顔のしわ取り・ほうれい線を歯医者が治す!値段と効果はどうなのよ?

カメラを見つめる女性

女性なら誰でも気になる『顔のしわ』

本格的にどうにかしたいなら美容外科のお世話にならないといけないのかもしれませんが、なかなか思い切って頼めないものです。

ところが最近では歯科医でヒアルロン酸注射による顔のしわ取りができるそうなんですよ!!

もしもご近所の歯医者さんで気になる皺が取れるとしたら、「先生、今日はこの小じわ治してくださる」なんて気軽に言えるんですけどね。

さて、歯科医によるヒアルロン酸注射

どこの歯医者ならお願いできて?いったい幾らかかるんでしょうか?

*この記事は2014年11月他サイトで掲載していたものに加筆して掲載しています。

スポンサードリンク

歯医者さんでヒアルロン酸注射ができるのはなぜ?

女性の口元

ヒアルロン酸によるしわ取りは、一般的には美容外科医ら医師が手がける保険の利かない自由診療です。

今までは美容外科でお願いするしか方法がなかったヒアルロン酸注射ですが、最近では歯科医が海外の錠剤を個人輸入するなどして施術をするケースはふえているそうです。

輸入代行会社ウェルハートによると、2、3年前から歯科医の注文が増え始め、ゼロだった輸入希望者は今や500人近く!

同社が開く歯科医向け美容治療セミナーも、毎月開催するほど希望者が多いそうですから、歯科医の中でもかなり注目度が高いことがわかります。

歯科医での「しわ取り施術」が増えた2つの理由

美容整形外科でしわ取りをすることにためらいを感じる方でも、ご近所の歯医者さんなら気軽にお願いできそうですよね?

それにしても、なぜ歯医者さんでの「しわ取り」が急増しているのか?

それと、顔のしわ取りは、歯科の診療領域なのか、安全には問題はないのかが気になるところです

関係者が根拠としているのは、厚労省の専門家会議が1996年、歯科の診療領域の一つに「口唇」を挙げたこと。

解剖学的に口唇とは、唇だけでなく口周り全体を指すため、鼻の下やほうれい線のしわ取りも治療対象になるという解釈だそうです。

つまり、歯科で可能なしわ取りは口の周りだけに限定されるわけです。

しわ取りをする歯科医が増えた理由の1つは、これをもとに日本歯科医師会も違法行為には当たらないとしているため

そしてもう一つの大きな理由は、歯科医過剰による過当競争に勝ち抜くため、他との差別化による生き残り策のためでしょう。

先ほどの輸入代行会社ウェルハートでセミナー講師をされている講師の美容歯科医、清水洋利さんによると

「歯科治療の延長上の選択肢として希望者に行うなら問題ない。技術的にも、麻酔で日常的に注射をする歯科医には向いている」とのことです。

しかし、厚生労働省は「一般的な歯科治療ではない」と困惑、歯科医によるしわ取りの実態について情報収集を始めたそうです。

歯医者での施術は本当に安心なのか?

厚生労働省が「一般的な歯科治療ではない」と困惑した歯科医による「しわ取り」

ご近所の歯医者さんで気軽にできるとなれば気になるのは女心ですが、美容外科でしかできないと思っていたヒアルロン酸注射を歯医者さんでしてもらうのは本当に安全なんでしょうか?

この点に関しては(社)日本美容歯科医療協会による「口腔ヒアルロン治療認定医」であれば問題ないとのことですから、しわ取りをしてくれる歯科医が認定医かどうか必ずチエックをしておくのがいいでしょう。

ヒアルロン酸の持続効果と気になるお値段

美容外科にお願いするよりも気軽な歯医者さんでのしわ取りですが、値段や持続効果について違いはあるのでしょうか?

