オロナイン鼻パックで毛穴ケア!かなり危険なの知っていますか?

小鼻のお手入れ

今年になって、我が家の娘が始めだしたのは、最近、ネットでも話題になっている「毛穴の開きを治すオロナイン鼻パック!」

鼻にオロナインを塗って数分放置するだけで、つるつるの鼻になるのですから驚きです!

オロナインといえば、大抵の家庭に常備薬として置いてあり、ちょっとしたすり傷や切り傷、吹き出物から痔まで、なんでもに使える塗り薬ですよね。

そんな家庭薬のオロナインですから、パックとして使っても安心だと思うんですけど、気になるのは肌トラブル

本当に何も問題はないんでしょうか?

スポンサードリンク

角栓パックを使った後、毛穴が開いて鼻痒くなりませんか?

貼るタイプの角栓パックを使った後、鼻がもげるほど痒くなることありませんか?

この痒みの原因は、鼻パックを剥がした後に、化粧水や冷水で開いた毛穴を引き締めなかったこと

敏感肌なのに角栓をしっかり取りたくって、説明書に書かれている時間より長く使用してしまうと、剥がす時に潤いを保つために必要な皮脂や、角質まで剥ぎ取ってしまい痒みがでるのです。

また角栓を取った後、急激に毛穴が広がってしまって雑菌が入り込んでしまい、痒みにつながっている可能性もあるようです。

オロナインパックで角栓を取った後に鼻は痒くならないの?

気になる小鼻ケア

最近はやりのオロナインパックの方法で、何のトラブルもないかといえばそうでもないようです。

角栓毛穴シートと同じようにパック終了後にきちんとお手入れをしないと、毛穴が開いたままになってしまいます。

角栓パックによって必要な皮脂を失うと、肌の潤いを補おうと皮脂が過剰に分泌され毛穴を広げる原因となります。

何度もこの状態を繰り返すと毛穴はドンドンと開いてしまい、黒ずみが目立つイチゴ鼻になってしまいます。

結局、どんな方法で角栓を取っても、やり方を間違えたり使用後のケアを怠ると、角栓パックシートと同じトラブルは出るのです。

それなら正しい方法であればオロナインパックは危険ではないのでしょうか

オロナイン毛穴パック正しい方法は最後のケアも忘れない!

1・ぬるま湯でよく洗顔する

2・オロナイン軟膏を少し厚めに塗って10分放置

3・その後もう一度ぬるま湯でオロナインのぬるぬるを洗い流す

4・シートタイプの毛穴パックを所定の時間貼って放置

5・毛穴パックをゆっくりとはがす

6・冷水・化粧水でしっかりお手入れをする

この方法で娘の鼻は角栓がないつるつるの鼻になりました。

ずぼらな母親と違い、彼女はこの後、冷水と化粧水で開いた毛穴をしっかりと引き締めていたからでしょうか?

私のように鼻がもげそうに痒がることはありませんでした。

つまり、やり方さえ間違えなければ毛穴が開きっぱなしにならず、イチゴ鼻になってしまうことはないのです。

実際、きれいになった娘の鼻をみると、肌に負担はかかっていないような気もします、

でも、毛穴をしっかり引き締めおけば、本当に危険はないんでしょうか?

炭酸水洗顔は美肌に効果なし?間違ったケア方法していませんか?

