シャンプーの詰め替えで雑菌大繁殖!正しい方法でエコ&節約生活

お手入れセット

当たり前に使っているシャンプーやボディソープの詰め替え。

詰め替え方が表示されていても、きちんと守ってる方いますか?

私はポンプを押しても出なくなったら、洗わずに詰め替えパックをいれています。

買い忘れてない時は、ボトルに水を入れ、シャバシャバして使い切り、完全にシャンプーがなくなってから、詰め替えを入れています。

自分では、ボトルを綺麗にしてからとか、表記されている方法を守っているから。と入れ替え方を間違ってはいないと思い込んでいたのです。

しかし、このやり方では雑菌繁殖の手助けをしてしまっていたのです。

スポンサードリンク

シャンプーの詰め替えすると雑菌が繁殖しやすいのはなぜ?

問題が発生して叫ぶ女性
細菌が繁殖するのに必要なのは「水」「温度」「養分」です

きちんと洗って、しっかりと乾燥させれば、雑菌が繁殖することはありません。

しかし、きちんと乾かすとなれば、ポンプの部分まで、しっかりと乾かさないといけません。この部分、きちんと乾かすのって、時間がかかりますよね。

乾かしたつもりでも水分が残っていることがあります。

商品によっては、容器を洗わずにそのまま詰め替えてくださいと書いてあるものもあります。

洗わなければ、水分が入ることがない!そう考えますが、お風呂で使う詰め替え用品って、入浴するついでにすることが多くないですか?

蒸気がたったお風呂場で、容器を開けて詰め替えれば、自然と水分が混入してしまいます。意外とうっかりしたことで、水が混入してしまうものです

詰め替えたボトル内に繁殖した雑菌は人間に害はないのか

シャンプー

詰め替えボトルで多く繁殖するのは、緑膿菌という細菌です。

緑膿菌は毒性が強い菌ではありません。

今まで詰め替えで発生した細菌が原因で事故が起きたニュースがないのを見ると、実際問題、人体にはあまり影響はなさそうです。

髪や体を洗えば、必ずお湯で流しますから、その際、体についた菌も流れるだと思われます。

ただし免疫力が低下している時や、怪我をしている時には、感染し体調を壊す可能性はあるようです。

乾ききらないジェルネイルの下が問題です

ジェルネイルをしている人は、浮いたジェルと爪の隙間に緑膿菌が入り込み、グリーンネイルと呼ばれる、緑色に爪が変色してしまう恐れがあります。

入浴後は爪を乾かすことが発症させないために必要です。害があまりなくても気分はよくない

健康な人になら、あまり問題がないとはいえ、やっぱり雑菌が繁殖したもので体や髪を洗うのは気分が良くないものです。

正しい方法で詰め替えしたボトル内の細菌の繁殖を防ぎましょう

●ボトルの詰め替え方法

1.全部使いきる

2.容器の内部・ポンプを綺麗に洗う

3.よく乾燥させる

4.詰め替え用の液を入れる

洗う必要のないタイプ洗って乾燥をしっかりしたものどちらのタイプも、お風呂に入りながらは止めましょう。

乾燥させるのには時間がかかるため、本体2個を交互に使うのがおすすめです。

ずぼらな主婦の私には、こんなのが楽かもしれません。そして菌を繁殖させないための一番簡単な方法があるのです。

シャンプーやボディソープ、たまには本体を買い替えるのもあり

洗わなくても、そのまま詰め替えOKのって、ずっと使っていると、ボトルの口とかに固まってくるのが嫌で、時々、本体ごと買い替えます

ドラッグストアのセールでは、詰め替え買うより本体を買った方が、内容量から計算すると、かなりお買い得なんですよね。

エコよりも、家計のため節約が大事な主婦は、そんな細かい事が気になるものです。

ですが同じボトルを長い事使っていると、かなり気を使っていても雑菌は繁殖していくでしょう。ですからある程度の期間使用したら、ボトルごと買い替えることが一番いいのです。

まあ、各メーカーさんも定期的に商品をリニューアルされるため、ある時期が来れば嫌でも本体ごと買い替えになってしまうはずですけどね。

スポンサードリンク