生理前豆乳ダイエット一週間前では遅い!いつから飲むのが効果的?

サイズ測定

生理前になると、体が重くなりませんか?

いつもなら、お酒を飲んだ翌日、まぶたが腫れぼったいな~くらいの「むくみ」

なのに、生理前になると、足も手も浮腫んでパンパンで、メイク前にマッサージをしても、顔が丸くなったままもどりません。

浮腫んで、体が重くなるから、食べるものも控えたいのに、精神的にイライラするせいか、甘いものや過食に走りやすくなります。

そこで、気になるのは生理前に豆乳を飲んで、生理前のむくみを改善し!生理後にダイエット出来てしまう

なんて、お手軽でずぼらな私にピッタリの方法なんでしょう!

生理前後の女性の体のサイクルを上手く利用したダイエット方法は、きちんと自分自身の体を理解したうえで、スタートさせると、挫折せず続けられるかもしれません。

スポンサードリンク

生理前のむくみをどうにかしないとダイエットは成功しない

腰痛に悩む女性

女性の体は、生理前と生理後では、体に影響を与える女性ホルモンのバランスが変わることによって痩せにくい時期・痩せやすい時期に別れるのです。

生理前(排卵期以降)はブロゲステロンが急増加により太りやすく痩せにくい体質になります。

生理後はエストロゲンが活性化することにより太りにくく痩せやすい体質になります。

生理前に増加する女性ホルモンのブロゲステロンは、生理中の出血などによる栄養不足を補うために水分や塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせて蓄えようします。

これが原因で体がむくみやすくなり、生理前は太ったと感じるのです。

生理前の体重増加は水分のせいです

生理前はむくみによって体重が増加するわけですから、体に脂肪がついたのではなく、ほとんどが水分といえますね。

生理後に増加するエストロゲンは、脂肪は燃焼し老廃物を排出する働きを持つので「美人ホルモン」との別名があるほどです。

女性が体のサイクルを上手に利用してダイエットを成功させるためには、このエストロゲンの力を利用するのです。

しかし、エストロゲンの力を発揮させる前に、ブロゲステロンでむくみ、体重が増加していては、生理前・生理後で±0のバランスを取り続けていることになります。

結局、いつまでたっても体重を落とすことはできないまま・・・

このバランスを変えることで、するっと体重を落とせるようなのです。

浮腫みによる体重増加を大豆イソフラボンの力で解消する

炒り大豆

生理のサイクルを利用したダイエットは、いかに生理前に脂肪や老廃物を溜め込まないかが、重要なポイント!

そこで、注目を浴びたのが豆乳です!

豆乳には、生理前の不快な症状むくみや脂肪のため込みをみを防ぐ効果があります。

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は生理後に活性化する女性ホルモン「エストロゲン」と同様の働きをします。

生理前に増加し太る要因となる「プロゲステロン」に、この大豆イソフラボンがホルモンバランスを調整してくれるおかげでバランスを崩しやす生理前には効果を発揮してくれるのです。

豆乳には大豆イソフラボン以外にも体を太りにくくする成分があります。

大豆ペプチドは基礎代謝を飛躍的に向上させる効果。

大豆サポニンは余分な脂肪や糖質の吸収スピードを遅らせる効果。脂肪消化酵素に働きかけ腸内での脂肪吸収を抑える効果。

オリゴ糖は蓄積された水分を放出させる働きを持ち腸内における善玉菌の活性化と、水分調整のダブル効果で便秘を解消させる効果。

レシチンは血管の壁に付着し蓄積されたコレステロールを取り除く効果。

マグネシウムは神経やホルモン分泌臓器などの働きを調整する効果。

カリウムは過剰なナトリウムを排出する。

大豆の持つ力で、生理前に豆乳を飲むと効果があるのは、良くわかったのですが、調べてみると、

生理1週間前から豆乳を飲むのでは、間違いのようなのです

では、いつから飲むのが一番正しいのでしょうか?

豆乳は太りやすい排卵期間後に飲むのが正しい方法です

豆乳ダイエットは生理一週間前から!そんな情報が多いのですが、実は、この方法は間違いのようです。

正しい飲み方は排卵期間後の太りやすい体質になっている期間

つまり、排卵期間が終わって次の生理が来るまでの間に飲むのがベストなのです。

ここで排卵期間っていつ?排卵日とは違うの?と疑問になりますね。

排卵日は一日だけこの排卵日の前後をの期間、3~5日間を排卵期間なのです。

生理前の豆乳ダイエットは、この排卵期間後からスタートさせます。

そのためには、自分の排卵日を基礎体温を毎朝計測して理解することが、間違いなくダイエットを成功させやすいかもしれませんが、なかなかそこまでは出来ない人も多いはずです

基礎体温をつけていないなら生理周期から排卵日を計算してみる

そこで、自分の生理周期を調べてみて、そこから排卵日を計算してみると最適なタイミングを知ることができそうです。

生理周期と排卵日

排卵日から生理までは14日で計算します

25日周期・・・生理開始日から11日目

30日周期・・・生理開始日から16日目

36日周期・・・生理開始日から22日目

この方法であれば、簡単に計算が出来ますね。

そして、排卵期間を引いた期間が豆乳ダイエットをする日となるわけですので、飲むタイミングはこのようになります

生理開始日からなら17~19日後から

生理前からなら約10日前から

豆乳ダイエットを成功させるためには、かなり重要なポイントです。

豆乳の種類や飲みすぎない事もポイントです

豆乳も沢山の種類が販売されています。

飲みやすく調整されているものは、豆乳を飲みなれていない人には大変ありがたいものですが、ここは、ダイエットの成功のためにも、無調整豆乳にしておきましょう。

毎朝、無調整豆乳200mlを飲むのが、苦痛と感じるのでしたら、朝食も兼ねて、バナナ一本と一緒にジュースにして飲むと飲みやすいです。

満腹感も得られて、便秘の解消にも効果を発揮する組み合わせですからお試しください。

豆乳を温めて飲む時に甘さがちょっと欲しい時には、オリゴ糖で甘さを足してあげると生理前の便秘にも効果がありますよ

生理前に食欲旺盛になる原因とドカ食いを防ぐ3つの方法

2015.10.16

オリゴ糖で便秘解消!腸内環境に合わせて選べば効果がUP!

2016.01.29

スポンサードリンク