子供が切れ痔で痛がる!便秘を解消しないと塗り薬も効かないんですよ

ウィンクする赤ちゃん

乳幼児は痔にならないと思っている方!

赤ちゃんだって痔になるんですよ。

赤ちゃんや子供の痔で小児科や肛門科を受診することは意外と多いものです。

ウンチが何日も出ず、必死になっていきんだ後に「ちょっとだけでる固いうんち」

便秘になりやす子供や赤ちゃんだと、「ちょっとだけ」出た後もなかなかスムーズに出てくれません。

何度も繰り返す便秘と硬いウンチのため、子供は痔になってしまうのです。

便秘を治すためには毎日の排便習慣も大切ですが、痔になってしまった子供は「ウンチ」をすることを怖がるようになります。

痔にならないためには便秘を解消すればいい

でも子供の便秘解消が上手くいかない

そんな時、どうしたらいいか書いてみました。

スポンサードリンク

便秘が原因で痛みがあるから子供がいきめなくなる

ハイハイする赤ちゃん

子供の痔で多いのは「切れ痔」なのですが、切れ痔になる理由は排便時に問題があるからです。

便秘になりやすい子供が、排便時に硬い便がでるため肛門の周りを痛がります。

ウンチがしたいけど痛い

痔なってしまった子供にとって、排便はお腹がスッキリする行動ではなく、痛みを伴う行動になってしまっているため、

ウンチがしたいけど痛いから我慢しちゃおう

になるのです。

大腸に長くとどまってしまった便は水分がどんどん吸収され、ますます硬くなってしまいます。

そうすると排便時に、さらに痛みを伴うことになるため、どんどんとお腹にたまったものを出すことが、嫌になってしまうのです。

酸化マグネシウムでは硬くなった便は柔らかくならない

便秘を治してあげたくって小児科を受診すると、酸化マグネシウムを処方されることもありますが、これは硬くなった便を柔らかくするものではないのです。

あくまでも便の水分を増やして便をやわらかくする飲み薬なのです。

ですから、現在便秘で肛門近くにある、硬い便は硬いままで残ってしまうため、酸化マグネシウムを飲ませても、これを出し切らないと便がスムーズに出てきません。

硬い便をどうにかして出さないといけないことになります。

浣腸ををしたり、自然排便を待つなど、子供の便秘の状態よっても違いますので、親は様子をチェックしながらどうするかを決めないといけません。

子供が切れ痔になったときの塗り薬の使い方

子供の切れ痔にドラッグストアなどで販売されている痔の塗り薬を使いたくなることあります。

切れ痔と聞くと、肛門の周りに軟膏を塗ってあげたくなりますが、商品によってはステロイド含有の軟膏もありますから、小さいお子様に対しては親御さんの判断で使われないほうがいいでしょう。

