石原さとみディアシスター美咲の病気SLEで妊娠するリスク

さわやかない木漏れ日

膠原病「全身性エリテマトーデス」

ドラマ「ディア・シスター」で石原さとみさんが演じている美咲が、この病気だったことがセリフの中に出てきたこで初めて知った病気です。

この病気、女性が発症する割合が圧倒的に多い病気で、1万人に1人くらいが発病

20~40代の女性に多くみられ、男女の比率は1:10

病気の原因に女性ホルモンが関係してるのでは?とも言われている膠原病なんです

スポンサードリンク

全身性エリテマトーデスの症状とは?

全身性エリテマトーデス(SLE)は自己免疫疾患

特徴的な症状として現れるのが、蝶型紅斑と呼ばれる頬に出来る赤い発疹全身の内臓器官の炎症

遺伝的素因を背景として、感染、性ホルモン、紫外線、薬物などの環境因子が加わって発症するのではといわれています。

全身性エリテマトーデスは日光過敏症の症状が出る

昨日、ドラマの中で石原さとみさん演じる美咲が病院に行くときに日傘を差して歩いていたのは、日航過敏症の症状を抑えるためだったのでしょうね。

また、全身の症状として、発熱、全身倦怠感、 易い疲労感、食欲不振、体重減少などの症状が、軽くなったり重くなったりを繰り返すそうです

中枢神経病変、腎障害、心肺病変、血液異常などがみられ、とくに、中枢神経病変、腎障害があると命にかかわる危険性が高くなる大変な病気なんです。

SLEの女性が妊娠・出産で悪化する確率

全身性エリテマトーデス(SLE)の女性の妊娠は様々なリスクが伴います。

リスクを乗り越え母子ともに正常な出産をされる方も決して少なくないそうです。

SLEの人が妊娠・出産をすると、3分の1から半数くらいは、分娩後、病気が悪化する可能性があり、特にSLEの活動性がある場合には妊娠中、分娩後それぞれ60%、100%と高率に悪化するそうです。

そのためSLEの活動性が無く、半年以上病気が落ち着いている時期に妊娠、出産することが望ましいそうです。

半数は症状が悪化しないとはいえ、妊娠が全身性エリテマトーデスの女性に与える影響は大きいことを考えると、女性にとっては辛い病気といえます。

ディア・シスター美咲と周囲の関係はどうかわるのか?

ディア・シスター DVD-BOX [ 石原さとみ/松下奈緒 ]

ディア・シスター DVD-BOX [ 石原さとみ/松下奈緒 ]
価格:16,416円(税込、送料込)

石原さとみさん演じる美咲の妊娠は全身性エリテマトーデスの症状が、落ち着いていた時の設定になっていますけど、難病を持っている娘を妊娠させた男性を片平なぎさ演じる母親は許せるのでしょうか?

美咲が手帳に書いてる10のリストに2,400万円貯める!があるのは子供が生まれた後、残された家族が一緒に暮らせる家を購入するお金なのか?

そしてお腹の中の赤ちゃんの父親との関係は?

どちらにしても、病状が悪化せず子供が無事に生まれる場面を観たいものです。

 

スポンサードリンク