逆流性食道炎と便秘の関係!毎日のヨーグルトで効果的に改善する

胃液が上がって気持ちが悪い

食後に続く胸焼け

年のせいで消化が悪くなったのが原因かな~とも考えるのですが、ちょっとしたことで胃液が上がってくると、もしかしたら逆流性食道炎かも?と疑ってしまいます

胸焼け、胸痛、胃もたれ、ゲップをすると酸っぱい液体が上がってきて、喉に違和感がでる・・・

こんな症状が続くときには注意が必要なようです

スポンサードリンク

その胸焼け逆流性食道炎かも?

胸焼けは逆流性食道炎の代表的な症状。

逆流性食道炎とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気ですね。

胃酸はたいへん強力で、硬いお肉でさえも溶かすことができる酸です。

強い酸に耐えられる胃では何の問題もないのですが、食道は胃酸には耐えられません。

この強い酸が食道に逆流すると、食道の粘膜を刺激して食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりするから大変!

逆流性食道炎はなぜ起こるのか

逆流性食道炎が起こる主な原因の一つとして、食道と胃のつなぎめにあたる下部食道括約筋の筋力の低下があります。

通常は、この下部食道括約筋が胃液の逆流を防いでいるんですね

人は年齢を重ねると下部食道括約筋がゆるんでしまい、胃の中のものが食道に戻ってしまうことによって胸焼けなどの症状が現れてきます。

ところが、最近では若い子にもこの病気が増えているそうで、下部食道括約筋の緩み以外の問題もあるようですね。

ストレスと食生活そして便秘もムカムカの原因

腹痛が辛い女性

食生活が欧米化し始めて、毎日お肉や油っこい食事など胃に負担がかかる食事をしていませんか?

脂肪分の多い食事をすると、十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌されます。

コレシストキニンが分泌されることで下部食道括約筋がゆるんだり、胃酸が増えたりします。

また、ストレスの多い生活を送っている方にも、逆流性食道炎で悩む方も多いそうです。

そして胃の不調と関係ない気がする便秘も胃酸が上がってくる原因です。

便秘でお腹が張っていると腹圧を上昇させるため、食道への逆流が起こりやすくなります。

片寄った食事にストレス、便秘になってしまうことで逆流性食道炎になってしまうようです。

ただの胸焼けと軽く考えない事

毎日ムカムカとしたり胃液が上がってくるのは、かなり不快な状態です。

ただ他に症状がないと、つい放置してしまったり市販の胃腸薬で様子を見たりしがちです。

放置すると潰瘍に進行してしまったり、食道がんのリスクが高くなってしまいます。

ただし、病院での治療を開始しても、毎日の食生活の見直しや便秘を改善しないと、薬で症状が楽になっても、またすぐにムカムカが戻ってきてしまいます。

胃酸を下げて便秘を解消するためにヨーグルト

逆流性食堂炎を食生活の点から見直す時には乳製品を上手に使ってみましょう

ヨーグルトや牛乳など乳製品には胃酸を下げる効果があります。

乳製品で胸焼けを解消したいのであれば、便秘の解消にも効果があるヨーグルトがおススメです。

乳酸菌の力で腸内の善玉菌を増やし、排便をスムーズにすれば腹圧が下がり胸焼けが解消されるでしょう。

ただし、ヨーグルトの菌の種類によっては胃酸に負けてしまうため腸まで届かないものもあります。

また、菌の種類によって合う合わないは個体差があります。

一月ほど食べてみて効果を感じられなければヨーグルトを変えてみることで、自分の体に合う菌を見つけることができるでしょう。

オリゴ糖をプラスすると、さらに便秘に効果がある

ところでヨーグルトって、毎日どのくらい食べたら効果があるかきになりません?

目安は、毎日一食、小さなカップのヨーグルトくらいの量を食べるのがいいそうですよ

ただし、いくら効果があるからと食べ過ぎてしまうと、また胃酸が増えてしまいますから、何事もほどほどが良いようです。

また腸内に届いた乳酸菌をより効果をあげるためには、菌のエサになるオリゴ糖を一緒に摂取するといいしょう。

便秘を改善させるためには、まずは腸内環境をよくしてあげることですが、強いストレスを感じている時にも腸内環境は悪くなってしまいます。

ヨーグルトを食べても胸焼けが改善されない時には、ストレスのもとになっているものを突き止めないといけませんね

逆流性食道炎を食生活で改善!糖質制限は本当に効果があるの?

2016.03.22

オリゴ糖で便秘解消!腸内環境に合わせて選べば効果がUP!

2016.01.29

スポンサードリンク