妊娠・授乳中にチョコレートが無性に食べたくってやめられない

チョコレートのプレゼント

バレンタインが近づくと、美味しそうなチョコレートの香りに誘われて、つい自分へのご褒美に買ってしまいます。

第二子妊娠中のつわり中からチョコレートの香りに取りつかれ、つわりの吐き気から解放されてから、毎日コンビニやスーパー、ケーキ屋さんに通い続け、そして血糖値が下がらなくなってしまいドクターストップ

妊娠中の我がままからなのか、チョコレートを食べられないことでイライラしていました。

無事、出産し我慢していたチョコレートを解禁したのですが、今度は乳腺が詰まってしまい乳腺炎で高熱にうなされる日々

妊娠中から出産後もチョコレートで大変な思いをしました。

スポンサードリンク

妊娠中にチョコレートは食べてはダメなの?

今まで好きだったものが食べられなくなったり、嫌いだったものが無性に食べたくなったり

妊娠中はホルモンバランスが変わることで、食生活が片寄る事が多いものです。

チョコレートを食べ続けることで赤ちゃんに害はあるのか?

私のように妊娠初期からチョコレートに執着する人は少ないけど、妊娠後期になると赤ちゃんにブドウ糖が優先的に送られるため、チョコレートなどの甘いものが無性に食べたくなることがあります

でもチョコレートって、カフェインが心配ですわね。

妊娠中にコーヒーやお茶を飲むのを控えてる方もいるでしょ。

カフェインは全く飲んではダメって事ではないので、チョコレートのカフェインもそう心配することはありません。

だから妊娠中のチョコレートは、無理に我慢してストレスを溜めこむくらいなら、美味しく食べて心を落ち着かせ、幸せな気持ちでいるほうがいいようです。

問題なくっても食べすぎてはいけない理由

ミルクとブラックの板チョコ

チョコレートが胎児に悪影響がないとはいえ、やはり食べすぎはダメなのです。

チョコレートに含まれるカフェインもですが、たっぷりのお砂糖や油脂分も含まれていますよね

だから食べ過ぎることで、

・カロリーの過剰摂取になり、

・母体の体重増加にもつながり、

妊娠中毒症妊娠糖尿病を引き起こす原因になる恐れがあるのです。

そのため食べる量はに注意が必要なのです。

赤ちゃんが無事生まれ、授乳中にもチョコを食べすぎると、私のようにチョコの油脂分で乳腺が詰まりやすくなり、乳腺炎の原因になってしまいます。

そして赤ちゃんにとっては、あまり美味しくない母乳になってしまうため、産後も食べすぎは止めておいた方がいいのです。

チョコレート依存症にならないよう食べる量を決める

チョコレートに含まれるテオブロミンは、カカオから発見された成分で、カフェインに良く似ています。

テオブロミンはカフェインとは違い精神を落ち着ける作用があり、チョコレートの甘い香りは脳に働きかけ「快楽物質」と呼ばれるドーパミンを分泌します。

この2つの働きが妊娠中や出産後の不安定な心に効果を発揮してくれるのです

ただ毎日沢山食べ続けるとチョコレートを食べないと、心が落ち着かなくなってしまう問題がでてきます。

これは、チョコレートに含まれる白砂糖が問題なんですね

糖分不使用のチョコなど切り替えると、大量に食べたい気持ちはなくなるそうです。

食べてはダメと思い過ぎるのもダメ

赤ちゃんのために我慢しなきゃとあまりにも思い込むと、もっと食べたくなるものです。

妊娠中に無性にチョコレートを食べたい気持ちを乗り切るためには、まずは買いだめをしない。一日食べてもいい量を決めておきましょう。

お砂糖がタップリ入ったチョコレートは「もっと食べたい!!」と欲求が増してしまう可能性があります

うしてもチョコの誘惑に勝てない時には砂糖不使用のチョコレートを食べてみてください

沢山食べなくても、心がホッと落ち着かせることができますよ

【お得用1kg そのまんまディアチョコレート】シュガーレスチョコレートとは思えない美味しさと口どけ♪楽天ランキング1位を獲得♪【砂糖不使用 チョコレート】【ダイエット チョコレート スイーツ】【P06May16】

チョコレート食べ過ぎで気持ち悪い。つい食べちゃう理由とは?

2015.01.23

スポンサードリンク