また、切れ痔の場合、肛門の周りが切れていると思われがちですが切れているのは肛門の中です。

肛門周りに幾らお薬を塗っても効果はありません。

そのため、一般的に頭に思い浮かぶ「オロナイン」は、肛門に指を入れて塗ってあげないと効果がありません。

「注入軟膏」や「座薬」タイプのお薬の方が効果的です。

ただし、子供が痛がったり嫌がったりする可能性が大きいため、滑りをよくするためにオリーブオイルを先端に塗っておくといいですね。

でも、肛門近くに便が硬くなってしまっている場合は、「注入軟膏」や「座薬」のお薬を使用しても、切れている場所にお薬の成分は届きません。

切れ痔のお薬を使いたい時には、まず便秘を治すことが先になるのはこのためなのです。

毎日の食事の工夫で子供の便秘を解消する

便秘の解消方法として、毎日の食生活に気をつけるのが大事と言われています。

●食物繊維の多い食事

●水分を沢山摂る

●乳酸菌の力で腸内を整える

これらの方法を試しても、なかなか便秘が解消されない時には少し工夫が必要です。

イタリアでは子供の便秘解消に食用のエキストラバージンオイルをスプーン一杯与えるそうです。

この方法は日本でも便秘対策として、実践されている方も多くなっています。

実際、我が家でも便秘がちな娘にオリーブオイルたっぷりの食事を食べさせた翌日は、スルッとウンチが出てましたから効果は高いですね。

ただし、普段オリーブオイルを食べなれない子供や、あまりにも幼い乳児の場合は、慣れないオリーブオイルでお腹が緩くなる可能性もあります。

実践される時には、様子をみながら少量から始めてください。

食事の時間に水分を沢山摂る工夫をしてみましょう。

水分を沢山摂るといっても、実は食事と一緒に摂取しない水分は、ほとんどが、おしっこになってしまい、便を柔らかくするためには使われません。

子供に水分といえばカフェインを含まない麦茶が一般的ですが、体を冷やさず、腸内環境を整えるルイボスティーがいいですね。

中でも、非発酵タイプのグリーンルイボスティーは発酵させてあるルイボスティーと比べると癖がありません。

赤ちゃんでも麦茶や湯冷ましが飲めるようになれば、飲ませやすいのでママには嬉しいはずです。

ノンカフェイン&オーガニック100%のルイボスティーは、こちらから購入できます。

矢印チェックグリーンルイボスティー

乳酸菌にオリゴ糖をプラスして効果を高める

乳酸菌といえばヨーグルトですが、ヨーグルトの菌も沢山の種類があります.

そのため子供のお腹に合った菌のヨーグルトを探すことも大事です。

また乳酸菌はオリゴ糖と一緒に摂取することで腸内で乳酸菌のエサとなり、もとからお腹にある乳酸菌を効率よく増やしてくれます。

お腹の中の善玉菌が増えていけば、腸内環境もよくなり便秘の解消につながります。

オリゴ糖は料理や飲み物にも使えますので、離乳食や毎日の食事の甘みとして使ってあげてください

下痢を繰り返す赤ちゃんも切れ痔になりやすい

実は切れ痔の原因は便秘だけではなく、頻繁におこる下痢でもなりやすいのです。

下痢を起こしやすい子供も、腸内環境の問題があるかもしれません

便秘の対策と同様、乳酸菌+オリゴ糖の組み合わせで、腸内環境を整えてあげてください。

同じ環境下でも子供のお腹の調子には個体差があります。

我が家の子供たちは、一人は軟便・一人は便秘と、全く違う症状で子供時代大変でした。

長男は繰り返す下痢と軟便で、赤ちゃん時代はお尻や肛門はすぐ真っ赤になり、おむつ時代にはウンチが出た後ヒリヒリしてしまうのかグズグズとよく泣いていました。

反対に長女は、2~3日でない日が続くことがざらにあり、痔に数回なったこともあります。

オリゴ糖・水分摂取・ヨーグルト・お腹のマッサージなど、いろいろ試してきました。

子供の排便の問題は食事や個体の問題もですが、精神的なものや運動不足などもあるようです。

特にトイレトレーニング時代に、ウンチが上手くできないことがストレスになり、便秘が酷くなってしまう子供もいますので注意が必要です。

乳幼児の便秘にはオリゴ糖100%で対策をする

お腹の中の善玉菌を増やすのには、ヨーグルトなどの乳酸菌だけを毎日摂るだけではだめです。

かならず乳酸菌の餌になるオリゴ糖も一緒に摂りましょう!

大切な役割があるオリゴ糖は、便秘の問題だけではなく軟便や下痢になりやすい子供にも効果があります。

便秘も下痢や軟便も、どれも腸内環境の乱れが原因ですので、腸内の善玉菌を活性化させるためにはオリゴ糖は大切な役割を持っています。

腸内環境の乱れで便秘や下痢になりやすいお子さんには、ぜひ使ってみてください。

最近では、スーパーやドラッグストアでも沢山のオリゴ糖が販売されていますが、どんなオリゴ糖を選んだらいいのか悩んでしまいませんか?

実はオリゴ糖の選び方を間違えると効果を感じられこともあるんです

スーパーなどで販売されているシロップタイプは、実はオリゴ糖が30%くらいしか含まれていないため、使ってみたもののお腹の調子が良くならないなんてこともあるわけです。

良いオリゴ糖で腸内環境をしっかり整えてあげることは、「免疫力の向上」「虫歯の予防」にも期待することができます。

乳幼児の安心して使ってあげることができるオリゴ糖は、オリゴ糖以外の素材を一切使っていないものを選んであげましょう。

無香料・無添加オリゴ糖100%はこちらで購入できます!

矢印チェック毎日ドッサリ出来る話題のはぐくみオリゴ

ウンチがでたあとのホッとした表情を毎日見たいですね

小さな子供が便秘が酷くなると、いきむたびに顔を真っ赤にして可哀そうになります。

便秘を繰り返しやす子供の場合、今日はちょっと出ても、翌日はまたでないを繰り返すんです。

お腹の中が整ってくれば、しっかりウンチもでます。

真っ赤な顔をしていきんでいた子供が、スルッと出たときの表情をみるとホッとしますよ。

オリゴ糖で便秘解消!腸内環境に合わせて選べば効果がUP!

2016.01.29