更年期で太るのが止まらない!睡眠不足と昼寝の長さも原因ですか?

体重計の乗ってショックを受ける

久しぶりにスーツを着なければいけない仕事のため、一年前に購入したシャツに袖を通しました

ボタンがはじけ飛ぶようなぴちぴち状態に慌て、鏡で自分の姿を見れば、

背中・胃・下腹にみっちりついた脂肪

女友達から「50才過ぎると、何をしても太るよ」とは言われてましたけど、まさかこんなに太るなんて想像もしていませんでした

でも、体が太ってしまったのは更年期の問題だけでしょうか?

スポンサードリンク

更年期は女性ホルモンの減少で体が太りやすくなる

お腹についた憎い脂肪

50年以上生きてきた中で、今が最高の重さになってしまった私の体

妊娠中は「つわり」がひどく、出産後50キロも体重なかったし、ストレスから食欲が増して毎日ドカ食いしていた時だって56キロ止まり

それが、この数ヶ月で60キロを超えてしまって、服のウェストや胸回りが全部窮屈になってしまったのです。

更年期に入りだす頃から女性の体はエストロゲンが減少しだし、太りやすい体になることは頭では分かっていたものの、こんなに急に太るとは予想もしてませんでした。

閉経まで毎日確実に太りやすくなっている

女性の体は更年期に関係なく、女性ホルモンのエストロゲンの増減で、生理前と後で太りやすい・痩せやすい時期はあります。

生理によるエストロゲンの増減はと違い、更年期に入った女性の体はエストロゲンが減少していくだけですから、どうしても太りやすくなるんですね。

しかも、今まで女性らしい体を作ってくれていた皮下脂肪を作ってくれた女性ホルモン

これが減少することでホルモンバランスが崩れ、脂肪のつき方も皮下脂肪ではなく内臓脂肪に変わります。

そのためタップリとお腹周りに肉がつき、ウェストのくびれがなくなりズドーンとした体型になりやすくなります。

更年期の体は疲れやすい!お昼寝をたっぷりするのも肥満の原因

この半年ほど、なにをしても体が重だるい状態が続いています

  • ウォーキングくらいはと、支度はしてみてもやる気が起きない
  • 女友達と外出してお喋りしていても、すぐに体が疲れてしまう
  • 仕事で人と会って打ち合わせするだけでも疲れてしまう

そんな体のだるさのせいで、昼寝の時間が長くなってしまい、結果、より太りやすい身体を作ってしまったようです。

これは私だけの問題ではありません!!

更年期になると

  • 体の怠さが取れない
  • やる気が起きない
  • なにをしても意欲がわかない

などの女性ホルモンの減少による自律神経の乱れからくる問題を抱えている女性は多いのです。

そのため、

・時間があればゴロゴロとして過ごしたい

・できることなら体を動かしたくない

など、ただ家の中で殻に閉じこもったような生活になってしまいがちになってしまうのです。

ただでさえ女性ホルモンの減少や年齢による筋肉量の低下などが原因で、太りやすい体になってしまう50代

仕事に行かない日は、朝の掃除や洗濯が終わるとゴロゴロ

午前中の仕事が終わったら、昼食後から夕方まで熟睡

夕飯後、慌てて仕事を始め、眠るのは0時過ぎ

こんなかなりメリハリのない生活を送ってしまったことで、体重増加に拍車をかけてしまったのです。

昼寝はダイエットの敵なのか?

お昼寝は眠りすぎなければ、午後からの仕事がはかどるし太りにくい体を作ってくれます。

でも、わたしのように、昼寝の時間が平均2時間以上では、新陳代謝を促してくれる「ノルアドレナリン」の分泌量が減ってしまうのです。

更年期で代謝が悪くなっているうえに、お昼寝をたっぷりする。

これでは、さらに代謝を悪くしてしまうのは当然のことですね。

昼食後の昼寝は太るは嘘!美容のためはに眠る時間が重要です

2014.09.05

お昼寝時間が増えるのには生活に問題があるのかもしれない

ウェストサイズ測定でショックをうける

体や心にやる気が起きなくなってきたころから、どんどんと長くなってしまった昼寝の時間

この数ヶ月は母が声をかけても起きられないほど昼に熟睡してしまい、夕方になってやっと体を起こすことができる日もあります。

この眠気の原因は更年期の体のだるさもですが、夜間にトイレが我慢できず、何度も目が覚めてしまうのも原因の一つです。

更年期になると膀胱も変化して、尿が少ししか溜まっていなくってもトイレに行きたくなることがあります。

そのため、真夜中から夜明けまで1~2回尿意が我慢できず起きることになるのです。

繰り返す膀胱炎!もろみ酢とウォーキングで症状が軽くなった謎

2015.10.21

夜中のトイレが我慢できず睡眠不足になる

眠る前の水分摂取を減らしたり、お酒はできるだけ飲まないようにしても、やっぱりトイレに行きたくて目が覚めてしまいます

トイレに行きたくなるたびに目が覚めてしまうため、日中、眠くって仕方がなくなるのですから、生活のリズムも壊れっぱなしです

昼寝の時間が短い時はトイレの回数も減る

ただ、日中すごく疲れたときや、お昼寝が10~15分だけのときは真夜中に尿意を感じることも少なく

お昼寝が多い⇒トイレで目が覚める

目が覚める⇒日中眠くてしかたがない

寝不足の原因になっている夜中のトイレ問題を解決させるためには、昼寝の時間を少なくする必要があるようです。

昼寝のしすぎは体重増加の原因!

今度こそ絶対に痩せる決心をする

更年期による女性ホルモンの減少で太りやすくなっているのに、昼寝を2時間以上することでノルアドレナリンの分泌量が減り、ぶくぶくと体が大きく育ってしまった私の体

夜、ぐっすりと熟睡をすれば、昼寝の時間も少なくなり、もう少し太るスピードも落とせるはずです

とりあえず、どんなに眠くっても昼寝は30分以内ですませ、体内リズムを変えることからしないとダメでしょうね。

眠っても眠っても昼寝をしすぎたりしてしまうのは、更年期独特の体のだるさも関係しているわけです

ですから、この体のだるさを改善しない限り、なかなか解決しない問題みたいです

体の疲れをとろうと、市販の栄養剤を飲んでもなかなか疲労感がスッキリ抜けませんでした

女性独特の悩みに対応したサプリメントで、解決しながら太るのを止めるしかないですね。

最近私が飲んでいるサプリメントは、黒酢・黒にんにく・ DHA&EPA配合と更年期の疲れやすい体に嬉しい栄養がたくさんです!

ご興味のある方はこちらで詳細をご確認ください。

矢印チェック三黒の美酢


主婦は疲れが取れない!家事に仕事に育児。心と体のだるさに何が効く?

2016.10.28

ゆるゆる糖質制限食を続け50代の体に起きた3つの変化!

2016.03.28

フジッコクロクロ黒酢黒大豆の効果!更年期のダイエットに期待できる話

2016.06.22