妊娠超初期の眠気と不眠の原因は一緒だけど対策はどうしたらいいの?

グッスリと眠る女性

妊娠超初期の困った症状の一つに睡眠問題があります。

夜中に目がガンガンと冴えてしまい不眠になってしまう女性や、なにをしていても眠くって仕事や運転が怖くなってしまう女性

眠れないか女性からすれば眠れる人が羨ましく

眠くてしかたがない女性からすれば起きていられる女性が羨ましい

でも、どちらも体験した私だからわかるのですが、どちらも体が疲れてしまい、どちらも同じように悩みました。

スポンサードリンク

眠気と不眠はお腹の中の赤ちゃんの性別によって違うもの?

妊娠超初期にやってくる症状は、一人目と二人目で同じ女性もいますが、全く違うこともあります。

私は長男の時は眠れなくって、横でいびきをかきながら眠っている夫の顔を叩きたくなるほどイライラしてしました。

娘の時はとにかく眠くって、息子とお昼寝をすると起き上がれないわ、絵本を読んでいても目を開けていられないほどの眠気

まったく正反対の私の状態を見て、次は絶対に女の子だよね~なんて周囲に言われたものです。

男の子と女の子を妊娠すると、何か違うことが体で起き、眠い・眠くないといった症状に現れるのでしょうか?

妊娠超初期の眠い・眠たくないの原因はホルモンが原因です

眠くってあくびが出る女性

実は眠い・眠くないの原因は黄体ホルモン「プロゲステロン」なのです。

一般的に妊娠初期にはプロゲステロンの働きから眠気が出ると言われています。

でも、眠気が出るはずの妊娠超初期に、なぜ不眠の症状に悩む女性がいるのでしょうか?

それは、妊娠という体験したことがない現象に、漠然とした不安を感じることで「プロゲステロン」が増加し、眠りにくくなるというわけです。

たしかに、第一子の長男の時には初めての妊娠だったからでしょう、嬉しさよりも不安の方が大きかったために不眠になりました。

第二子の娘の時は、妊娠中の不安は最初の子よりも少なかったため、眠くってしかたがなかったとも考えれらます。

妊娠超初期の不眠と眠気にの対処方法とは

眠くなければ、眠くなるまで待ってしまっては体力が落ちてしまいます。

また眠たい時に好きなだけ眠るのも体内リズムが崩れてしまいますし、家事や仕事がはかどらない問題もあるでしょう。

では、このような時はどうしたらいいのでしようか

眠れない時の対処方法

●眠る一時間前には、スマホ・パソコン・テレビはやめる

これらの強い光は交感神経を刺激し体が緊張状態になるため、不眠の原因になってしまいます。

●眠る前にお砂糖を入れたホットミルクを飲む
牛乳の中に入っているトリプトファンが睡眠を促す成分セロトニンを体内で増やしてくれ、砂糖を加えることでセロトニンが増えてくれるのです。

眠くって仕方がない時の対処方法

●とにかく眠る

眠いと感じたときは細切れの時間でもいいので眠ってしまいましょう。

●ガムをかむ

眠気覚ましと言えば、ガムを噛むのは妊娠中の眠気にも効果があります。

●体を少し動かしてみる

ご近所の散歩や、お買いものなど少し体を動かすことが刺激になり、眠気が覚めるときもあります。

お仕事中の方なら、席を立ち場所を移動させるだけでもいいでしょう。

●眠気覚ましにノンカフェインを飲む

妊娠中にはお腹の赤ちゃんのことを考えカフェインを飲むのを控えるので、眠気覚ましのコーヒーは飲むことは考えてしまいますね。

でも気分をリフレッシュさせるために飲み物を飲むのは意外と効果があります。

・野菜、果汁100%のジュース

・炭酸水(糖類が入っていないもの)

・ノンカフェインのコーヒー

氷をたっぷり入れて飲むのはお腹を急激に冷やしてしまいますから、ご注意くださいね。

寝不足や眠くて仕方がないことを理解してもらえるとストレスにならない

妊娠初期の眠気は「眠りつわり」といいます。

職場や家庭で理解されないと、怠けてると思われることがストレスになります。

また不眠が続くと、なにもかもやる気が起きなくなり、こちらも、他の方からみると妊娠を理由に怠けてると思われることもあるようです。

周囲が理解してくれない事がストレスとなり、さらに不眠や眠気に襲われることもありますから、まわりに何を言われても気にしない事と、せめて夫には理解してもらいたいですね。

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016