大安や仏滅って本当は意味がない!六曜に振り回される冠婚葬祭

ブーケトス

大安や仏滅などの六曜を気にされる方は意外と多いものです

でも、ちゃんとした意味を知っている方は、そう多くはないかもしれませんね。

お祝い事は何がなんでも大安!

仏滅に新しい事は絶対にしない!

ときっちり決めてるご家庭もあるようですが、でも、六曜って本当に大きな意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

六曜は意外と新しい暦だった

冠婚葬祭関係のお仕事をしていると重要になってくるのは六曜です。

私も以前は六曜に振り回される仕事をしていましたので、時々異常なほど大安や仏滅などを気にされ、なかなかスケジュールが決められないお客様もいらっしゃいました

まあ~大抵このようにこだわる方は、六曜は古くからの暦だから、ちゃんと守らないといけないのよと、結婚を決めた子供さんにお話しされるのです。

でも大安だ仏滅だなどと、暦を気にして使うようになったのは実は明治時代以降。

とくに第二次世界大戦後に大流行したそうです。

明治まで使われていたのは「暦注」

昔は多くの人が暦注に従って行動していたんですけど、明治新政府が「暦注は迷信だから」と禁止そして暦注は絶滅しまいました。

でも、今まで暦を見ながら縁起かつぎをしていた人々が、突然なにも頼るものがなくなってしまったら不安になるわけです。

そこに目をつけた暦の業者が「暦注」の変わりに六曜を暦にしたのが始まり。

では、なぜ「暦注」は明治政府に禁止されたのに、六曜は禁止にならなかったのでしょうか。

信じる人が少なかったから生き残ることが出来た暦

明治時代に禁止された暦注は、日の吉凶を占うことが迷信であるとして禁止。

しかし六曜は他の暦注ほど信じられていなかったことと、七曜(日・月・火・水・木・金・土)と同じようなものとして考えられていたので、明治政府からの禁止を逃れたそうです。

冠婚葬祭と切っても切れない暦の世界

今現在使われている七曜と同じようなものだったはずなのに、しっかりと言葉の意味を持って現代社会に根付いた六曜。

大安や仏滅の意味は分かってはいるけど、他の曜はどんな意味かが分からなくって、仏滅以外の日で日程を決めようとされる方もいます。

そんな時は、六曜のご説明をさせていただくのですけど、お仕事の都合を最優先で決められてしまい、後から親御さんから慌てて、日程変更のご連絡をいただくこともあります。

まったく気にされなくても問題はない事ですけど、気になる方は気になるようですから参考までに書いておきましょう

先勝(せんかち/せんしょう)

先んずれば勝の意味で、早ければ吉。万事朝から昼までにすれば障りなしとされています。

友引(ともびき)

凶事に友を引くの意味で、午の時刻(正午頃)は特に悪く、この日の葬式は大いに忌むべしとされています。

先負(せんまけ/せんぷ)

先勝の逆で、先んずれば負けるの意味。万事朝から昼までが悪く、昼過ぎからは吉とされています。

仏滅(ぶつめつ)

仏も滅亡するような最悪の日の意味で、移転・開店をはじめ何事も忌む日とされています。

大安(たいあん)

大いに安しの意味で旅行・婚礼など万事において吉日のめでたい日とされています。

赤口(しゃっく/しゃっこう)

もともと陰陽道でいう凶日のひとつ。午後のみ吉で、それ以外は凶とされています

カシオ 電子日めくり六曜マンスリー電波時計【レビューを書くとクオカード500円分プレゼント!…

旧暦の中で順に繰り返されない日もある

六曜は毎月1日のものが決まっています。

それを基準に「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」を繰り返しているだけなのです

1月1日・7月1日…先勝

2月1日・8月1日…友引

3月1日・9月1日…先負

4月1日・10月1日…仏滅

5月1日・11月1日…大安

6月1日・12月1日…赤口

旧暦は1ヶ月が30日か29日かが一定していない暦のため、旧暦の1日に合わせるため、六曜が順番通りにならず、飛んでしまっていることもあるわけです。

自分一人じゃないから何かに頼るのも必要

六曜に振り回され過ぎるのも困ってしまいますが、今の日本では六曜を基準に物事を進める事が多いものです。

そのことに不満を感じることもあるかもしれませんが、お仕事関係や冠婚葬祭など、一人で済むことではないことは、ある程度は取り入れられた方が、物事がスムーズに動くようです。

ただ、あまりにもこだわり過ぎると日程が決められませんが、こだわりがなさすぎるのもトラブルのもとになります。

そんな私は引越しをするときは格安料金を優先するため、仏滅でもまったく気になりません。

気にしない人は気にしない暦の世界です

スポンサードリンク