雑穀米の冷凍と解凍!白米と一緒に美味しく炊く方法

健康のための雑穀米生活

我が家の毎日の主食は「やずやの発芽十六雑穀」です

しかし、息子が帰省している間は、銀シャリが大好きな息子のために白米が主食になるのです。

私も母も炊きたての白米は嫌いではありませんけど、毎日となると雑穀米が恋しくなります。

そこで、今朝大慌てで雑穀米を5合炊いて、大急ぎで冷凍庫に保存しました。

息子が一人暮らしのアパートに戻る間は炊きたては食べることはできませんが、一度に炊いておいて、保存・冷凍

この方法でも、ちょっとしたことを注意すれば炊き立てと同じくらい美味しくいただけます。

スポンサードリンク

雑穀米の美味しい冷凍と解凍方法

雑穀米の冷凍・解凍方法は実際は大きなコツはなく、白米の時と対して方法は変わりません。

冷凍⇒電子レンジで解凍となるのですが、せっかくの栄養素が少なくなるのを心配される方もいますが、そんなに心配されなくてもいいようです。

炊きあがった雑穀米を炊飯器の保温機能を使って、そのまま置いておくよりは美味しく食べられますから、少しだけ手間をかけてあげてください。

雑穀米の冷凍方法

1・炊きたての雑穀米を一善分ずつラップに包みます。

おにぎりのように厚くして冷凍すると解凍に時間がかかりますから、厚さ2cmくらいで冷凍するのがポイント!

2・粗熱がとれたら冷凍室で保存します

雑穀米の解凍方法

電子レンジの冷凍ご飯の温め機能を使うか、3分ほど温めればOKです。

電子レンジによって温めのムラなどがありますから調整してくださいね。

もっと美味しく解凍する方法

少し硬めに炊いてしまった雑穀米や、うっかり炊き立てじゃない雑穀米を冷凍すると、解凍した時には「ぼそぼそ」としてしまうことありません?

そんな時には、試してもらいたい方法があります

1・冷凍しておいた雑穀米のラップを全部剥がして耐熱皿に移し替えます

2・お水を少しだけかけます。(多すぎるのは注意!ですわ)

3・お水が耐熱皿に残っている場合は捨てておきます。

2・ラップをかけて約3分ほど温めます

こうやって温めると炊きたてのモチっとした食感が戻りますよ

おススメの方法ですけど、モチっとさせたいからって水の量を多くしてしまうと、べチャッとしてしまうから注意が必要です。

銀シャリと雑穀米を同時に炊く方法!

2種類のご飯の炊き方

家族の中でも雑穀米が好きな人と、嫌いな人がいる場合、別々に炊けば問題はないんですけどね。

冷凍保存をしておいたご飯がない時には困ってしまうはずです。。

そんな時には、ひとつの炊飯器で白米と雑穀米を炊いてしまえばいいのです。

方法はものすごく簡単!

炊飯器に研いだお米をセットしたら、隅の方に雑穀米の素をそっと入れてから炊くんです!

そうすると、銀シャリ半分、雑穀米半分、同じ炊飯器の中でできるんですよ。

★注意点★

雑穀の中に黒米や赤米が入っているものは、ポリフェノールの一種が炊いている間に溶け出して、お米に色がついてしまいます。。

銀シャリが大好きな人は、お米に色がつくのも許せない場合があるから、同時焚きをする場合は雑穀の中身を注意しておく必要があります。

我が家が食べている雑穀米も少々白米に色がついてしまいます。

雑穀米が大好きな母娘は気になりませんが、銀シャリが大好きな息子、この方法で炊いてしまうと少々機嫌が悪くなるため、今では絶対にしません。

骨粗鬆症を食事で予防!更年期に雑穀米食べ骨密度を上げませんか!

2016.02.04

ご飯の色にこだわる男は多いようです

私の息子は銀シャリ大好き男です。

最近では男性でも雑穀米や発芽玄米を好んで食べる方も増えてきているようですが、やっぱり飯は「白米!」って譲らない男性もいます。

昔、姑から「息子が一生懸命働いているのに、雑穀なんて食べさせられて可哀そう」なんて嫌味を言われ、大変悔しい思いをしたことがあります。

当時は白米と雑穀米、半々で出していたんですけどね。

せっかく家族の健康を考えて選んだ食事も、食の好みの問題で喧嘩になってしまっては面白くありません。

これ以降、姑に指導されたことを忠実に守り、旦那の大好きなものだけを食べさせ続けた結果、

翌年、健康診断で見事に引っかかりました!

ピカピカの銀シャリにこだわる家族がいる場合は、別に炊いておかないと家族の中が壊れてしまう原因になってしまうかもしれません。

食べ物の恨みは、かなり根深く残りますから十分ご注意くださいませ。

▼銀シャリ大好きな家族にも好評!

炊きたてごはんふっくらつやつや!ビタミン・カルシウム・天然コラーゲンがサッとひとふりで摂取できるひとてまいは、こちらをチェック!

矢印チェック毎日食べるごはんが簡単に栄養たっぷりひとてまい

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016