を活性化させる働きがあるんですね。

そのため、生理前~生理中はメラニンの生成が活発になり、今までなかった場所に「シミ」を見つけてしまったり、薄くなってきたシミが濃くなって見えたりするのです。

更年期、ホルモンバランスの崩れで浮き出てくるシミは肝斑かも?

生理前~生理中、顔にひょっこり現れるシミは、もしかしたら一般的なシミではなく肝斑の可能性もあります

あなたのシミは、こんな原因や形ではありませんか?

  • 30代~40代になってシミが気になりだした
  • 左右対称に出来るのが特徴
  • ハッキリした形ではなく、もやっと”ぼやけた形”
  • 季節によってシミの濃さが変わる
  • ピルを服用している、妊娠している

女性ホルモンのバランスが崩れたときにできることが多い肝斑も、プロゲステロンが優勢になる時には、元からある肝斑が濃くなったり発症しやすくなるそうです。

更年期、生理のたびにシミを濃くしないための私が実践した5つの対策

50代の毛穴

50代前半”すっぴん”の私の肌

女性ホルモンののバランスがが大きく変動する更年期

生理前になると見覚えのなかった場所にぽつぽつと濃いシミがでては、生理が終わるとシミが薄くなるを数回繰り返しました。

濃くなったり薄くなったりを繰り返していたシミの中には、生理が終わっても消えないくなったものありました。

そんな私が、これ以上シミを増やさないために試してみた方法は次の5つです!

1・スキンケアは保湿重視・美白タイプを使う

肌が乾燥しやすい更年期は、たとえ真夏でもスキンケアは保湿を重視します。

乾燥肌はとても敏感で、ちょっとした刺激にも反応しやすくなってしまい、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

基本的には美白&保湿どちらも満足できるものをスキンケアに選んでお手入れに使います。

ただし、花粉症の季節など肌がデリケートになりやすい時期には、保湿重視のタイプに切り替えて肌を守ります。

シミウスで肌がキレイに!50代、3か月後の使用感をレビューします

2016.08.27

高保湿クリーム・ロべクチンで乾燥肌のかゆみ対策!潤い肌をとりもどせ

2016.04.05

2・シミ対策のサプリも飲んでみる!

ロスミンローヤル

シミウスでのお手入れで、シミは徐々に気にならなくなってきました。

ただ、更年期の敏感になっている肌は、季節によっては同じスキンケアを使い続けることができないんですよね・・・

そこで、シミ対策としてL-システイン配合の第3類医薬品、ロスミンローヤルを飲むことにしました。

数か月の服用でシミに効果があったのか?

真夏の紫外線をたっぷり浴びる季節の後もシミが濃くなったり増えたりしていません。

ロスミンローヤルでシミ・肝斑は消えた?6ヵ月飲み続けた口コミ体験談

2017.10.26

3・徹底的なUV対策

紫外線を浴びることで肝斑もシミも濃くなってしまいます。

日焼け止めクリームを塗ったら紫外線対策はOKという甘い考えは捨てました!

外出時は帽子をかぶる!または、日傘を忘れずに持っていく!をことにしました。

ただし、今までの癖で「うっかり」帽子も日傘も忘れて出かけてしまうこともあるため、日焼け止めクリームはSPF50のものに変えました。

もちろん、肌を乾燥させないための保湿もバッチリの日焼け止めクリームです

感動!ポーラB.Aプロテクターの保湿力!SPF50なのにしっとり肌へ

2017.06.13

4・新しい化粧品は試さない

ありがたいことに、このブログを運営しているおかげで沢山のスキンケアをお試しさせていただいております。

ただし、生理前~生理中の肌の状態が不安定な時には絶対に新しいものにチャレンジはしません。

肌が敏感になっているときに新しいものを試すと、肌荒れや、肌乾燥が酷くなってしまう恐れがあります。

結果、シミを濃くしてしまう可能性が高いため、新しいものをお試しする時には、この期間は必ず避けます。

5・夜更かしは絶対にしない!

生理前になると、頭がさえて眠れないことが多くなってきます。

睡眠不足は肌の調子を崩す原因になるため、頭がさえて眠れないからと夜更かしするのは止めました。

ロスミンローヤルを飲み始めて、PMSの症状が軽くなり生理前の不眠症もなくなりました。

50代だからこそ諦めないシミ対策!

50代の私のこの努力は「おばさんなのに、なに頑張っちゃってるんだろ」なんて冷ややかな目で見られるかもしれませんね。

でも、結婚して家事や育児に追われ、離婚して生活のバタバタが落ち着いた今だからこそ、やっと自分の肌を大事にしてあげようと頑張れるんです。

60、70代になって、鏡に映る自分の顔に「うんざり」しちゃわないように、おなじ年代の皆さん、お互いお手入れ頑張りましょうね。

スポンサードリンク

ほくろが増えた!消えた!加齢が原因なのか50代の私の顔は騒々しい

2016.09.10

生理前の肌荒れ!更年期は乾燥と痒みで肌のヒリヒリが止まらない

2017.06.06
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017