白髪を予防する6つの方法!頭皮ケアで黒髪を取り戻せ!

ベリーショートの女性

白髪って何歳頃から出てくるのでしょうか?

私はショートカットのおかげもあるんでしょうけど、白髪がそんなに目立ちません。

今まで白髪染めを使ったこともありません。

でも、同級生の中には20代後半から白髪がどっと増えてしまい、ずっと白髪染めで髪を染めている女性もいるのです。

白髪になる年齢って、かなり差があるようですけど、普通は何歳くらいで気になるほどの白さになってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

女性が白髪になる平均年齢と原因

白髪が生えてくる平均年齢はだいたい35歳前後ですが、同年齢の女性の髪を観察してみると、加齢だけが白髪になる原因ではないのがよくわかります。

白髪が生える原因は加齢だけではない

・遺伝

・生活習慣

・女性特有の問題(出産などホルモンバランスの崩れ)

・ストレス

このような問題が複雑に絡んでいるため、ある一定の年齢になれば誰でも確実に白髪になるわけではありません。

20代で白髪染めを使わないといけない女性から、還暦が過ぎても黒々とした髪の女性もいるのです。

女性には3回白髪になりやすいタイミングがある

女性は、初潮や妊娠・出産、閉経といった体に大きな変化が起きるときに、毛根の中にある「メラノサイト」にいく栄養が後回しになることで、髪に色がつかなくなり白髪になりやすいのです。

つまり、女性ホルモンの乱れが大きく白髪に影響しているのです。

加齢や遺伝、女性特有のホルモンバランスの問題はどうにもならない気がしますが、生活習慣や普段のお手入れで白髪になりやすい状況を変えることができるとしたら?

ちょっと頑張ってみたいと思いませんか?

白髪を増やしたくない!日常生活の見直しをすると髪の悩みは軽くなる

髪を染める女性

白髪を生えなくすることは無理でも、増やさないようにするのは日常できる事ばかりです。

しかも、私世代になると気になる生活習慣病を防ぐためにも必要な事ばかり

白髪を増やさず、若々しく見せることは、血行を良くして健康にも良い事ばかり

体の血行が良くなれば、抜け毛の問題も改善できるのです。

生活習慣を改善することで、少しでも白髪の本数を少なくできるはずなのです。

白髪を増やさないための6つの方法

年齢の問題はしかたがないけど、自分のちょっとした努力で白髪が増えないのなら、やってみる価値はあるというものです。

1:頭皮を柔らかくして血行を良くする

頭皮が硬くなると血行が悪くなるため「メラノサイト」に栄養が届きにくくなるのです。

目を酷使したり、大きく口をあけて笑ったりしないと、顔の表情筋がこわばって、顔と繋がっている頭皮も硬くなってしまうんです

スマホを見ている時間が多い人は、顔や目を動かすことも少ないから、頭皮はかなり固くなっているはず

頭皮を柔らかくするために育毛剤と指の腹を使って頭皮マッサージをする。

同じ姿勢を長時間続けないことが頭皮のコリを解消するためには大切です。

2:血流が良くなる食生活とサプリメント

血流が悪くなる生活習慣で一番最初に思い浮かぶのは、毎日の食事じゃないでしょうか?

仕事が忙しくって、つい外食が多くなったり、お弁当が多くなったり、野菜が少なくなったり片寄った食生活は白髪が増える原因の一つ!

髪の毛にいい亜鉛を意識的にとることは、白髪を防ぐのもですけど、健康な髪の毛を作るのにも大事なことです。

毎日の食生活だけでは補えない成分は代謝の改善や育毛促進効果があるサプリメントで上手に摂りいれましょう。

矢印チェック漢方から考える【白髪対策サプリメント】

3:睡眠不足やストレスをためない生活を心がける

睡眠不足はお肌だけではなく、髪の毛に色をつけるメラノサイトにも大敵なのです。

体はストレスを感じると、血流が悪くなるので、メラノサイトに栄養が届きにくくなりまうす。

ストレスがない生活を送るほうがいい!!と言われますけど、ストレスは、体にとってマイナスな事ばかりじゃありません。

体や心が毎日ガチガチに緊張し続けるほどのストレスは、ダメだということです

4:運動不足は髪の毛にもよくありません

髪の毛に栄養をいきわたらせるために、頭皮を柔らかくする事だけ必死になってもダメ!

体中の血流を良くすることが、頭皮や髪の毛にもいいんです。

そのためには、体を意識して動かすことは大事だと言えます。

運動が嫌いな人でも、お散歩したり、出かけ先で階段を意識して使ったり、日常生活の中で、ほんの少し意識すれば良い事ですから、誰にでもできる事ですね。

5:白髪になりたくないならタバコは吸うな

タバコを吸っている人は、なんと吸わない人の4倍も白髪になりやすいと言われています

髪の毛に真剣に栄養を送りたいのもですが、くすみのない肌を保つためにも禁煙する必要があります。

6:白髪予防のシャンプーを使って悩みを解消する

どんなに生活を改善しても、普段使っているシャンプーが毛穴詰まりの原因になってしまっていては大問題!

シャンプーの選び方も白髪、抜け毛の原因になっているそうですから、髪の悩みが気になる年齢になったら、専用のシャンプーを使ってみましょう。

haru黒髪スカルプケア

オールインワン・ノンシリコンシャンプーharuは、アミノ酸系シャンプーで頭皮ケアもできて、シャンプー1本だけだから忙しい主婦が髪のお手入れに掛ける時間も短縮できます。

しかも、定期コースだと1日あたりのコストが50円

これなら主婦が毎日のお手入れに継続して使っても、気にならないお値段ですよ。

白くなったら染めればいいや~と考えがちですが、実は白髪を染め続けると髪の毛はコシがなくなり、だんだんと薄毛になってしまうんです。

しかも、髪の毛って自分が感じているより年齢がもろに出てしまう場所です。

髪のツヤ・ボリュームも白髪と同じくらい真剣に考えてお手入れすることは必要でしょうね。

ただし、このシャンプーは白髪になってしまった髪の毛を黒髪に戻してくれるわけではありません。

どのケア方法も、一度できてしまった白髪が黒髪に自然に戻る奇跡はおきません。

これ以上、白髪を増やさないためのケアを続けることで、白髪が増えるのを防ぐのですから、やはり女性としては努力は必要だって事です

何かしら対策をしっかりしておかないと、2~3年後には見た目年齢に大きく差が出てしまうものです。

次に生えてくる髪の毛が白髪にならないように予防対策をする!

白髪が気になりだしても、あきらめず続けることで効果を感じることができるヘアケア商品です。

ノンシリコン白髪・薄毛対策のシャンプーのお得な情報は、こちらの公式サイトをチェックですよ

矢印チェック口コミサイトにもランクイン!haru黒髪スカルプ・プロ

50代女性の頭皮は臭い?気になる匂いをシャンプーで対策してみる

2016.11.05