寿がきや味噌煮込みうどん。名古屋の味を土鍋で作ってピリ辛で食べる。

味噌煮込みの乾麺

名古屋名物の味噌煮込みうどん

お店で食べるのも美味しいですが、自宅で大きな土鍋に味噌煮込みを作って、家族全員でとりわけながら食べるのも美味しいのです。

各家庭の味噌煮込みうどんの味もあるでしょうが、どこの家庭にも常備されている味噌煮込みうどんが愛知県にはあるのです。

スポンサードリンク

愛知県民が大好きな寿がきやの味

味噌煮込みうどん
寿がきやの味噌煮込みうどん

乾麺で5食入りの味噌煮込みうどんは、普通にどこのお店でも売っている、この乾麺はヘタなお店の味噌煮込みうどんより、美味しいのではと個人的に思っているのです。

寿がきやの味噌煮込みうどんが大好きな私は、遠方に住む友人や知人に、何かプレゼントをするときには、必ず「寿がきやの味噌煮込みうどん」をご家族の人数分の乾麺を一緒に贈ります。

皆様に大変評判がよく、食べ終わった後にネットでまとめ買いされた方もいらっしゃいました。

寿がきやは、もともと甘味のお店からスタート。

その後、ラーメンもメニューに加わり、スーパーのフードコートにあるスガキヤで、ラーメンを食べて、クリームぜんざいを食べる。それが、愛知県身にとっては普通の事なんですよね。

味噌煮込みの乾麺

その寿がきやが作っている味噌煮込みうどん、麺はフライ麺ですので、いかにもインスタント食品の味なのですが、もともち、しこしこ感がないのに、なぜか病み付きになる味なんですよ。

少しお値段を出して本格的な味噌煮込みうどん

いつもは乾麺の味噌煮込みうどんを作って食べるのですが、たまには、生めんの味噌煮込みを食べたくなるのです。

最近は生めんの味噌煮込みうどんも、スガキヤから販売されているんですよ。

寿がきやの味噌煮込み
ちょっとだけ自宅で贅沢をしたい時には、生めんタイプを購入して、一人土鍋の中に、豚肉・卵・白菜・ネギをタップリ入れて食べるんです。

仕事の都合上、食事の時間がバラバラになりがちの我が家。お肉や野菜を準備さえしておけば、帰宅した家族が、それぞれ作って食べるのです。

お味噌汁とおかずと主食が同時に食べられる味噌煮込みうどんは、寒い夜、遅くに帰宅した体には、味噌煮込みうどんの温かさが染みるんですよね。

インスタント麺だって各家庭のレシピがあるはず

寿がきやの味噌煮込みうどんの美味しいレシピありますかと、味噌煮込みうどんを贈った方から聞かれることがあるのですが、お出しの効いた味噌煮込みには、何を入れても美味しいんです。

カロリーの事なんか気にしない、ガッツリ食べたい年齢のお子さんのいらっしゃるなら、揚げたお餅をいれると、満足感がスゴイです!

キムチに豚ばら肉、ニラをたっぷり入れれば、背中がゾクッとする風邪の引き始めにおススメですね。

ピリ辛にしたい時には、豆板醤を入れるのもありですよ!!

週に2日は味噌煮込みうどんを食べるほど好きです

週に2度以上は、寿がきやの味噌煮込みうどんを食べてる私は、乾麺タイプと生めんタイプ、その時に口が欲してる麺のタイプで決めて食べています。

今日のお昼はもっちり生めんの味噌煮込みうどん

豆板醤を入れてピリ辛にして、具はほうれん草と卵そして小エビのかき揚げ。身体がホカホカでお腹もパンパンで大満足なお昼ご飯でした。

スポンサードリンク