妊娠超初期の腹痛と下痢で赤ちゃんが心配。原因と対策を知っておこう

りんご

妊娠超初期から現れだす体調の変化の一つ下痢。

生理の前の症状としてお腹の調子を崩し、下痢を起こしてしまう女性も少なくはなく、生理前なのか妊娠超初期の症状なのか迷う場合もあります。

妊娠しなかったことで必要がないものを外に出そうとする腹痛と、妊娠したことで子宮が大きくなろうとする収縮で起きる腹痛

原因は全く違うのに痛みが似ているため、妊娠超初期であっても生理が始まると勘違いしやすいのです。

スポンサードリンク

妊娠超初期と生理前の腹痛の違いには気づきにくい

妊娠を望む女性なら生理予定日前の微妙な体調の変化は「もしかして?」と期待するものです。

今まで感じたことがないような下腹部痛があれば、普段の生活の中でも、ついお腹をかばってしまうこともあるでしょう。

下腹部が引っ張られるような痛さや、チクチクした痛みを妊娠超初期に感じる女性もいます。

もともと生理前の腹痛がひどい女性ですと、妊娠超初期の下腹部痛と生理前の症状の区別がつきにくいようです。

私も妊娠超初期に母が夢を見なかったら、下腹部痛は生理前の痛みと思い込んでいたはずです。

腹痛で妊娠しているかどうかを自己判断するのは、かなり難しい事かと思います。

妊娠超初期に下痢になるのはどうしてなのか?

妊娠超初期のお腹の悩みとして下痢があります。

これも生理直前になると下痢をしやすくなる女性がいるため、「今月も生理がくるのか~」と思い込んでしまう理由です。

では、なぜ妊娠超初期に下痢になりやすいのでしょうか

女性ホルモン「プロゲステロン」

妊娠期に大切な働きをする「プロゲステロン」が腸の運動を抑制し、腸内の水分を奪い水分バランスを不安定にすることで下痢や便秘になる

ホルモンバランスの変化で自律神経が乱れる

妊娠するとホルモンバランスが大きく変化します。

ホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れ、その結果下痢になる。

口当たりの良い食べ物や冷たいものを飲みすぎてお腹が冷える

妊娠超初期から吐き気や食の変化が出だすと、冷たいものや喉に通りやすいものばかりを食べてしまい胃腸が冷え下痢を起こしやすくなる。

また身体を大事にすることで運動不足になり、その結果血行不良が原因で体が冷えてしまい下痢になりやすい場合もあるようです。

下痢で腸が激しく動くと妊娠超初期の赤ちゃんに負担はないのか

私はもともと下痢になりやすく、妊娠超初期の時も下痢が止まらなく産婦人科で漢方薬を処方してもらっていました。

あの当時は下痢が続くと赤ちゃんを流産してしまうと、よく言われたものです。

ですが実際には下痢をすると流産するなどということはありません。

ただ、あまりにもひどい下痢が続く、いつも下腹部に緊張があり、お腹全体が冷えてくるために、やはり心配にはなるものです。

妊娠超初期の下痢対策は体に負担をかけない事です

体を冷やさないためのグッズ類

胃腸の機能が低下することで下痢になっているのなら、油っこい食事、冷たいものや生ものは避ける食事にしましょう。

食べる量はできるだけ小分けし、消化の良いものを食べると胃腸に負担がかかりません。

体を冷やさない生活を心がけることも大切な事です。

3つの首(手首・足首・首)とお腹を冷やさないようにしましょう。

風邪の予防にもなりますから、季節の変わり目などは靴下や襟付きの衣類などで、体を温めてあげることが大切です。

冷え性改善に手・足・首を温めると女性の悩みも解消できるのです

2015.01.17

私は妊娠中に下痢を起こしやすいため、毎日、薄く切った「りんご」を少しずつ食べていました。

りんごは食物繊維の一種ペクチンを多く含むため便秘にも下痢にも効果があります。

糖質が高いため妊娠中の食べすぎは注意が必要ですが、下痢をしやすいのなら薄く切ったリンゴを少しずつ食べる方法もいいですよ。

妊娠している可能性があるのなら下痢でも産婦人科で受診する

妊娠している可能性があるときには市販の下痢止めは飲まず、症状が酷いようであれば病院で受診をしてください。

妊娠したことで起きた下痢ではなく、他の病気が原因で下痢になってることもあります。

水溶性の下痢が続くときや、吐き気と腹痛がある時には、できるだけ早く受診をしてください。

また貧血の改善のために飲んでいる鉄剤が原因で下痢になってしまう女性もいます。

お腹の赤ちゃんのためにと鉄剤を飲み続けたり、自己判断で薬を飲むのを勝手に止めてしまってはいけません。必ず主治医に相談をしましょう。

スポンサードリンク