静電気防止グッズの効果はどのくらい?冬の恐怖を軽減してくれるのか

静電気でビリビリする恐怖

空気が乾燥する季節になると静電気の恐怖がやってきます

静電気体質の私、ひどい時には水道の蛇口をひねろうとするだけで、バチッとくるから日常生活でさえも恐怖です

毎年「今年こそ除去グッズか防止グッズ買おう!」と思うものの、買った友達に効果を聞くと

「買うべきでしょう」「それなりの効果しかないわよ」と意見もいろいろで迷うのです。

スポンサードリンク

静電気防止グッズ・静電気除去グッズどれがいい?

最近では、女性が大好きな雑貨屋さんにも静電気除去グッズが沢山販売されていますね。

可愛らしいブレスレットや見ただけでは静電気除去グッズに見えない指輪もあります。

車の運転をするときにキーを差し込んだ瞬間、静電気でビックリすることもある人用の静電気対策グッズとしてキーホルダータイプやストラップなども良く見かけます。

では、いったいどれが一番効果があるのでしょうか?

説明書をよく読んでみると、静電気を空気中に優しく放電します。と書かれていますよね。

静電気体質の私にとって、別に優しく放電なんかしなくてもいいから、静電気がどれだけ防止できるかに重点を置きたいわけです。

小さな静電気グッズを見ていると、体に溜まった電気を一度に沢山放電するには、面積が狭すぎるのでないかとそんな変な心配もしてしまいます。

過剰な期待はしない!使わないより使ったほうがましレベル

恐怖におびえる女性

静電気除去ブレスレットや指輪みたいに少ない面積で、じわじわと静電気を空気中に優しく放電しますでは体の中に溜まった静電気を全部出し切ることは無理

つまり「つけないより、つけたほうがましだわ」レベルなんです。

こういったグッズは、静電気の除去を期待するより静電気の「バチッ」としたショックを、和らげてくれるものだと思って購入するのが一番いいみたいですね

静電気除去ブレスレットの正しい使い方

静電気の恐怖を多少和らげてくれるグッズですが、時々正しい装着方法をされていない人を見かけます。

静電気除去ブレスレットや小物類は直接肌に触れる場所につけないといけません。

なのにブレスレットを衣服の上ににつけていらっしゃる方は、静電気のバチッとする恐怖に効果はあるのでしょうか?

静電気体質を改善する方法とビリッとこない工夫

グッズ類で冬の恐怖を改善するのは少々しか効果がないのなら、体質を変えてしまえばいいのです。

動物性タンパク質の摂り過ぎに気を付けることで静電気体質を改善できるそうです。

また、日常の行動でビリッとする瞬間を減らしてあげることもできます

乾燥した空気の中、摩擦が起これば自然に発生する静電気は衣類を脱ぐときにも恐怖ですよね。

衣類は素材の組み合わせによって静電気を発生しやすくなります。

組み合わせを考えて着用すればビリッとする頻度を下げることができますが、お洒落を楽しみたい女性にはなかなか難しいものです。

このような場合は静電気防止スプレーを着用前にスプレーしておけば、放電面積が広いので衣類を脱ぐときに怖い思いをせずに済むでしょう。

また、車やドアを触れる前には金属ではないものに先に触れ、電しておくのが一番手っ取り早い対策ですよ。

私は車に乗る前に必ず地面に手のひらをつけて、放電してからドアをあけます。

玄関に鍵を差し込む前にも、地面に放電してから差し込みます。

うっかり忘れてしまうと、鍵を差し込んだ瞬間静電気の光にビックリしてしまうのです。

室内での静電気防止には部屋を加湿しておくと効果があります。

グッズ類に頼っても冬の恐怖はなくならない

自力で放電することもしないと超静電気体質の人は恐怖は0になりません。

あくまでもグッズ類はビリッとくる瞬間を軽くしてくれるものと思っていた方がよさそうですよ

スポンサードリンク