ひとりぼっちもいいものよ
50代、女性の悩みに向き合って生きてます
白髪の悩み

白髪を染めないという選択。素敵なグレイヘアを目指すためにしたいこと

中年女性

現在50代半ば、過去に白髪染めの経験なし!

昨年の暮れごろから髪の内側に白髪が急に増えだし、白髪がかなり目立つようになりました。

そんな私の髪をを見るたびに、かなりの確率で聞かれるのが「白髪染めないの?」

最近では白髪を染めないと生き方も、だんだんと広がりつつありますが、世間一般的には白髪を染めないことに厳しいままです。

汚いとか、老けて見えるといった。あまり印象の良くない女性の白い髪

どうしたら「素敵な髪ですね」と言ってもらえるのか、ちょっと調べてみました。

白髪を染めない女性は、どう見られているの?

男性の白髪に対しては、「かっこいい」とかいう女性でも、なぜか同性の白髪には厳しい意見が多いんですよ。

ネットの中でザっと意見を拾ってみると

  • 汚く見える
  • 老けて見える
  • ずぼらに見える
  • 女を捨てたのかと思う

こんな意見が圧倒的に多く、白髪を染めない女性に対して”あまりいい印象”を持っていないようなんです。

白髪を染めない理由・止める理由

若い女性
同性からかなり冷たい目で見られているグレーヘアの女性

どうして髪を染めないことを選んだんでしょうか?

現在、白髪を染めていない女性

  • 地肌が弱くて髪が染められない
  • 身近にいる人(母親・祖母)が染めていないから、染めないのが普通と思っていた
  • 白髪染めの成分に抵抗を感じる
  • グレーヘアの素敵な女性を知っているから

将来、白髪染めをやめようと考えている女性

では、将来的にはグレーヘアにすると考えている方は、どのタイミングで白髪染めをストップしようと考えているのでしょうか?

  • 髪が薄くなってきたら
  • 子供が大きくなって、学校行事に出る必要がなくなったら
  • 自力で髪を染めることができなくなったら
  • 70才以上になったら
  • 髪全部が白髪になったら

白髪を染めない・将来的には止めたいと考えている方の理由は本当に様々ですね。

白髪を染めないと老けて見えるらしい

どこかでチラッと読んだことがあるのですが、白髪をそのままにしていると、実年齢よりも10歳老けて見られるとか・・・

たしかに白髪を染めないと、年齢より上に見られるかもしれませんが、さすがに10歳も老けては見えないはずです。

白髪を染めたくても染められない女性にとって「老けて見られる」のは、かなりつらいことだと思います。

でも、私のように染めないことを選択した女性は、老けて見られることを気にしているのでしょうか?

きっと、人にどう思われようが、自分の体に起きる”老い”という変化を、受け入れながら楽しもうとしている気がするのです。

あわせて読みたい
白髪の素敵な女性
白髪のかっこいい女性。ごま塩頭でも姿勢がいいと若く見えるものです50歳過ぎた女性が集まれば必ず話題になるのは、旦那さんと子供の結婚や就職に親の介護、そして増えた白髪をどう染めているのか。 私は4...

素敵なグレイヘアになるための3つの対策!

中年女性

白髪がどんどん増えても、そのままでいようと決心した私ですが、「白髪を染めない=だらしない女性」とだけは、やはり見られたくはありません。

お手本とするのは、この本の中の女性です!

皆さん、とっても素敵なグレイヘアばかりで、ため息が出てしまうほどです。

こうなりたい!という理想のグレイヘアになるために必要なことを、まとめてみました。

1・髪の手入れはしっかりする

ツヤ・コシがなくなり、加齢とともに細くなっていく髪

白髪は黒髪よりも水分量が少なく、白髪が増えてくる髪のパサつきが気になってきます。

最近ではノンシリコンタイプのものが人気がありますが、ハリや艶がなくなってきた白髪のには、シリコン剤配合のトリートメントやコンディショナーで補ってあげることができます。

ノンシリコンタイプを使って髪がパサついている時には、シャンプーやトリートメントを変えてみてください。

抜け毛対策として、リンスやコンディショナーは、地肌につかないように使用してください。

あわせて読みたい
ナンバーロッカン
ナンバーロッカンを口コミ!美容液シャンプーの実力を確かめてみましたうねる・パサつくなど、髪の悩みが増える50代 白髪染めでダメージを受けるだけではなく、白髪を染めなくても黒髪よりも水分量が少ない白...

2・肌のお手入れにも手は抜かない

髪色が濃い時よりも、髪が白くなると「疲れて見える」のは、肌のくすみが原因!

髪色が薄くなればなるほど、艶や透明感がないと不潔に見えるようです。

肌のくすみをなくし、艶のある肌は、素敵なグレーヘアの女性には必要なことです。

白髪染めにかけてきた予算と時間を、ぜひスキンケアに投資してみてください。

3・信頼できる美容師を見つけること

これは、今の私が一番早く解決しないといけないことです。

白髪染めをしてくれる女性は、美容師さんにとってはとってもいいお客様なんでしょうか?

とにかく髪を染めるのをススメてくる美容師さんが多い!!

このまま、白髪が増えるのを楽しみたいので、髪形の相談をしようと思っても「染めたほうが若く見えますよ」となるんです。

どうも、この数年、美容師との相性が悪いようで困っています。

あわせて読みたい
美容室でシャンプー
女性のシャンプーの頻度はどれくらい?美容師の言葉に自信をなくした一日世間一般的に50代女性はどのくらいの頻度で髪を洗っているのでしょうか? 私は花粉がバンバンに飛ぶ季節やだらだらに汗をかく季節は、ほ...

今まで白髪を染めていた方の場合、グレーヘアになるまでの移行期は大変ですので、ぜひ信頼できる美容師さんを探してください。

まとめ

まばらな白髪から、ゴマ塩白髪になってきた私の髪

キラキラ浮いてくる白髪を染めるよりも、白髪になっていく過程を楽しもうと決めたらワクワクすることが増えました。

今までは、ちょっと近所の外出なら、リップクリームだけで出かけていたのが、ちゃんと口紅を塗って出かけるようになりました。

白髪を染めないことを「手抜き・ずぼら」という人もいます。

でも、私は白髪が増えてきたことで、できるだけ手を抜かずに綺麗でいようと考えるようになりました。

人生の後半、どれだけ自分が変われるのか楽しみです♪

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018