ネギ大っ嫌いな女が風邪に効果があるネギにチャレンジしてみた

松本ネギ

今朝から喉がなんだかイガイガすると思ったら、お昼から鼻水が止まらなくなり、とうとう悪寒もしだしました。

風邪の引き始め、市販薬を飲んで治すのもありですが、おばあちゃんの知恵で治すのもありですよね。

風邪薬を飲むと眠くなってしまうので、できるだけ風邪に効果がる食べ物を意識して食べるようにしてますね。

風邪=ネギと思ってる私ですのが、ネギは苦手な食べ物の一つののですが、

今日スーパーに行ったら、「ダッシュ村」で紹介されていた松本ねぎを発見!

ものすごく甘くって、普通のネギとは全く違うらしいそうで、もしかしたら、このネギなら私でも食べられる!そう考えて、松本ねぎを早速購入しました。

スポンサードリンク

風邪の引き始めと言えばネギを首に巻いたものです。

松本ネギ
子供の頃、ネギが大っ嫌いでした。

匂いと、独特なぬめりが大っ嫌いで、特に白い部分を噛んだ時に、にゅるっと出てくる、あの食感が苦手なのです。

そしてもう一つネギが嫌いになった理由は風邪を引いたら必ず喉が腫れてしまう私のために、祖母が白ネギを焼いたものをガーゼにくるんで、首に巻いてくれたのが原因です

効果があったのかどうかは記憶にありませんが、鼻の奥にツ~ンとくる独特な匂いに、涙を流しながら巻いていましたね。

ネギを首に巻く民間療法、効き目があるないはよくわかりませんが、ネギは風邪に効果があるのは確かなようです。

ネギのもつ殺菌効果が風邪のウィルスに効くのは昔からの知恵

ネギの独特の匂いのもとは「アリシン」という物質このアリシンには強力な殺菌効果があるんです。

この殺菌効果に力で、のどや口の中の風邪ウィルスの繁殖を抑えてくれるんですね。

民間療法の「風邪にはネギを首に巻く」はこの殺菌効果を昔の人は知っていたのかもしれませんね。

またネギも白い部分と青い部分で効果が違うようです

●白い部分・・・硫酸アリルは血流をよくし体を温める

●青い部分・・・フルクタンはウィルスの侵入や増加を防ぐ

風邪のウィルスに効果を発揮させるための食べ方とは?

ネギ

風邪に一番効果的なのは生で食べるのが効果が高いようですけど、ネギを生で食べるのは、薬味として少量食べるのが限界の私にとっては、焼いたり煮たりするのが一番です。

ビタミンB1が沢山含まれる豚肉と一緒に食べると、体もぽかぽかになって免疫力もあげるし、ネギと一緒に食べることでビタミンB1の吸収力も高くなるんです。

風邪の引き始めでしたら、食欲も落ちてないでしょう

今晩はネギと豚肉にキムチを一緒に煮込んで、あと焼いたネギも食べて体を温めてくれます。

あとはマスクをして眠れば、明日の仕事も頑張れるかもしれません

ぜひ風邪の引き始めに、ネギを食べてみてください!

スポンサードリンク