2015.08.06

家庭薬でのパックはやり方を間違えると皮膚の炎症やかぶれの原因になる

オロナインを使っての角栓パックは、とても簡単ですので、つい週に何度もやりたくなりますよね、

でも、頻繁にパックをすると角栓どころか、大事な皮脂や皮膚までめくってしまいます。

また、肌がキレイになると思い込んで、鼻以外の場所にオロナインを塗るのはやめましょう。

オロナインは傷などに使う家庭薬です。

消毒や殺菌の特性を持つ薬を何度も使用

皮脂分の少ない場所に使用する

このような使い方をすると、肌が乾燥して炎症やかぶれなどのトラブルで悩むことになるのです

もし、オロナインパックを試したいときには、

パック後の処置をしっかりする。

皮脂分の少ない場所に使用しない。

繰り返し何度もパックをしない。

オロナインパックの仕方を間違えて、鼻の周りが赤くなってしまわないように正しい方法で行ってください。

乾燥肌や敏感肌には絶対におすすめできないのです

勘違いしている毛穴ケア

キレイになると噂が大きければ、ついやってみたくはなりますが、使い方を間違えると肌に負担がかかるんですよね。

鼻だけのつもりでも、ちょっとだけ範囲を広げてオロナインを塗ってしまえば、鼻から頬にかけて、赤くカサカサになる可能性は大きいです。

また、何度も繰り返しオロナインで鼻パックを繰り返してしまうと、鼻の皮膚が薄くなりテカテカの赤鼻になることもあるのです。

これは、健康な肌の女性にも起きるトラブルですから、乾燥肌や敏感肌などのトラブルに悩む女性には、決しておすすめできる毛穴ケアでないはずです。

それでも、オロナインパックをしたい時には、くれぐれも自己責任でお試しくださいね

やっぱり危険なオロナイン鼻パック

娘は、オロナインを使った鼻パックで毛穴の汚れが取れ、その後、肌のトラブルもなかったことで、ひと月に2~3回していました。

でも、ここで問題が大発生!!

母親がネットで検索して、鼻以外には塗るな!やりすぎるな!と散々注意をしたのに、生理前に出来た鼻のニキビ跡に、オロナイン鼻パックしたんです。

鼻のてっぺん、鼻と頬の境目にできたニキビ後の黒ずみ

どうにかしようと必死になり、オロナインをしっかりと塗ってしまった結果、

鼻の周辺が変にテカテカして、痒みが止まらなくなってしまいました。

オロナインはスキンケア用品ではありません

殺菌力のあるオロナインを傷のない場所に使うことで、鼻の周辺の常在菌までいなくなり、反対にニキビができやすくなってしまいます

消毒効果の強いオロナインでパックを続けると、皮膚細胞がめくれてしまい、見た目にはつるつるの鼻になったように見えます。

でも、これに気を良くして、何度も繰り返すと、鼻だけテカテカにビニールみたいな状態になってしまう恐れがあります

小鼻の黒ずみは無理やり取るのは肌には優しくない

まだ20代の娘は、朝メイクをするたびに、ファンデーションを塗っても消せない毛穴の黒ずみや、ぶつぶつが気になってしかたがありません。

ニキビをどうにかしたい!

すぐに小鼻の黒ずみを消したい!

角栓が溜まると、鼻が凸凹する!

どうにかしたい気持ちから、ネットで検索したり、友達の間で流行っている「オロナイン鼻パック」に手を出してしまうのも、女親としては理解もできます

でも、オロナイン鼻パックのやりすぎで、鼻の周辺がパック前よりひどい状態になったからといって、ギャンギャンと朝から騒ぎ立てるのは勘弁してもらいたいものです。

毛穴の汚れを毎日の正しいお手入れでしっかり取ってしまえば角栓はできないものです。

tnm毛穴の汚れをしっかり取ってくれる洗顔石鹸を使って正しい洗顔方法を実践する

tnm無理やり小鼻の毛穴を引っぺがすタイプのパックは使わない!

マメなお手入れや正しいお手入れさえしていれば、皮膚を剥がしてしまうこともないわけです!

小鼻だけつるつるになって喜ぶのか?

顔全体の毛穴問題を解決して、陶器のような滑らかなお肌を目指すのか?

どちらが素肌美人になれるか想像するのは簡単なことです。

無理やり毛穴を広げない正しいお手入れ方法で、ギャーギャー騒ぐ娘の顔をつるつるにしてほしいものです。

泥洗顔料クリーミューで敏感肌が毛穴ケア!濃密泡口コミ体験談

2016.07.11

矢印チェック【!初回970円!】毛穴・キメ整えに実感できる「ソワン」



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016