喪中ハガキが届いたら喪中見舞いとしてお線香贈るのは常識ですか?

お数珠

年末が近くなってきて、良く見かけるようになったお線香のCM喪中見舞いにお線香を贈りませんか?

この喪中見舞いっていう言葉はわりと新しい言葉ではないでしょうか?

私もこのCMを見た初めは、「あ~こういうのもいいかも」と思いましたが、実際に贈られたご家族の話や、贈るかどうか迷ってる方のお話を聞くと、意外と難しいものではないかと感じました

スポンサードリンク

喪中見舞いが始まった最近の葬儀事情


この数年、「家族葬」で故人を送られる家庭も多くなりました。

近親者だけで葬儀を済ませ、町内会の訃報のお知らせも、葬儀後に回ってくることもあります。

知人の親が亡くなった際も、年末の喪中ハガキで初めて知ることも増えました。

喪中はがきで訃報を初めて知る機会が増え、今さらお香典を送るのも・・・と考えてしまう方に「喪中見舞い」としてご家族にお線香やお花をお手紙と一緒に贈られることが増えているようですね。

喪中見舞いを取り扱う場所も増えている

喪中見舞いにお線香を送るのをCMで初めて知ったかたも多いでしょうが、最近ではお取扱店も多くなってきました。

郵便局でも喪中のお知らせを受け取ったら、さりげなく贈っていただける、として、お線香をセットしにした商品のお取扱いを始めています。

ネットショップの中でもお悔み文も一緒に承っているようですね。

【送料無料】 大変ご好評の 贈答用 線香 線香ランキング入賞!レビューを書いておまけプレゼン…

レビューを書いて5%引き 美しい絵ろうそく 喪中見舞いにもどうぞ和ろうそく 【花ろうそく 四季…

喪中見舞いを贈られた側の本音は意外と複雑なようです

香典袋
まあ、大抵の方は素直に心遣いを嬉しく思われるでしょうが、贈られて困る方もいらっしゃいます。

まず。喪中見舞いにはお返しなどは必要ではありませんが気になさるかともいらっしゃいます。

ご葬儀から日にちが余り過ぎていないのならまだしも、かなり日にちが経ってしまった場合、ご家族はご葬儀のお返しや返礼などをすませた後に贈られてくる喪中見舞いには、かえって気を使うようです。

また、喪中見舞いでお線香やお花を贈られても御仏壇のあるご家庭で、全ての方が同居をされているわけではありませんので、贈られたものを、ご実家に再度送らないといけないなど、お手間をかけてしまってることもあります。

寒中見舞いやお供えの形で心を伝えればいいものです。

ご葬儀から日が経っていない喪中ハガキなら、喪中見舞いも良いでしょうが、喪に服されているご家族の心労を思えば寒中ハガキでお心を伝えればいいのではないでしょうか

それでも気になるようでしたら、寒中ハガキでお気持ちを伝え、命日近くにお供えを贈られるのも良いと思いますよ。

スポンサードリンク