急に離婚を切り出された!妻の心は早くから離れているんです

話し合う気がない2人

なんの話し合いもなく、いきなり離婚調停になってしまったのは高橋ジョージさんと三船美佳さん

産後、子育てにいっぱいいっぱいで、離婚にななってしまったのはスザンヌさん

最近、世間を騒がしている、芸能界の離婚騒動と、まるで合わせたような「残念な夫」のドラマももう少しで結末を迎えます。

面白く視聴してはいるのですが、離婚経験者の私でも、ちょっと考えてしまうドラマの設定です

スポンサードリンク

いきなりの離婚調停はなんてないんじゃないの?

なんの話し合いもなく、いきなり離婚調停の書類が届くなんて信じられないかもしれませんよね。

でも、離婚調停が始まるときっていきなりななんです。

相手と同じ空間にいるのも苦痛になっているのに話し合いなんて御免です。

旦那の浮気で離婚を決意した妻!傷ついた女心が理解できない鈍感な男

2015.06.12

夫婦の気持ちがすれ違っていても、いつか夫婦仲は時間と共に戻る!

離婚なんて絶対に我が家には起きない!

いろいろとあったけど、冷静になれば元に戻れるはず!

いろいろあっても、夫婦として上手くやれているはず!

だから、離婚なんて我が家には関係のない話だ!

そう信じているところに、ある日突然やってくる「離婚調停の書類」

「なんで、いきなりなんだよ!!」

「話し合いもなしで、いきなり離婚ってなんだよ!!」

夫婦の危機に気が付かず、相手の話を真剣に聞かなかったことで、妻の気持ちに気が付かなかった夫にとっては、いきなりなんでしょうね。

産後の心の疲れだけで、あっさりと離婚を決めてしまうものなのか

白状させようとする女性

温水さん演じる調停委員が「出産直後の夫の対応は一生涯ついてまわる」この言葉は、とても重いものでした。

とはいえ、ドラマの最終回まで時間がない事もあるでしょうが、知里(倉科カナ)の離婚を決心するまでの時間が、あまりにも早すぎることに疑問が出てしまいました。

夫の陽一(玉木宏)が産後の妻の気持ちを理解できない、育児に協力的じゃない、浮気の疑惑や子供のための貯金を勝手に引き出すなど、知里が夫に腹が立つのは、とっても良くわかります。

私も、産後に精神的にかなりまいってしまいましたから、「残念な夫」を観ていると、そうそう、そうだったわと、腹立たしさを思い出すほどです。

でも、世の中の妻が、これほど早く夫との離婚を決意するでしょうか?

産後クライシスと呼ばれる状態になり、夫婦の仲がぎくしゃくしだしても、子供の事を考えると、なかなか離婚を決意しにくいはずです

夫婦の悲壮感なんて感じられない笑える離婚調停シーン

離婚調停を経験した私でもドラマの調停シーンは面白いものでした。

調停では申立人と相手方(配偶者)の待合室は、それぞれ別室です。

ドラマの中では、待合室は個室の設定でしたが、本当の調停では他の方と同室なんです。

皆さんが離婚調停ではなく、財産分与や刑事事件関連で申し立てしている方々、離婚にともなう年金についてなど、理由もそれぞれで、待合室の中は様々な話が聞こえてくるものです。

調停の待合室には、沢山の悩みが詰まっているのです。

ドラマの中では玉木さん演じる夫「陽一」の悩みだけが、待合室に響いていたのは結構面白かったですね。

でも実際には、あらゆる悩みを持つ方が同じ部屋で待つのですから、あちらこちらから聞こえる悩み事を聞いていると、自分の悩みがちっぽけな感じがしてしまうこともあります。

まあ、ドラマとしては、離婚調停を経験し、乗り越えた夫婦がハッピーエンドを迎えるのでしょう。

でも現実は女が離婚を決意すると、なかなか元の関係にもどるのは、難しいものですよ。

妻が離婚を切り出したときは我慢の限界がきた時です

毎日、家族のために一生懸命に働く男性からすれば、妻から急に離婚を切り出されたことは納得がいかないでしょう。

でも、安定した生活を捨ててまで離婚を決心をするのには、それなりの理由があるのです

・旦那の浮気を黙って見続けていた

・親族との付き合いや親の介護問題を真剣に聞いてくれない

・子供の事は任せっぱなし

などなど、心の擦れ違いが長く続くことで我慢の限界がきた時に、妻はすっぱりと離婚を決めるのです。

*妻が浮気したことで離婚を切り出すこともあるようですね

老後、夫婦で穏やかな生活を送りたいのなら、妻が何か話しかけたときに「お前にまかせてるから」なんて言葉で逃げない事ですね。

スポンサードリンク