借金返済をつぶやいてみる

借金を家族に言えない・ばれたくない時に注意しておきたい3つのこと

リボ払いキャッシング

誰かに相談したくても、借金問題って友達や家族に気軽に相談できるものではありません。

たとえ、生活費や急な医療費の支払いのためにできてしまった借金でも、「自分でどうにかしなくては・・・」と抱え込んでしまうものです。

私も最初の借金問題は、夫や実家の母にも相談できずバレないかとヒヤヒヤしながら返済をしていました

借金がバレないためには次の2つしかありません

  • 返済を遅らせない(督促状や電話でバレる可能性があるため)
  • 弁護士や司法書士に任整理を依頼する

ただし、この2つの方法でも借金が家族にばれるのはゼロではありませんので、最低でも次のことに注意をしてください。

クレジットカードの明細書はWEB明細に変更しておく

あなた名義のクレジットカードでも、郵送で明細書が届くと”うっかり”夫や同居家族が開封してみてしまう可能性があります。

クレジット会社の請求明細書には、ご利用内容だけはなく、キャッシング・リボ払いの元金、利息など細かく記載されているため、開封されてしまったバレることは確実です。

支払いなどの連絡先は携帯電話にしておく

また、最近では連絡先に携帯電話を登録している方も多いのであまり心配はないでしょうが、若いころからずっと持っているカードの場合、自宅の固定電話が連絡先になっている方もいらっしゃるかと思います。

支払いなどの遅れがあった、数円足りずに引き落としができなかった場合、ほぼ電話連絡がきますので、必ずご自分の携帯電話を連絡先にしておきましょう。

ATMの明細書を財布にいれたままにしない

通帳に入金や返済履歴を残したくないと、ATMから借り入れ返済をされる方もいますが、うっかりATMの明細書を財布にいれたままにしていませんか?

ATMの明細書には「ご融資」「ご返済」「借入残高」などが詳しく記載されています。

財布の中にうっかりと入れたままにしておくと、財布からお金をだしたときなどに見つかってしまう可能性が高くなります。

また、ATM明細書を丸めてポイっとゴミ箱に入れて「これで見つからない」とほっとしてはいけません。

ゴミ箱に丸めて捨てられていた小さな明細書から、夫の借金を見つけた方もいます

男性の場合、女性よりほど感がよくはないので丸められた明細書をわざわざゴミ箱から拾い出して内容をチェックすることはないと思いますが、なかには勘のいい男性もいます。

ATMの明細書を捨てるときには、必ずシュレッダーにかけるなどしてください。

ATMの明細書からは「誰が」借りて返済したかはわかりません。

ですが、ごみの日”うっかり”と裁断もせず出してしまうと、ご近所の誰かがゴミを探ったことで借金がバレてしまうかもしれません。

できるだけ細かくハサミで切る、シュレッダーにかけるなど十分注意をしてゴミに出してください。

弁護士や司法書士からの書類の送付には注意

借金問題を弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、債権者に対して受任通知が送付されます。

受任通知が発送されると返済が一時的に止まり、債権者と直接のやり取りもなくなるので、家族にばれる心配がなくなりますよ

といっても、ちょっとしたうっかりで任意整理がばれてしまうこともあるので、弁護士や司法書士に依頼するときには、つぎのことをしっかりと確認しておいてくださいね

  • 郵便用の封筒には事務所名が記載されていないものをお願いする
  • 連絡は基本メールで
  • 自宅で受け取るのが不安な時には「郵便局留め」で送ってもらう

ほとんどの事務所では、任意整理を依頼すると「家族には借金問題を相談したか」「家族にばれずに解決したいのか」をしっかりと聞いてくれます。

また、郵便物については事務所名が記載されたいないものを使用するなど、依頼者が困らないようにしっかりと配慮をしていただけますので、家族にばれる心配はほぼありません。

ただし、任意整理を依頼したタイミングによっては、クレジット会社などの債権者から請求書などが届いてしまうこともあります。

もしも届いた場合には、任意整理をお願いした弁護士・司法書士に連絡をしておきましょう。

借金が家族にバレないためにしておくこと・まとめ

はい、以上が家族に借金がバレないようにするためにやっておきたいことですが、これだけ注意をしてもバレる可能性はあります!

夫に内緒で借金をした女性にアンケートを取った結果、8割ほどの女性が夫に内緒の借金がバレたと回答をしています。

参考サイト:https://step-saimu.jp/housewife-debt-questionnaire/

借金をどうにか隠していても、ストレスはかなりのもの・・・精神的にかなりきつくなります

借りては返す多重債務になってしまっているなら、家族に相談してみる

それが難しいなら、弁護士や司法書士に相談をして、できるだけ早く借金問題とはサヨナラをできるようにしてくださいね。

 

-借金返済をつぶやいてみる