大塚家具の内紛は嫌われる?婚礼家具の売上が減る可能性はあるのだろうか

豪華な家具

大塚家具の泥沼内紛で、父と娘が争う姿は、大塚家具の経営混乱を世間にさらけ出してしまいました。

この騒ぎでイメージの悪化による顧客離れが心配されているそうです。

職人気質の大塚勝久会長は、自分の築き上げた経営方針に絶対的な自信があり現代才女の長女、大塚久美子社長は父親の経営方針を頭から否定

さて、このような内紛状態が続く家具屋で、新生活の家具を揃えたいでしょうか

スポンサードリンク

一点豪華主義のタイプにはありがたい経営方針

大塚家具といえば、店舗入り口で名前や住所を記入し登録後、担当店員が店内をついて回る接客販売で「まとめ買い」を促すので、大変有名な家具屋さんです。

しかし、大塚久美子社長になってから、この接客方法はなくなり、誰でも気軽に見て、購入できるカジュアル路線に変更

久美子社長になってから、大塚家具の広告を良く目にするようになり、

大塚家具=購入しにくい

から

大塚家具=高級家具一点買いOK

そんなイメージになったおかげで、高い家具を一点だけ頑張って購入してみたいときには、

大塚家具も見てみる?

そんな風に気軽に入れる家具屋さんになったと感じます。

家具屋にとって婚礼家具の販売は大きな利益を得るチャンス!

シンプルな部屋

私の住む愛知県は婚礼家具が豪華で知られている土地柄です。

娘の嫁入りにお金をかける親にとって、大塚家具のように担当がしっかりとつき、まとめ買いを促すスタイルは親としてはありがたかったかもしれません。

嫁入りの娘に用意する家具といえば

●婚礼家具3点セット

●和ダンス・洋服ダンス・整理ダンス

●食器棚

●食卓テーブル

これらを家具屋で、すべてセットにして購入

新居のスタイルによっては、ベッドやテレビ台、カーテンなども購入します。

愛知県民が同じ家具屋で婚礼家具をまとめ買いする理由

同じ家具屋でまとめ買いする理由は、婚礼家具一式を運べる婚礼用のトラックを家具屋さんが準備してくれるかならんですね。

婚礼家具はセット購入のため家具屋にとっては大きな利益があるのは間違いがありません。

最近の名古屋では、私が結婚したころよりも婚礼準備が派手ではなくなりましたが、それでも大きな利益をもたらす事には変わりがないでしょう。

婚礼のおめでたい買い物にケチがつくのは避けたい親心

婚礼家具を新居に運ぶ際にも、かなり気を使うものです。

名古屋方式であれば、購入した婚礼用品は、一旦、日柄の良い日にお嫁さんの実家に運びます。

そして、ご近所さんなどへのお披露目がすむと、また日柄の良い日を選んで、新居に運び入れます。

この時に、婚礼用品を運ぶトラックの運転手さんに、ご祝儀袋を準備し渡しておきます。

これは、婚礼用品を運んでいる車が、途中対向車などに出会い、車をバックすることがないようにするためです。

対向車の方に下がっていただくため、このご祝儀袋を渡しながら、とにかく新居をめざし進みます。

荷物の運び入れにさえ、下がる、戻るなどを気にする土地柄

購入する家具屋が御家騒動ともなれば、大切な娘が将来なんらかの騒動に、巻き込まれるのではと・・・親としては考えてしまいますね。

春から秋にかけては、婚礼家具の需要も伸びる時期に、このお家騒動では、大塚家具にとってはさらなる売上の減少につながってしまう可能性もあるかもしれません。

気に入る家具をじっくり選びたいときに担当者は不要です

高級なものを購入するとき、下見の時から担当者について歩かれるのを好むかたもいらっしゃいます。

・お店の方に大事にされている

・特別感を味わえる

そのような方にはありがたい販売方法も最近では有難迷惑ととらえる方がいます。

私もその中の一人で、必要であればこちらから店員さんを呼ぶので、その時に身なりのよいお客様と接客で差を付けられないのなら、できるだけ一人でじっくりと家具をみたいものです。

さて、このお家騒動で落ち着くのか、または、さらにこじれるのか。

どちらにしても、販売方法があっちこっちに向いているようでは、大きな買い物をするのを考えてしまいそうですね。

スポンサードリンク