クリスマスツリー簡単リボンの作り方とオーナメントの素敵な飾り方

クリスマスの素敵な飾り付け

11月も半ばになると、クリスマスツリーを目にすることが多くなります。

お店のディスプレイで飾られたクリスマスツリーは、どれも素敵でつい同じオーナメントを買ってしまうのです。

私がクリスマスツリーの飾りつけをすると、なぜかぼってとした感じに仕上がってしまうんですね。

でも、ちょっとしたコツさえつかめば、お洒落なクリスマスツリーを楽しめるみたいですよ

スポンサードリンク

クリスマスツリーに沢山の色を使わない

毎年、つい購入してしまうオーナメント

クリスマスツリーの飾りつけが上手に出来ないのは、オーナメントの数が足らないのでは?と思って、ドンドンと足していくのが間違いだったのです。

お洒落な人が洋服を選ぶときに、引き算していくのと同じ要領で、クリスマスツリーの飾りも足し算ではなく、引き算で選ばないといけません。

オーナメントの色を統一させる

色を選ぶセンスに自信がないなら、とにかく同じ色、同系色のオーナメントを選べば失敗はない

相性の良い色を組み合わせる

といっても、クリスマスカラーはどの組み合わせでも間違いない

でも使い過ぎると、子供っぽいクリスマスツリーになる恐れありですから、お洒落に飾るなら、2~3色で選ぶ

ゴールドとホワイトの組み合わせは素敵ですよね。

ツリーのコンセプトを決めると色も決まる

毎年素敵なオーナメントを見ると、つい買ってしまって、いろんな飾りだらけになってしまうことありませんか?

もしも追加でオーナメントを購入したいときは、どんなイメージで作りたいか、クリスマスツリーのコンセプトを決めておけば、ちぐはぐな飾りにはなりません。

オーナメントの種類で統一

おもちゃ・お菓子・ボールなど同じ意味合いのもので統一するとコンセプトを決めやすい

オーナメントの素材・質感を統一

つい色々なものを飾りたくなるけど、素材や質感を揃えれば、それだけでお洒落です。

ツリーに配置する飾りの場所でお洒落な感じがでる

好きなところに、好きなオーナメントを飾ってしまうと、バランスが取れなくなってしまいます。

なんだか落ち着きのないクリスマスツリーになってしまうので注意が必要です。

オーナメントの大きさで飾る位置を決める

どっしりとした安定感あるクリスマスツリーにするためには、ツリーの下の方に大きな飾りをツリーの上の方には小さな飾り

ライトの位置とオーナメントの微妙な関係

透明、半透明のオーナメントはうしろにライト、反射するオーナメントは、すぐ近くにライト

ライトの場所、意外と気にしてないこともあるからこれに気をつけるだけで、かなり違ってきます。

オーナメントの飾りつけはバランスによってイメージ変わる

クリスマスツリー全体にオーナメントを平均的に配置させる方法が、一番失敗がなく安定感もあります。

飾りつけ上級者の方なら、わざとバランスを崩してみるのも素敵ですが、かなり難しいのでご自分のセンスに自信のある方だけにしておきましょう。

あらゆる飾りと相性がいいリボンブライトスノーリボン(Aタイプ)【クリスマス オーナメント 飾…

リボン飾りはツリーのコンセプトに合わせて

クリスマスツリーのトップにリボンを飾るとかなり華やかになりますが、なかなか自宅のクリスマスの飾りつけと、合うものがないんですよね。

包装用品を扱っているお店などには、このシーズンになると幅広のリボンも沢山売り場に並んでるので、ぜひ動画を参考に作ってみてください。

今年こそ、娘に「お母さんのツリーの飾り方ヘタ!」と言われないように私も頑張ってみます

 

スポンサードリンク