生姜ダイエットの効果と正しい方法!体の中から温まっていますか?

毎月憂鬱な女性

最近の私が大好きなお鍋は豚しゃぶです。

タレは数種類用意

・ポン酢+ラー油+甘くないピーナッツバター

・しょうゆ麹+黒酢

・ポン酢+浅葱+すりおろしショウガ

などなど、その日の気分で決めるのです。

そんな我が家の家族全員が好きな食べ方はポン酢+浅葱+すりおろし生姜で、あっさりと食べること。

豚肉と生姜の組み合わせで、体がポカポカになると信じて食べていたのですけど、実は代謝を上げるのにやってはいけない食べ方だったのです。

スポンサードリンク

生姜を食べると基礎代謝があがる!注目のダイエット食材

豚しゃぶ
生姜の効能で世間一般的に知られているのは、体を温めてエネルギー消費量をアップさせます。

生姜を摂取すると体が温かくなり、基礎代謝が活発になるのです。

体が温かく感じるのは、お腹の中から温まっているからだそうです。

内臓の温度が1℃上がると、基礎代謝が10%以上あがるのでエネルギー消費量が増加します。

しかも嬉しい事に生姜を食べて温まった体、エネルギー代謝が高い状態が3時間も持続してくれるのです。

冷え性を治さないままのダイエットは、なかなか成功しないのですけど、生姜を食べて体の中からぽかぽかさせれば、かなり効果が期待できるというもの。

ですけど、生姜を生で食べると逆効果になってしまうのです。

生姜は加熱して食べれば体を温め、生で食べると体を冷やす

山盛りの生姜
生姜の主成分は、辛味の主成分であるジンゲロールとショウガオールの2つ!

生の生姜の辛み成分がジンゲロールは、加熱するとジンゲロールがショウガオールに変化します。

このジンゲロールには強い殺菌能力があり、お刺身の薬味などの使ったりするのも、殺菌効果によって食中毒を予防するためにも効果があることはよく知られています。

ところがジンゲロールには、体を冷やす効能も持ち合わせているんです。

生の生姜を食することで体の内部の熱を抹消血管に送り出してしまい、体を温めるどころか、内側から冷やしてしまうといから驚きです!

体を内側から冷やしてしまっては、基礎代謝が上がることはありません。

ジンゲロールの殺菌能力と体を冷やす効能は、風邪で熱があるときに食べるとウィルスや菌に対して効果を発揮してくれます。

そのため、ただ美味しく食べるではなく、目的をもって生姜を食べるのであれば、ちゃんと食べ方を変えなくてはいけません。

・風邪やインフルエンザの時には生の生姜は効果がある

・ダイエットを目的に生の生姜を食べるのなら温めて食べると効果がある

ダイエット目的で一日に生姜一欠けらを全部スライスし、蜂蜜をかけて食べてる方を知っています。

彼女がいつまでたっても体重が減らないのは、蜂蜜に問題があると思っていましたが、実は食べ方に問題があるのがよくわかりました。

ショウガオールは女性に嬉しい効果が沢山

体を冷やしてしまう生姜がダイエットに効果があると言われるのは、生姜を乾燥したり加熱した時に生産されるショウガオールの効果のためです。

・冷え性の改善

・脂肪の分解

・抗酸化作用

このようにショウガオールは美容と健康に敏感な女性には嬉しい効果が沢山あるのです。

ショウガオールはカルシトニン遺伝子関連ペプチドという物質を胃腸の部分に生成し、心臓から出る血液の拍出量を増やすします。

内臓が温まることで新陳代謝が活発になり、体中の筋肉の筋肉がほぐれ体内の血流が良くなるのです。

すると腹部の血行も良くなり、お腹の中が温まれば、お腹の調子も整い、下痢や便秘も解消してくれる効果も期待できます。

また、女性特有にの悩み生理痛も身体が温まることで緩和されるので、生姜を上手に食べることで毎月の痛みを軽くすることができそうですね。

生姜の一日摂取量の目安

生姜でダイエットや冷え性の改善、美肌を目指すのであれば1日10g程度を目安にします。

スライスしたものなら6枚、粉末にしたものなら小匙1杯程度。

生姜独特の辛み成分は、妊娠中の方や、胃腸が弱い方、小さなお子様には、摂取量は控えめにしてください。

生姜ダイエットを効果的にする方法

せっかく基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を目的に温めた生姜を摂取しても、その後、お部屋でゴロゴロではいけません。

暖かい生姜湯で身体を温めたら、30分後くらいから有酸素運動を30分以上続けると、ゆっくりでも健康的にダイエットを成功できるようです。

お腹のタップリした脂肪をなくしたい中年には健康的なダイエット法の一つですね。

毎日しょうがを食べるのが苦手だったり、調理するのが面倒ならこちらのサプリメントがおすすめですよ


>>>オーガニック生姜と鉄分配合で体の中からぽかぽか美めぐり習慣