妊娠中の運転とドライブ、お腹の張りと眠気には十分注意して!

すやすや眠る赤ちゃん

妊娠中、できたら車の運転は避けたいと考える妊婦さんも多いものですが、実際はなかなか難しいものです。

私の妊娠中と違い、最近では妊娠中のシートベルトの必要性も、ママ本には書いてあるみたいですね。

お仕事や買い物、年末年始やお盆は帰省のために長距離ドライブ

車に乗る・運転するのは妊娠中問題はないのですが、ママの体とお腹の赤ちゃんを守るために、注意しなければいけないことはあるのです。

スポンサードリンク

運転は眠たさを我慢しない!イライラしない!

妊娠中はホルモンの影響で、ちょっとしたことにイライラしてしまうことも多いものです

そして、とにかく眠たい!

人間、イライラしている時には冷静な判断力がなくなるし、眠たい時には注意散漫になるものです。

どちらの状態も冷静さを求められる車の運転には向いていませんね

どうしても運転しなくてはいけない時にでも、イライラや眠気がある場合は休憩をしましょう

判断力が鈍くなることで事故になってしまっては遅いですよ。

車の運転はいつごろまでならいいの

運転は、お腹が邪魔にならない妊娠初期から中期で体調に問題がないならOK!

お腹が大きくなってくる妊娠後期には出来るだけ控える!

でも、なかなかそうはいっていられないのが現実です。

私も臨月まで上の子を乗せ車を運転していましたが確かに大変でした。

大きなお腹がハンドルに当たらないよう座席の位置をずらすと運転がしにくくなるのです。

臨月まで可能だけど運転中の判断が鈍くなる

大きなお腹で運転は大変でしたが、どうにかこうにか出産3日前まで運転していたのですから、ぎりぎりまで大丈夫ともいえます。

しかし、ブレーキは踏みづらかった恐怖の思い出はあります。

妊娠後半は車の運転をしないように、お買い物はご家族がお休みの日に一緒に行ってもらうとか、ネットショップで宅配をお願いするとかしたほうがいいですね。

安定期には長距離ドライブは大丈夫?

お腹の赤ちゃんに挨拶

妊娠初期や後期の長距離ドライブは、かなり危険ですから止めておいた方がいいでしょう。

できたら安定期を待ってお出かけを楽しんでくださればいいのですけど、これも妊婦さんの体調にあわせてプランは考えてくださいね。

長時間同じ姿勢でいるとお腹が張ってつらくなったり、足がむくんでパンパンになると、ママの体がかなり疲れている証拠です。

出来るだけ小まめに休憩を取り、同じ姿勢長時間続けないこと

つい調子がいいからとか疲れていないからと、休憩を取るのを忘れがちになります。

でも、お腹が大きくなってくるのに同じ姿勢を続けているのは、母子ともに負担がかかりすぎるのです。

ですから、体が疲れてきたと感じる前に小まめに休憩を取ることが大切。

それと万が一なんてことないほうがいいですけど、必ず母子手帳と健康保険証を持ってお出かけすること。

念のために長距離ドライブの前には、必ずかかりつけのお医者様に聞くことも大事です。

車に乗るならシートベルトはどうする

現在の日本の道路交通法では、妊娠中のシートベルトの着用は条件付きで免除されています

でも赤ちゃんとママの命を守るためには、シートベルトの着用は必要です。

ただし、ママと赤ちゃんの命を守るためには正しく着用する必要があります

後部座席のシートベルトですが、最近の車ですと、後部座席も3点式のタイプになっていますから、運転席や助手席と同じように考えればいいでしょう。

もしも2点式の場合は、事故の際にお腹を圧迫することも考えられるので、この場合は使用しないほうがいいですね。

「妊婦のシートベルト着用を推進する会」に詳しく書いてありますから参考にしてください。

妊娠中のシートベルトに不安がある場合

妊娠中にシートベルトを着用することがとっても大事とわかっても、シートベルトが何らかの拍子に、ずれたらどうしようと心配になるママもいるはずです。

妊娠中の運転にも注意はしていても事故に巻き込まれる可能性は、まったくないとは言えません。

そんな時には、シートベルトをしないではなく、妊娠中の体を守るためのグッズを使って、シートベルトを着用するのが良いかもしれません。

車を運転する、乗るときには、お腹の赤ちゃんと相談しながら安全運転を心がけてくださいね

スポンサードリンク