更年期障害が原因ですか?運転中のめまいは早めの対処が必要ですね

更年期のめまい

あなたは50代になって車の運転が怖いと感じたことありませんか?

数年前から車の運転中にふわふわとした「めまい」に悩まされるようになり、一時期はハンドルを握るのを止めたことがあります。

車の距離感がつかめない上に、めまいが始まるとブレーキを踏む足に力が入らなくなり冷や汗が出たことも何度もあります。

最初は「疲れかな?」と軽く考えていましたが、何度も繰り返すフワフワしためまいに、片道30分の車での通勤も止めてしまいました。

車の運転をしなくなったものの、体への負担はなくなってもフワフワしためまいは続きます。

私の行動範囲を狭めてしまったこの症状

今ではかなり軽減されましたが一歩間違えば大きな事故になったかもしれません。

では、どうしたらめまいの症状を緩和させることができるのでしょうか?

更年期障害の辛いめまいがサプリメントを飲んで改善された?

ストレスが原因であれば、自宅で仕事をすれば少しは改善されるはずです。

でも、在宅での仕事に変えても症状は続きます。

パソコンの画面を見つめていると、自分の体がどこかに行ってしまったような感じがします。

内科での定期検診でも異常はどこにもありませんでした。

そんな悩みが、更年期の乾燥肌の症状緩和に飲みだしたプラセンタのサプリメントでゆっくりと軽くなっていきました。

車の運転が怖くなってしまった私の「めまい」は、どうも更年期障害が原因だったようです。

40~50代、車の運転が怖くなったら注意が必要です

どうしていいかわからず叫ぶ女性

更年期障害の症状の一つだった「ふわふわとしためまい」

なんとなく足元がふわ~とする程度の眩暈の人もいるようですが、私のように足に力が入らなくなり、車の運転中に流れる景色で気分が悪くなってしまう人もいます。

ふわふわとしためまいは、

・夜の運転で対向車のライトの光がまぶしく感じた瞬間

・日中、雲一つない快晴の日。

私はこの2パターンで一番ひどく症状があらわれました。

ふわふわとしためまいが始まると前を走る車との距離感がつかめなくて、慌ててブレーキを踏んだこともあります。

路上駐車していた車の横を走り抜けるときに、ハンドルを切ったつもりが路駐の車に接触し、サイドミラーをぶつけたこともあります。

大きな事故にはなりませんでしたが、だんだんと怖くなる車の運転

体調が少しでも変だと感じたときにはハンドルを握らないようにしたのです。

突発的に始まる気持ちの悪い「めまい」に不安が大きくなる

更年期にめまいに悩む女性は多いようです。

この眩暈には2つのタイプがあります。

tnmフワフワとした感じがするのは「浮動性のめまい」

tnm急に視界がグルグルと回転した感じになる「回転性めまい」

更年期のめまいの症状の多くは突発的に起こるため、症状がひどい女性では外出するのも怖くなってしまうのです。

めまいが起きると自分の体が変な感じになるため、時には気持ち悪くなってしまい動けなくなります。

また、長い時間めまいが続くと頭痛も始まるため、車の運転どころか日常生活に支障が出てしまう場合もあるのです。

めまいが始まったら事故が起きる前に休憩するしか方法がない

車の運転をしないのが一番いいのですが、日常生活や仕事の問題でなかなか難しい女性も多いでしょう。

でも、めまいが起きた時には、症状をすぐ止める方法はありません。

今していることを止め、横になって安静にするしか方法がないのです。

事故を起こして後悔しなくてすむように、車の運転をしているのなら車を止めて休憩したほうがいいのです。

頻繁にめまいが起きるのなら車の運転は止めてしまったほうがいいんです。

もしも、車の運転中にブレーキをしっかりと踏めなかったら・・・

もしも、車の運転中にハンドルを持つ手に力が入らなくなったら・・・

考えるだけでゾッとしてしまいませんか?

めまいが長く続くときには生活全体を見直すことが危険を避けるためには必要なことです。

更年期障害のめまいを3つの成分で対策してみる!

サプリメント

婦人科でホルモン補充療法をすることが一番良いようですので、あまりにも更年期障害の症状がひどい時には医師にしっかり相談してください。

もしも、あなたがホルモン補充療法の副作用に不安がある場合は、まずはサプリメントを試し、それでも改善されないときには医師の診察を必ず受けましょう。

また、毎日の食事で更年期のホルモンバランスの乱れに効果のある成分を摂取することも大切ですので、無理なダイエットいけません。

1・イソフラボンでホルモンバランスを整える

イソフラボンは更年期に入ると乱れ始めるホルモンバランスを整えるために、効果があるのはよく知られています。

ただし、イソフラボンを一生懸命に摂取しても、体の中で必要な栄養素に変えられないタイプの日本人女性は多いんです。

自分がどのタイプか知るための簡単な検査キットも販売されています。

あなたがイソフラボンを一生懸命に摂取しても効果がないタイプとわかったら「エクオール」のサプリメントでホルモンバランスを整えてみてください。

更年期障害に大豆イソフラボンの効果ないならエクオール試してみて!

2015.05.13

2・ビタミンB群でめまいを予防する

ビタミンB1・ビタミンB12などのビタミンB群には、脳の働きや神経を正常に保つ働きがあり、めまいを予防するのに効果があります。

3・プラセンタでホルモンバランスを整えめまいを軽減させる

優駿プラセンタのカプセル

プラセンタは更年期障害の専門医でも症状の緩和対策に注射やサプリメントで使われています。

美肌効果があるプラセンタには、女性ホルモンのバランスや自律神経を整えてくれる働きがあります。

また、ビタミンB群も豊富に含まれているので、更年期のめまいへの効果も期待できるのです。

私が飲んでみたのはこちら>>>優駿プラセンタ

40代から女性の体は難しくなります

40代半ばを過ぎると、あちこち体に不調が出てくるものです。

どんな症状も更年期と思い込む女性

まだまだ更年期じゃない信じこみ病院を変わり続ける女性

なかなか複雑に絡んで症状として現れる事も多いのです。

私のように更年期障害の悩みにサプリメントを摂取し、辛い更年期の症状を乗り越えられることもあります。

でも、なにをしても心と体のバランスが崩れてしまう女性もいます。

更年期障害の様々な症状はストレスが引き金になっている場合も多いのです。

また、めまいの後ろに他の病気が隠れていることもあります。

あなたの体調不良、サプリメントを飲んでも症状の改善が見られない場合は早めに医師に相談しましょう。

馬プラセンタサプリで更年期障害は楽になりますか?口コミ体験談

2016.04.19

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015