老眼は回復できるの?老眼の予防や改善に役立つ5つの方法

目が疲れないための方法

自分の目が老眼になっていくのって簡単に受け入れることできますか?

女性は更年期が始まる頃に目の老化も感じるようになるため、なかなか素直に受け入れることが出来ないようです。

私が老眼の症状に気が付いたのは40代前半。

仕事で花嫁の衣装合わせ中、仮止めのピンをさす時にピントが合わなくなりました。

お客様の身体に傷をつけてしまう怖さから、大急ぎで遠近両用メガネを作り仕事での問題は解決しました。

しかし、家族からは早くから老眼にあわせたメガネを使うと、老眼が早く進むんじゃないの?と心配をされたのです。

昔からよく聞く「老眼鏡をかけると老眼が進む」は。本当なのでしょうか?

もし本当なら何歳から老眼鏡を使いだすのが正しいのでしょうか?

老眼は40歳から始まり何歳まで症状が進むの?

老眼は目の水晶体の弾性が低下することと、水晶体を伸縮させている「毛様体筋」の働きが低下することで、目のピントが合わせることが困難になり起きます。

手元30センチくらいを見るのに必要な弾性が維持できにくくなるのは、加齢によるこれらが原因になっているのです。

老眼はどんなに見た目年齢が若い人でも、ほぼ同じ年齢で起きます。

個人差があるものの老眼は早い人で40歳くらいから始まりだします

ただし、老眼は加齢と共にどんどんと進行するわけではなく、60歳くらいにはほぼ止まるのです。

老眼を回復させることはできるの?

現代の40歳は心身ともに若々しい人が多く、自分の体に起きる目の老化を信じられ無い人もいるはずです。

そのため目のピントが合わなくなってきても、まだまだ老眼になっていないと老眼鏡を使わず日常生活を送る方も多いはずです。

また、仕事で目を酷使されている方ですと、眼精疲労から目のピントが合いにくくなったと考える方もいます。

しかし、どんなに自分はまだまだ若いと思っていても、さすがに45歳くらいになると新聞や本、針に糸を通すのが難しくなり、老眼になってきたことを認め始めるんですよね。

そして残念なことに老眼が始まれば進行を止めることも、回復させることもできません。

老眼鏡の選び方と使いだすタイミング

遠近・中近両用メガネ

仕事、日常生活、シーンに合わせてメガネを変える毎日

私は40歳前半から遠近両用メガネを使いだしましたが、

老眼鏡を使いだすと早く老眼が進むと信じ、50歳過ぎても老眼鏡を購入していない友人もいます。

しかし、一緒に食事のメニューを見ている時も、目を細め、読みづらそうにしている姿を見ていると、年齢に逆らわず素直に老眼鏡を使えばいいのにと思うんですよね。

無理やり目を細めてできる目元や眉間のシワをみていると、素直に老化を認めたら?

なんて話してみるのですが、今日も目を細めてスタバのメニューと睨めっこしていました。

老眼鏡や遠近両用メガネなど、何歳くらいで使用し始めればいいのでしょうか?

老眼は老眼鏡を使用したからといって進行が早まるわけではありません。

メガネの装用が早くても遅くても、進行は変わらないそうです。

かえって目のピントが合わないまま我慢して物を見る生活のほうが、目の負担を増やし老眼を早めてしまうのです。

目の負担が増えることで肩こりや頭痛に悩まされる人もいます。

とくに女性は、更年期と老眼が始まる年齢が重なり、更年期障害による頭痛や体の倦怠感だと思っていたものが、度があう老眼鏡を装用したあとに改善される人もいるそうですよ。

また、老眼は40代から始まり、約20年ほどかけて徐々に老眼が進行するのですから、同じ度のままでは見えづらくなってきます。

体に負担をかけないためには、老眼の進行が止まるまでに3~4回ほど度を変える必要があります。

とくに長時間のパソコン作業や、細かい作業が多い方は、仕事内容に合わせた老眼鏡を使い分けることをおすすめします。

  • 老眼かな?気が付いたら素直に老眼鏡を作る
  • 老眼の進行にあわせ、老眼鏡の度数を変えていく
  • 体に負担をかけないためには、老眼鏡・遠近両用・中近両用など使うシーンで変える。

少し面倒かもしれませんが、これだけで頭痛や肩こりで悩む回数がグッと減らすことができますよ。

 老眼の進行を遅らせる5つの方法

ピントが合わないメガネ

どんなに若々しい人でも加齢による老眼をストップさせることはできませんが、できるだけ目の老化を遅らせたいと思うものです。

老眼の進行をできるだけ遅らせるために、自分でできる5つの方法を実践しましょう!