美容外科での持続効果とお値段

ヒアルロン酸注射は、顔のシワ、鼻、顎、涙袋、バストなど、様々な部位に用います。

ヒアルロン酸の種類にもよりますが、一般的には数ヶ月~数年で吸収されてなくなるといわれています。

参考:高須クリニック

ヒアルロン酸注入は使用量や種類によって、料金が変わってきます。
部位で値段が決まっている所もありますし、0.1cc単位でお値段が決まっている所、◯cc~と表記されている所もあります。

調べてみた所種類などがばらばらなのを前提としてあくまで料金だけをみると
ほうれい線の料金相場/97,685円

だいたいこのくらいの相場になるそうです。

参考:yahoo!!知恵袋

ヒアルロン酸注射は使用する量・種類そしてドクターの技術料によってお値段に差が出るそうです。

では、歯科医でのヒアルロン酸注射はどうなんでしょうか?

歯科での持続効果とお値段

歯科、ヒアルロン酸 値段 効果で調べると、かなり多くの歯医者さんがヒットしますが、効果は6~12か月と説明されているところが多いですね。

また、お値段については先ほどの美容外科と同じく量・種類そしてドクターの技術料によって値段が決まるようです。

こちらの歯医者さんの記事を参考にUPしておきましたので気になる方は一度覗いてみてください。

ヒアルロン酸注入療法は、安全かつ短時間で施術が可能。即効性があるので効果がすぐ実感できます。
1回の治療で効果は6〜12ヶ月程度持続します。(個人差があります)

今なら初回はお試し価格で1箇所40,000円(通常料金1本60,000円)!
効果が6ヶ月持続、と考えると1ヶ月あたり約7,000円

参考:エクセレント歯科クリニック

歯科と美容外科の大きな違い

持続効果にはあまり差はないものの、値段は歯科でお願いするほうが少々お値打ちな気がしますが、なんといってもヒアルロン酸注射は保険の効かない自由診療

歯科だろうが美容外科だろうが、お値段にはバラつきがあるため、どちらがお得なのかはハッキリわからないものです。

ただ、大きな違いが一つあります。

それは、歯科ではヒアルロン酸注射を口腔内からできるということです。

口腔内での注射であれば、肌表面に注射針のあとも残らないのが大きなメリットでしょう。

ヒアルロン酸注射の痛みが気になるのであれば、施術前に口腔内の麻酔をお願いすることもできます。

・どちらがより効果的か?

・効果がなくなってきた後に継続して通えるか?

・なによりもドクターが信頼できるか?

これらを考えて、どちらでお願いするを決めないといけませんね。

ほうれい線がなければ女性の顔は5歳若返る

女性の口元

年齢と共にくっきり浮かぶ口元のほうれい線

女性なら誰だって気になる場所です。

このほうれい線がないだけで確実に5才は若く見えると女性なら心の奥で必ず思っていると言っても間違いないでしょう。

私も毎日顔のマッサージをしながら、頬を引っ張り上げるたびに「う~ん、ここのたるみが解消出来たら5~6歳は若く見えるのにな~?」なんて思うものです。

このほうれい線を消すために、ヒアルロン酸をしわ部分に注射することが手っ取り早い方法でしょうが、ほうれい線を消すために数か月に一度継続してお願いするのって結構大変ですよね。

それなら毎日のお手入れに、口元の気になるほうれい線や乾燥による小じわを専用美容液をプラスしてでお手入れしてみてはどうでしょうか?

「ほうれい線」が気になっているのにヒアルロン酸注射が怖い方や、ご近所でお願いできる歯医者さんがない方には、やっぱり専用美容液でのお手入れは欠かせません。

こちらの美容液は、ほうれい線や眉間のシワにお悩みの女性に大人気の商品です。

ヒアルロン酸注射まで踏み切れないけど、ほうれい線や口元の小じわが気になる方は一度チェックしてみてくださいね!

矢印チェック今までのほうれい線対策に満足できないならサインズショット

歯医者の型取りと治療が苦手。吐き気を軽くする5つの対処方法

2016.02.11
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016