50代女性、普段着どうしてる?おしゃれになれないオバサンの悩み

服

自宅で仕事をしている関係上、ほぼ普段着で過ごしている私

毎日着るものは、とにかく「体が楽」なのと「お値段が手ごろ」な服が一番です。

人に見られても「とりあえず変な恰好じゃなければいいや!」そんな考えだけで着ていた服たちが、最近なんだか私の顔にはしっくりこなくなってきました。

そこで断捨離もかねて似合わなくなってしまった服や、いつかは着るかもしれないととっておいた服をすべて処分

するとどうでしょう!!

残った服は同じような色柄&デザインのものばかりになってしまいました。

おしゃれすることを忘れたわけではありません。

でも若い子のように流行を追いかけるほどファッションに意欲的でもありません。

こんな50代、いったい何を着たら「そこそこオシャレ」なおばさんに見えるようになるんでしょうかね?

普段着を制服化しちゃったら楽ですよね

タンスの中の服

持っていた服の半分以上捨てたら、クローゼットの中に残った服の色は、白・紺・グレーばかり

サーモンピンクのパーカーと、赤のコットンのワンピが各一枚だけは、どうにか女であることを無理やり忘れない程度に残りました。

真夏用のTシャツは柄物がある程度は残してあるものの、きっとこのこたちも夏物を引っ張り出すときにはサヨナラしそうな感じです。

ものすごくシンプルになってしまった私のクローゼットの中

なにをどう組み合わせてきても、今の私に超しっくりときます。

そしてなによりも、何を着ようか迷わないんですよ。

数日前まで、今よりもどっさりと服があったのに、なにを着ても似合わなくってイラッ!

枚数を絞ってみたら着るものに迷わない

なんだかおかしな感じですが、これって学生時代、朝起きたら当たり前のように学生服を着て学校に行くのとよく似ています。

ミニマリストの方々が、着るものを「制服化」しちゃうと楽になった!なんてサイトをよく見ますが、やってみると本当に楽ちんなんです。

おばさんだけど、おばさんになりすぎない普段着ってどんな服

クローゼット

白・紺・グレーの無地モノやボーダー、チェックはギンガムだけに絞った私のクローゼットは華やかさや色気などまったくありません。

20代の娘からすると、変に柄物や色物を着られるより、お母さんらしさがあっていいんじゃないのって言ってはくれますが、世間的にはどうなんでしょうかね?

イオンやご近所のスーパーで販売されている私ぐらいの年齢をターゲットにした服を見れば、明るい花柄やレース使いの服がたくさん販売されています。

年相応・・・なファッションにしたほうがいいのかと、手に取ってはみても「着たい!!」って気分にはなりません。

「これぐらいなら・・・OKかな???」って気分にもなりません。

ちょっと若いデザインの服を購入される女性もいますが、私の顔や体形には全く似合いません。

そもそも50代ってなにを着ればいいんでしょうか?

ファッション誌にのっているのは、あまりにも普段着からかけはなれています。

このくらいならちょっと真似したいと思える服は、ご近所のスーパーでは似たようなものを探すのは難しすぎます。

ユニクロや無印は好きで普段着アイテムには欠かせないものですが、50代の私が全身この2ブランドだけうまく着こなせる自信はありません。

▼こんな本も読んでみました。参考にはなりましたが普段着はやっぱり難しい・・・

ちょっとだけオシャレになれる普段着が欲しいだけなんだよ

20代ならジャージやスウェットを着ていても平気で外に出ることができます。

30代~40代ならファストファッションでも素敵に着こなせることができるでしょう。

でも、今の私は流行り物を追いかけるお値打ちなファストファッションを素敵に着こなせる自信はありません。

大型スーパーで販売されている年相応の服装も、ちょっと嫌って思ってしまいます。

家事をこなしながら、ちょっとコンビニまで!ちょっと犬の散歩!って軽いお出かけでも困らない程度のオシャレはしたいんですよ。

ちょっとだけオシャレに見える着こなしが難しくない服が欲しいだけなんですけどね・・・

なかなか難しい50代の私の顔と体

とりあえず、ほとんどなくなってしまった服のローテーションを埋めるためにネットで紺と白のワンピを各一枚

それとロングカーディンを購入し、フルに着まわしています。

しばらくはこの路線で服を選んでいけば、とりあえず「オバサン過ぎない」着こなしを楽しめそうな予感です。

私が購入したのはこちらのお店です>>>ナチュラルセンス

スピングルムーブに一目惚れ!50代、スニーカーで楽しく歩こう!

2017.08.02

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017