パート主婦の履歴書。志望動機の書き方と面接で多く聞かれること

キーボードで入力

主婦がパートを始めるときには、皆さんそれぞれ理由があると思います。

久しぶりに書く履歴書に戸惑うこともあるのではないでしょうか?

履歴書の書き方によって、採用担当者への印象が変わります。

では、どのように書けば、よい印象をもたれるのでしょうか

スポンサードリンク

履歴書の誤字脱字、訂正、走り書きに人柄を見る

履歴書には書く項目が沢山あり、なにをどう書いたらいいのか迷うところです。

学生の頃なら、指導してくださる先生に、チェックをしてもらえましたが、主婦の履歴書を添削してくれる方はいません。

「志望動機」「学歴」「資格」など大事な項目は沢山ありますが、一番大事なのは、履歴書を丁寧に扱っているかどうかなのです。

主婦のパートだから、履歴書は適当に書けばいいはダメです

そんな気持ちで書いたものは、採用担当者に見抜かれているかもしれません。

書き間違えたら、修正テープや二重線で訂正はいけません。

必ず新しい履歴書に書き直しましょう。

時間がないからと言って走り書きなどしないようにしましょう。

文字が下手なのと、いい加減に書いた文字は、多くの履歴書を目にする採用者には、違いが分かるそうです。

たった一枚の履歴書で、仕事に対しての姿勢を見られているつもりで書くのが大事です。

主婦が願書の志望動機に「生活のため」は印象を悪くするのか?

どうしても、この会社で働きたいとか、この職種で仕事をしたい方なら、志望動機をはっきりと伝えるのに困ることはありませんよね。

ですが、多くの主婦パートの志望動機って

「生活のため」「家から近いから」「条件がいいから」

などではないでしょうか。

そんな時は、はっきりと志望動機に記入したり、面接時に答えてもいいのでしょうか?

まず、採用する側は、主婦が働きに出る理由として「生活のため」に応募したことは、ほぼ当たり前の理由としてわかっている事です。

パートの履歴書に「生活のため」と書かれていても、それが不採用の原因になることはないはずです。

だから書いても、問題はないのですが、書く理由もないと思われます。

今までの職歴から、自分はこういった事が出来ますとか、まったく違う職種であれば、その会社の仕事について自分が興味を持ったことなどを志望動機にとして準備されればいいでしょう。

家庭の主婦として仕事上、問題になる点が面接で聞かれる

家族一緒の食事

主婦パートの面接で一番重視されるのは、協調性や家庭の問題かもしれません。

私も家庭の問題については、しっかりと聞かれた覚えがあります。

パートの面接は家族に何かあった時のことをメインに聞かれます

●子供が病気になった時にどうするか?

●学校行事の時の仕事はどうするか?

●子供の長期の休みはどうするか?

●親と同居しているか?

●夫の休日に出勤は可能かどうか?

●介護する家族がいるかどうか?

●今後、妊娠する可能性はあるか?

●仕事をすることに家族はどう思っているのか?

仕事をどうしても決めたいからと、無理や、嘘を書いたり、面接で答えるのは良くありません。

職場として、頻繁に休まれたり、シフトが組みにくいのは大変困ったことです。

パートに応募する際には、自分が出来る仕事の時間帯や曜日、

家族に何かあった時には、どうするかをしっかり決めたうえで、応募をしたほうが、後々ご自分が辛い思いをせずに済みます。

パートの応募写真にも気を使いましょう。

パートやアルバイトの応募だからと、撮るときの服装に手を抜きすぎるのはいけません。

就活のようにスーツを着用する必要はありませんが、襟付きの服で撮影されたものの方が良い印象を与えます。

最近ではデジカメで簡単に撮影ができますが、スピード写真でもいいので、履歴書用の写真を準備するのがいいです。

出来たら、3か月以内に撮影したものを履歴書に貼りましょう。

くれぐれも、プリクラで撮影したものを使わないようにしましょう。たとえパートやアルバイトでも社会人ですから。

スポンサードリンク