バタークリームケーキ子供の頃の懐かしい味は今は美味しい高級品です

クリスマスケーキ

私が子供の頃、ケーキを買ってもらえるのはクリスマスか誕生日くらいでした。

住んでいた土地にはケーキ屋さんはなく、町までバスに乗らないと美味しいケーキに出会えませんでした。

クリスマスに母が買ってくれるケーキは、近くの八百屋さんがクリスマスの日だけに販売する、日持ちのするバタークリームケーキだけです

あの頃は苦手でしかたがなかった味ですが、この年になってどうしても食べたくなり、ネットで購入して味にビックリしたのです。

スポンサードリンク

クリスマスケーキ欲張って食べた胸焼けの思い出

ちょっと粗いカステラにあんずジャムがはさんであったバタークリームのクリスマスケーキ

子供の頃、食が細かった私はケーキが食べられるクリスマスや誕生日がすごく楽しみで、いつもなら食べられないような量をねだったものです。

でもケーキを半分も食べたところで、必ず気分が悪くなってしまう残念な思い出のバタークリームケーキです

生クリームケーキとバタークリームケーキ

毎年、吐き気を抑えて食べていたバタークリームのクリスマスケーキも、私が小学生の高学年になるころには不二家の生クリームケーキに変わっていたのね

それでも毎年おばあちゃんが、孫の喜ぶ顔を見たくって、近所の八百屋さんでバタークリームのケーキをクリスマスに買ってきてくれるのです。

そして12月26日にも値下がりしたケーキを嬉しそうに買ってくるのです。

我が家はクリスマスイブに生クリームケーキを食べ、

25日には前日の残りのケーキとおばあちゃんが買ってきたバタークリームのケーキを食べ、

26日にもバタークリームのケーキを食べるのが年間行事でした。

お腹の調子を壊す数年間でしたが、いつの間にか八百屋さんで販売されていたバタークリームのクリスマスケーキは姿を消してしまいました。

バタークリームの本当の美味しさを知った40代

あれから時間が過ぎ、久しぶりにバタークリームのケーキが職場で話題になりました。

皆でお取り寄せして食べた味は、あの頃とは全く別物の味でビックリしたのです。

パティシエの知人に聞いたら、昔のバタークリームは安価なショートニングやマーガリンで作っていたから独特なあぶらっぱさがあったんだよ。と教えてもらいました。

美味しいバタークリームは乳脂肪分の多い純正バターと卵黄と砂糖を混ぜて口どけがなめらかになるように作られています。

最近のバタークリームケーキを昔懐かしい気持ちで食べると、あれ?こんなに美味しかったっけ???と感じるそうなのです。

でも、人気がなくなっとはいえ昔懐かしい味が恋しくなった時、バタークリームケーキをお店で気軽に買えなくなったのチョットだけ淋しく感じることもありますね。

バター値上がりで高級品になってしまった思い出の味

お菓子作りの材料

最近は乳製品全体が値上がりし、生クリームのお値段もですが、バターの価格高騰はすごいものがあります。

高級バターをたっぷりと使ったバタークリームケーキは、採算が合わず作らなくなったところも多いのでしょう。

また、口どけが軽い生クリームに負けてしまって、予約注文だけお店によっては裏メニューのようにして作っているケーキ屋さんもあるそうですよ。

バタークリームが油っぽかった、胸焼けがするあの当時のバタークリームケーキをふと食べたくなることもあります

でも、あの味が懐かしいのではなく、腰が曲がった祖母がシルバーカートを押しながら買ってきてくれた姿に懐かしさを感じているのかもしれません

しっとり!濃厚バタークリームケーキ!栗のムース・マロングラッセ、バタークリームの絶妙なバ…

サンタから子供達へのクリスマスプレゼントがなくなった年

2015.11.14

食べきれなかったケーキを冷蔵庫保存する時のNG行動とおすすめ方法

2015.02.08

スポンサードリンク