バラの花束で告白するなら花色と本数で意味が違うの知っておこう

真っ赤なバラ

誕生日・ホワイトデープロポーズ・結婚記念日

男性が女性にプレゼントと言えば、真っ赤なバラの花束を思い浮かべる方いませんか?

男性は女性よりロマンチストですから、ここ一番と言った場面では、100本のバラの花束を計画されたこともあるかもしれません。

でも、バラには沢山の花言葉と、贈る本数によって意味がありますから、バラの花言葉や意味に詳しい女性に贈るときには、相手を怒らせてしまわないように、注意が必要です。

スポンサードリンク

バラの花と聞いて思い浮かぶ花言葉は情熱ですか?

紫色のバラ

バラを贈る=真っ赤なバラ

バラの花言葉=情熱

このイメージが強いからか、バラの花束を赤!と決めてしまう方もいますが、バラの花は色ごとに意味が違います。

贈る相手に合わせて、まずは色を選んでみましょう。

赤・・・愛情・情熱・美・あなたを愛する

ピンク・・・しとやか・上品・気品・感謝・温かい心愛の誓い・かわいい人

オレンジ・・・無邪気・絆・健やか・信頼

黄色・・・友情・献身・嫉妬・愛の告白・不貞

黄色のつぼみ・・・笑って別れましょう

白いバラ・・・純潔・清純・心からの尊敬

白いつぼみ・・・恋をするには若すぎる・処女の心

緑・・・穏やか・あなたは希望を持ちえる

青・・・夢かなう・神の祝福・奇跡

虹・・・無限の可能性

贈る女性が好きな色でも、贈ってしまう間違いだった怒らせてしまった。そんな事がないように注意が必要です。

バラの花束は本数が多ければいいものではありません

100本のバラ

大事なシーンで贈るバラの花束

つい、沢山、ゴージャスに贈りたくなりますが、本数によって意味も違いますから、愛の告白、プロポーズ、感謝のシーンなど、贈る場面に相応しい本数を用意しましょう。

相手に伝えたい気持ちに合わせて本数を決めましょう

1本・・一目惚れ
2本・・この世界は私とあなただけ
3本・・告白・愛しています
4本・・死ぬまで気持ちは変わらない
5本・・(あなたに出会えて)心から嬉しい
6本・・お互いに敬い、愛し、分かり合おう
7本・・密かな愛
8本・・あなたの思いやりに感謝します
9本・・いつも一緒にいよう
10本・・かわいい、完璧だ
11本・・最愛
12本・・つきあってください
15本・・永遠の友情
20本・・感謝
21本・・君だけに尽くす
24本・・一日中いつも思っています
40本・・真実の愛
44本・・変わらぬ愛を誓う
99本・・永遠の愛
108本・・結婚して下さい
365本・・毎日恋しくてたまらない
999本・・何度生まれ変わってもまた貴方を愛します

愛の告白には3本

プロポーズなら108本

母に感謝を伝えるのなら11本

バラの本数に意味をつけたのは誰なんでしょうか?
999本のバラを贈られて嬉しい女性っているのかは疑問ですよ。

バラ 花束(バラの花束)を誕生日 還暦 バレンタイン お祝い(御祝い)退職祝い(退職 送別)のプレゼ…

バラを大事なシーンで贈るのなら本数・色・相手の方のイメージで選ぶ

深紅のバラ

素敵な花言葉に贈るシーンに相応しい本数でも一番大事なのは、贈る相手のイメージを心に描いてバラの花を選ぶことです。

最近、若い女性には淡い色合いのバラの花束が人気です。

30代~40代の女性には、少しシックな色合いのバラの花束

50代~でしたら、定番の赤いバラが人気が高いようです。

日本の男性は花を贈ることに照れくささを感じることもあるでしょう。

せっかく、思い切ってバラの花束を贈るのでしたら、相手が笑顔になるように贈りたいものです。

★シンプルに思いを伝えるスタイリッシュギフトレビュー記入で期間限定★送料無料の2037円★あ…

バラ100本の花束プレゼントされたら女性は本当に感動するの?

2015.02.06

スポンサードリンク