旦那の実家へのお中元とお歳暮。いつまで贈る?やめると問題あるの?

老夫婦

旦那さんの実家にお中元・お歳暮・お年賀を贈るの迷いませんか

私も新婚時代から数年間は迷いました。

特に兄嫁たちと違うことをしてトラブルに発展してしまい、大変な思いもしましたね。

感謝の気持ちを込めて贈るもので、嫌な気持ちにならないようにしたいものですね。

スポンサードリンク

夫の実家に贈る時は自分の実家の考えを持ち込まない

高級牛肉の贈り物

お互い環境が違えば、物事の捉え方も違います。

贈り物一つにしてもそう。

自分の実家のやり方を、そのまま旦那の実家にしてしまうと、こんな言葉が返ってくるときがあります。

「育ちが違うね・・・」

こんな言葉を聞くと、自分の親を馬鹿にされた気分になります。

ここで、旦那さんにどうすればいいのか聞くのもいいですが、

「別にしきたりとかないから、贈らなくってもいいんじゃない」なんて言葉は信用してはいけません。男性は自分の実家のこと意外と知らないんですよね。

義実家の言葉を信じ込んで贈るのを止めてみる

贈り物は気持ちの問題ですから、最初は、お中元・お歳暮・お年賀は贈りましょう。

お相手の実家が「気持ちだけでいいから、来年からは気持ちだけでいいわよ」と言っていただけたなら、お中元・お歳暮はやめてもいいでしょう。

でも、うっかり信じてしまって、あとで困ったことにならないようにしないといけません。

義兄弟・義姉妹の家庭は欠かさず贈っているかを知っておく

私も結婚後3年間は、お中元・お歳暮・お年賀すべて旦那の実家に贈っていました。

私の実家はお中元と、お歳暮は結婚した年から、何もしなくていいよと言われていましたので、お年賀だけ正月の帰省時に手渡ししていました。

結婚して3年目に姑から「気持ちだけ受け取るから、今後はお中元もお歳暮も気を使わなくっていいわよ」と言われましたので、お中元とお歳暮はなしにして、お年賀だけは続けて渡していました。

しかし、義理の兄嫁たちは、結婚後10数年たってもお中元も・お歳暮も欠かさず渡していたそうで、素直に姑の言葉を信じて贈るのをやめてしまった私は、姑に陰で結構言われていたそうです。

もし、お相手に御兄弟がいらっしゃる場合は、そちらの家庭がどうされているかも、知っておいた方がいいですね。

贈り物どれか一つだけにするのなら

予算的な都合などで、どれか一つだけにしたのなら一年間の感謝の気持ちを込め贈るお歳暮にしましょう。

お中元を贈るのなら、お歳暮は必ず贈らないといけません。

お年賀は、元旦をどのように迎えるかで決めればいいです。

年末年始をご一緒に過ごされるのであれば、お年賀は必要ありません。贈られる側の親の気持ちもいろいろです

育った環境が違えば、習慣も違うものですから最初は迷うものです。

子供夫婦の生活を考えて、余計な事はしなくていいのよと言う親もいれば、親に対しての礼儀は忘れるなと考える親もいます。

贈られる側の考え方がわかれば、迷わなくって済むんですけどね

スポンサードリンク