はじめてのおつかいでクレーム。親バカの気持ちを考えてみた

お出かけの準備中

いつの間にかご長寿番組になってしまった

「はじめてのおつかい」

1991年の放送から楽しく観ているのですけど、「はじめてのおつかい」で検索すると、クレームとセットになって出てきます。

2010年に放送された内容で、ソフトクリームの代金について結構なクレームがあったようですね。

買い物でお金が足りなくなったら、近くにいる大人にお金を貰えば好きな物が買える!!

番組とはいえ、子供が変なこと覚えないといいのにね~などと、いらない心配をしたものです。

お金を貰うようにいったお店の人もですけど、スタッフの方も簡単に渡してはいけなと世間のクレームにも納得できる場面でした。

まあ、そんなクレームがあったものの、子供が大きく成長する姿を見るのは、とっても楽しいものです。

スポンサードリンク

はじめてのおつかいを我が子にさせたい

我が家の子供が小さいころ、この番組を見て、

「ぼくもできる!!」

などと言い出したものですから、子供に「はじめてのおつかい」をさせてみたのです。

字の読めない子供に念のためお買い物のリストをもたせ、お財布をリュックに入れ「いってらっしゃい」と送り出した後、

大急ぎで隠れるようにして子供の後をつけました。

時間はたっぷりかかりましたけど、頼んだ買い物すべて購入し、嬉しそうな顔をして帰宅した姿は、親として誇らしくもありました。

しかし、これ以降、子供だけでの買い物は小学生になるまで我が家では禁止にしたのです。

子供は突然とんでもない行動をする

階段を駆け上がる子供

いつも親と一緒に買い物に行く近所の小さなスーパーでも子供にとっては大冒険です。

大はしゃぎしながら歩く姿に、親はハラハラしてましたけど、ちょっと田舎のいいところは、子供が一人で歩いていると、ご近所さんが子供に話しかけてくれることです。

そのたびに、子供は「一人でおつかいなの♪」って、嬉しそうに答えるんですね。

もう少しで目的のスーパーってところで、大通りをいきなり突っ切ろうと走り出しました。

この瞬間、少し離れた場所で見ていた私は血の気が引きました。

ありがたいことに、子供の近くに立っていたご近所のおじさんが止めてくれたおかげで、事故にはならなかったのです。

でも、あの怖さを二度と味わいたくなくって、子供が自分だけで買い物に行けるよ!!といっても小学校入学までは禁止にしたのです。

よそ様の子が出来るなら我が子だってできる!

「あのくらいなら、我が子だってできるわ」

「はじめてのおつかい」を見てると、つい親として思ってしまいます

番組上、スタッフさんが沢山お子さんを囲んでの撮影でも、あっちふらふら、こっちふらふらと、歩くお子さんの姿にハラハラしているのに、

「自分の子は大丈夫よね!」

なんて思うのが親バカなのかもしれません。

そんな親馬鹿な私は我が子に期待をして、おつかいをさせ、事故が起きてもおかしくない状況を目にし、初めて子供だけでのおつかいの危険性がわかったのです。

子供の成長には冒険は必要だけど危険は避けるべきです

子供の成長には冒険は確かに必要です。

危険だと思うことでも、させないと子供は成長できないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

でも、いつかは勝手に一人で買い物に行くようになります。

手をつないで一緒に歩けるうちに、危険な事をちゃんと教えているつもりでも、子供は突然何をするかわからないものです。

ハラハラした我が子の「はじめてのおつかい」も、買い物袋を抱えて帰ってきた姿を見たら、親として大感動しましたが、胃の痛い思いもした時間でした。

番組の中で、子供さんの行動にクレームを出してしまう気持ちもわかりますが、事故もなく無事に帰宅できたのですから大目に見てあげてもいいかなと思いつつ

やっぱり非常識すぎる行動をした子供達のお使い場面を、そのまま放送してしまうのは納得できないものです。

スポンサードリンク