1・目の血行を良くするトレーニング

凝り固まった「毛様体筋」をほぐす前の準備運動として、目の血行を促進しておきましょう。

1・目をギュッと固く閉じる

2・目を大きくパッと見開く

これを交互に3~5回行いましょう。

目を閉じる、見開くの動作は、かなり大げさなくらいすると効果が高くなります。

2・目のピントを合わせる遠近トレーニング

1・目の前に人差し指を一本立て、指先を見つめ3秒かぞえます。

2・次に、2~3m先の物を見てピントを合わせ、3秒数えます。

これを交互に10回ほど繰り返します。

3・紫外線やブルーライトの光から目を守る

水晶体の弾力を奪う紫外線やブルーライトから目をしっかり守ることは、白内障や加齢黄斑変性の予防のためにも必要です。

色の濃いサングラスよりも色の薄いサングラスでUVをしっかりカット。

パソコン作業が多い方はブルーライト対策のためのメガネを装用しましょう。

目によいサプリメントを選ぶときには、紫外線やブルーライトなどの刺激から目を守ってくれるルテイン配合のものを選んでください。

また、最近ではスマホの長時間使用によるスマホ老眼も問題になっています。

PCよりもブルーライトの影響が強いスマホの長時間使用は避けましょう。

加齢黄斑変性が原因で失明!自宅でできるチエック方法と予防法

2016.03.25

4・自分の視力にあったメガネを装用する

ピントが合わない状態のままで物を見ようとすることで目は疲れてしまいます。

これも老眼の進行を早める原因ですので、自分の視力にあったメガネを作りましょう。

目の老化についての3つのポイント

ポイント老眼の進行を遅らせるための重要なポイントは3つです。

1・眼精疲労をため込まない。

2・バランスの良い食生活と目に良い成分が配合されたサプリメントで目を守る

3・加齢を素直に認めてメガネでピント調整をする

この3つはどれも日常生活で意識すればできる事ばかりですね。

視力低下や目のピントが気になったら選びたいサプリメント

目のサプリメント「えんきん」「めなり」比較

老眼に効く目に良いサプリメントはどんな成分に注目して選んでいいのか?調べてみました。

矢印チェック老眼の症状を緩和してくれるサプリメント比較ランキング!

ルテインやアントシアニン配合量と吸収量に注目

毎日の食事でも加齢による老眼の症状を緩やかにしたり、目の病気の予防対策をすることができます。

  • 緑黄色野菜に含まれるルテイン
  • ブルーベリーなどのベリー類に含まれるアントシアニン
  • 青魚に多く含まれるDHA

これらの成分が多く含まれる食品を意識し、バランスよく摂取することが大切ですが、なかなか毎日となると難しいものです。

加齢による目の病気の予防のためにも、普段の食生活で不足市がちな栄養成分は、サプリメントで補うことも必要になってきます。

最近注目されているルテインは、白内障や加齢黄斑変性の予防できる成分として注目されています。

紫外線やブルーライトなどの強い光から目を守ってくれる「天然のサングラス」と呼ばれているルテインは、老眼が気になる年代ではぜひ摂取したい栄養素です。

体内にもとからあるルテインは加齢ともに減少し体内で合成できません。

そのため食事やサプリメントでしっかり摂取しないといけないのです。

また、ルテインをより効率的に体内に摂りこむためには、ベリー類に含まれるアントシアニンと一緒に摂取する必要があります。

老眼の進行を少しでも緩やかにしたい!

加齢による目の悩みをしっかりとケアしたい!

そんな年代の方におすすめなのがビルベリーとルテインが配合されためなりです。

配合量が業界トップクラスなのも魅力的ですが、なによりも飲んだ後の実感力がダントツです!

少しでも老眼による眼精疲労を軽くしたい、目の病気のリスクを減らしたいとお考えでしたら、こちらのサプリメントをおすすめします。

矢印チェックめなり

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016