目玉焼きの作り方のコツ!黄身は先に食べる派つぶす派?

目玉焼き

目玉焼き好きですか?朝食の定番メニューの目玉焼き、シンプルな料理ながら、こだわりも多いですよね。

目玉焼きの作り方もですが、なにをかけて食べるか?どうやって食べるか?

家族の中でさえ、それぞれのこだわりがある。

それなら、よそ様どうなんだろう?聞くに聞けないですが、興味がありますね。

スポンサードリンク

目玉焼きの作り方、焼き加減でさえ好みがある。

トーストセット

目玉焼き、半熟が好きですか?黄身はしっかりが好きですか?

自宅で作るときには、何も考えず焼いていますが、焼き方もいろいろあるものです

サニーサイドアップ:片面焼き

ターンオーバー:両面焼き

オーバー・イージー :白身はやわらかく、黄身もほとんど液状

オーバー・ミディアム : 黄身は半熟

オーバー・ハード -:黄身まで固焼き

私と息子はサニーサイドアップでオーバー・ミディアムが好きで、娘はサニーサイドアップでオーバー・イージー。母はターンオーバーでオーバー・ミディアム家族でも好みもいろいろです。

目玉焼きを美味しく作る焼き方のコツ


以前「ためしてガッテン」で放送されていた卵の黄身を超高級タマゴのように、とろ~り濃厚に変身させる焼き方拍子抜けするほど簡単な焼き方ですので、試す価値はありますよ。

だって、だれも失敗しようがない焼き方なんです。

超高級タマゴに変身させるコツとは

「卵を低い位置からそっと割りいれる」びっくりするほど簡単でしょ。

ためしてガッテンでは卵の黄身の中の小さな粒子「卵黄球」が衝撃が与えられると、つぶれてなくなってしまうのです。

卵黄球が割れてしまったものを加熱すると、粒子がくっついてしまって固焼きの目玉焼きはゴムのような食感になってしまうのです。

そっと低い位置から割りいれた半熟の目玉焼きはとろりとした濃厚な味わいを楽しめますよ。

卵の黄身をもっと美味しく食べる方法

卵は日が経つにつれ白身から黄身に水分が移動するため、水っぽくなってしまい濃厚さがドンドンと薄れてしまうのです。

卵の黄身の水分を飛ばすことで、産みたての濃厚な黄身に戻すことが出来るんですよ。

目玉焼きの黄身を濃厚にさせる焼き方

1・・・卵をそっと割ります

2・・・黄身と白身を分けます

3・・・黄身を先にフライパンで焼きます

4・・・白身を黄身の周辺に注いで焼きます

黄身を先に入れることで、水分が飛びやすくなります。

黄身の水分が先に飛んだことで、卵の味が濃縮されるから濃厚なタマゴの味を楽しめるのですね。

美味しい目玉焼きを焼いて食べた感想

確かに卵をそっと低い位置から割りいれた目玉焼きの黄身は美味しかったです。

でも黄身を先に焼いて、白身を注ぎ焼くのは白身の香ばしさがなく、ちょっと残念なお味でした。まあ好みの問題ですね。

自然豊かな【四国●徳島県】の安心・安全な産みたて卵を農場直送【送料無料】でお届け致します…

卵の黄身はいつくずして食べますか?

いろいろなところで話題になっている卵の黄身の食べ方。

卵の黄身を先に崩して白身や付け合せに絡めて食べる方白身を先に食べて黄身だけを最後に一口で食べる方。

黄身だけをご飯の上にかけて食べる方。

どれも正解がない?目玉焼きの食べ方ですが、多分、私のように食べる方は、ほとんどいないかもしれません

黄身の部分にお醤油をほんの少したらして、スプーンで黄身だけをすくって食べます。

家族や親族の中で、この食べ方は私だけですので、かなりの変わり者ですかね。

目玉焼きの味付け論争は延々と続く

シンプルな料理だからこそ最後の味付けにも皆さんこだわりがあるはず。

ソース・ケチャップ・しょうゆ塩・コショウ・ポン酢

目玉焼きの付け合せや、パンかごはんかでも変えて食べる目玉焼き

単純な料理だからこそ、くだらないほどのこだわりが、生まれるのかもしれません。

スポンサードリンク