大人の喘息発作にコーヒー効果ありでも飲み方には注意が必要です。

コーヒーとコーヒー豆

喘息は子供の頃の病気で、大人で喘息を患っているのは、子供のころの喘息が治らなかったからと思っている方いませんか?

大人の喘息は、子供のころの喘息が再発・移行する場合と成人してからの発症とがあります。

成人してから喘息になる人は全体の6~8割が20歳を超えてから

その中でも40歳以上になってからの発症が約半数ですから、年齢を重ねたら発症しないわけではないのです。

スポンサードリンク

大人の喘息が多くなった理由は診察の遅れかもしれません

大人になって喘息を発症すると治りにくいと言われています。

・呼吸が少し苦しい

・咳が続く

・痰が切れにくい

など、風邪の初期症状に似ているため、市販の薬を飲んで過ごしてしまいがちです。

しかし、喘息の発作が始まっている状態で風邪薬を飲んでも効果はありません。

仕事や日常生活に追われて市販薬を飲み続け、医師の診察を受けないまま症状が酷くなることが考えられます。

また、喘息の咳は昼間よりも早朝や夜間に多く出るため、昼間は咳の症状もなく体が楽になるのも診察を遅らせる原因になっているかもしれません。

喘息度チェックで自分の症状を調べてみる

医師のチェック

喘息には特徴的な症状があります

  • 咳、呼吸時の喘鳴(ヒューヒュー、ぜーぜー)
  • 息苦し、息切れ、痰(呼吸困難)
  • 咳や呼吸困難などの症状が夜間や早朝にある

なかなか風邪か喘息かが判断つかない場合は、下記の表を参考にしていただくといいでしょう。

 喘息度チェックで自分の体調を知る

当てはまる症状の点数を合計してください
合計点数が5点以上なら病院で早く受診してください

ゼーゼー、ヒューヒューしていたといわれたことがある 3点
昼間より夜間や明け方に咳込む 3点
息苦しくて横になれないことがある 3点
走ったときに咳込む 2点
疲れやストレスがたまっているときに息苦しくなる 2点
かぜを引くたびに、2週間以上咳込む 2点
タバコの煙で息苦しくなる 2点
古い雑誌や新聞を片付けていると咳込む 2点
アレルギー性鼻炎や花粉症がある 1点
強い香水や匂いで息苦しくなる 1点
家族にアレルギー体質の人がいる 1点
合計

インフォームドコンセントのための図説シリーズ 喘息 (監修:足立満)
気管支喘息の診断と重症度判定 佐野靖之 より

コーヒーは喘息発作の軽減に本当に効果があるのか

コーヒーカップを持つ女性

コーヒーのカフェインには、自律神経の一種である交感神経に作用して興奮させる働きがあります。

喘息の発作は、交感神経が興奮しているときには起こりにくく、もう一つの自律神経である副交感神経が緊張しているときには発作がでやすい傾向があります。

コーヒーのカフェインで交感神経を興奮させれば、喘息の発作を軽減させることが出来るのです。

喘息は夜から明け方に起こりやすいので、午後3時から4時ころにコーヒーを飲むと発作を起こすのを抑えてくれるようです。

おやつの時間にブラックコーヒーを飲むのは、喘息に悩む方にはかなりおススメでしょう。

インスタントコーヒーポリフェノールはシミ予防に効果ある?

2014.11.01

喘息の薬が処方されたらカフェインの取りすぎにご注意

喘息の治療をしている方ですと、テオフィリン製剤を処方されている事が多いと思います。

処方上の注意で、カフェインと一緒に飲まないで下さいと注意書きがあるはずです。

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは、テオフィリン製剤と代謝経路が共通するため、多飲するとテオフィリンの分解・代謝が遅れ血中濃度が上昇するためなのです。

同時に摂取したことにより、テオフィリンやカフェインの共通の中毒症状(頭痛や吐き気、興奮、心悸亢進)が、起こる可能性があるため、出来る限る一緒に摂取することを注意としているわけです。

喘息の初期症状や予防であればコーヒーも効果がある

気管支を拡張させる働きがあるコーヒーですが、喘息の症状が進んだ状態で飲んでも効果を感じることはありません。

喘息は医師からの処方された吸入器や、内服薬、予防のための薬を上手に使い、出来る限り発作を起こさないことが喘息の治療として必要な事です。

喘息の予防のためにコーヒーを飲むのはかなりおすすめですが、誤った飲み方は命の危険が出てきますのでご注意ください。

私の気管支喘息体験談

私は20才過ぎに大人喘息になりました。

ただの風邪だと思っていたら、呼吸がまったくできなくなり意識不明の状態で救急車で2度運ばれました。

テオフィリン製剤を飲んだ後、何杯もコーヒーを飲んで心臓がバクバクした経験もあります。

なんだか風邪じゃない気もするけど、まだまだ大丈夫とか、このくらいならいいだろうと勝手に判断せず、早めに受診しないと、症状はどんどん酷くなるばかりです。

喘息の症状が長く続くとかなり体力を消耗します。

横になって眠ると呼吸が出来なくなり、毎晩積み重ねた布団を背にしてうたた寝する日が続いてしまうこともあります。

これより症状が重くなってしまうと、発作が起きるたびに病院で吸入や点滴を受けないと、一睡もできなくなってしまいます。

この数年、喘息は発作が起きてから症状を押さえるのではなく、発作にならないための治療を必ず病院ではすすめられます。

自己判断で薬を止めたり、診察を受けない事は命を落としてしまう可能性もあるため、必ず医師の診断のもと治療は続けてください。

乾燥の季節!粉ふき肌と喘息予防に白きくらげで体を潤してみる

2016.10.18

喘息もちマスクをして眠り乾燥と冷気を防ぎ朝の発作を予防してます

2015.12.15

矢印チェック「喘息治験モニター募集開始」



咳喘息はストレスが原因?咳止めや風邪薬で咳は止まりません

2015.01.12

大人の喘息は冷気と香水も発作の原因!真夏の食品売り場は要注意!

2016.08.29