石油ストーブの片づけで困る残ってしまった灯油の保管の仕方

石油ストーブ

まだまだ寒い日が続いています。暖房器具が手放せない毎日ですね。

我が家は毎年石油ストーブを暖房器具として使っています。

冬の間は、煮込み料理などに大活躍をしてくれますが、困るのは春になってからの片付けです!

春になっても朝晩が冷えるからと、灯油を18L購入したら、一気に気温が上がってしまって、ほとんど残ってしまったこともあります。

そこで、残ってしまった灯油の保管方法と、石油ストーブの片付け方を覚えて、来年もしっかり働いてもらいたいものです。

スポンサードリンク

残った灯油は次のシーズンに使えるものなのか

灯油が残ると次のシーズンには使えないと思っていた私は、残りの灯油をガソリンスタンドで処分してもらっていました。

しかし、灯油は保管をキチンとしておけば、一年以内なら使用が出来るそうなんですね。

では、正しい保管方法とは、どうすればいいのでしょうか?

調べてみたら、意外と簡単でした。

灯油缶の蓋をしっかり締め、日光に当たらない薄暗い場所で保管

これだけだそうです。

紫外線に当たらないように、ダンボールで衝立をし、お日様に当たらないようにするだけでも、保管するのに問題ないようです。

そう言われても、もし灯油が変質してしまったら・・・そんな心配がある場合は、変質してしまった灯油(変質灯油)の見分け方がありますから、参考にしてください。

変質灯油の見分け方、それでも不安ならどうする

直射日光に当たるなど変質した灯油、変質灯油は黄色っぽくなっていたり、茶色っぽく色が付くようです。

通常の灯油は無色透明ですから、変質灯油との区別は分かりやすいですね。

薄っすらと色がついているかどうか、判断ができにくい場合は、ガソリンスタンドで聞いてみると、間違いはないですね。

もし、変質してしまった場合は、ガソリンスタンドで処分をお願いしましょう。

ストーブを長く使いたいなら変質灯油は使わない

ストーブに灯油

変質したか疑わしい灯油を使うのは、石油ストーブの故障の原因にもなりそうです。

変質灯油を使うと、石油ストーブは、燃焼時に芯にタール付着して、芯の灯油吸い上げ能力が低下して火力低下します。

変質した石油を使うと芯の上げ、下げの動きも悪く成る原因となり、芯の交換をしないといけなくなります。

ストーブに残った灯油はどうしましょうか?

石油ストーブに残った灯油は、灯油タンクに戻しましょう。

ストーブの付属品としてついている専用のスポイトでストーブの底から灯油を抜きます。

もしも、スポイトをなくしてしまったり、見当たらなかったら、100均などで購入したもので大丈夫ですよ。

我が家では、ストーブのタンクをほぼ空にしてストーブを空焚きします。

完全に灯油がなくなり、自然に火が消えるまで、そのまま放置しておきます。

ただし、この方法はガラス芯のストーブだけ!

旧式の旧式の石綿式の芯は空焚きができませんので、ご注意ください。

ストーブのシーズンオフの手入れは最後まで手を抜かないことです。

石油ストーブの反射鏡が汚れたまましまってしまうと、翌年、使い始めに汚れがこびりついてしまい、なかなか綺麗になってくれません。

シーズン中。シーズン後ともに、反射鏡をきれいにすることで、ストーブの暖かさが増しますから、しっかりお手入れしましょう。

最後に点火用の乾電池は必ず外しておいてくださいね。

お手入れ次第で長持ちしてくれるストーブですから、きれいにして片付けてあげましょう。

【送料無料】【レビューを書いたら500円OFF】【お客様組立】軽量で耐久性に優れたベンチ型収納…

スポンサードリンク