喪中の結婚式出席。マナー違反にしないため知っておきたいこと

神前式

お祝い事の出席のご招待は、とても嬉しいものです。

友人や親族の晴れの日を心からお祝いしたくても、「喪中」の時には素直に「出席させていただきます」と言えません。

また、出席していただきたい方が喪中とわかっている時には、招待状をお送りしていいものか迷いますね。

お祝い事である結婚式と悲しみの喪中が重なることは誰にでも起こる事です。

正しいマナーを知っていれば、慌てることもないはず!

そこで、結婚式に招待される側・招待する側として正しいマナーを調べてみました。

スポンサードリンク

喪中の結婚式出席は控えるのがマナーの基本

綿帽子の花嫁
喪中の時には、どうしてお祝い事への出席を控えたほうがいいのでしょうか?

喪中の意味から、お祝い事を避ける理由がわかるかと思います。

昔から人の死は穢れたものとされてきました。

死者のあった家のものを、日常の集団生活から遠ざけることで、穢れや思料の災いを及ばさないように、近親者に一定の期間「喪に服す」という行動をとらせたのが始まりでした

喪に服す期間

故人との関係によっても異なります

父母、義父母・・・12ヶ月~13ヶ月
子ども・・・3ヶ月~ 6ヶ月
祖父母・・・3ヶ月~ 6ヶ月
兄弟姉妹・・・30日~ 3ヶ月

一般的には、一周忌までは喪中と呼んでいます

忌中とは

現在では、近親者が亡くなった際に喪に服し、死の穢れから避けることを「忌中」といいます。

一般的な忌中の期間は「七七日=四十九日」とされ、忌中の期間は死の穢れが強い時期と言われているため、祝い事などへの出席は避けるのです。

四十九日を過ぎたら「忌明け」となります

喪中とは

喪中は故人を偲び、身を慎む期間でした。かつては喪中の期間は外出時には、喪服を着て出かけていたそうです。

結婚式への出席は絶対にダメなのか

最近では忌明け後であれば喪中でも結婚式に出席しても良いでしょうと言われています。

忌中に結婚式が重なった場合は、ご自身の気持ちが落ち着いていて祝福の気持ちがあり、忌中でも、ぜひ出席してほしいと、先方からの話があれば出席してもよいかもしれません。

ただし気をつけなければいけないのは、招待した側が忌中・喪中であることを知らない時です。

念のため先方と話し合って置いておいた方が良いということです。

結婚式とは、新郎・新婦だけのものではなく、親兄弟。親族の問題やお住まいの地域、宗教の問題で、喪中時の慶事への参加を快く思わない場合もあります。

もし、結婚式への出席を迷った時には、ご自身で決めてしまう前に必ずご相談をしてください。

勝手な思い込みで出席を決められ、後々いらぬ誤解が生まれないようにするのも、結婚されるお二人を大切に思う気持ちではないのでしょうか

喪中の方を結婚式に招待したい時に気をつけること

お洒落した子供
喪中とわかっていても、どうしても結婚式に招待したい方がいらっしゃるかもしれません。

喪中の期間中は、慶事への参加は控えることが一般的ですが、忌明けであれば、招待状を送っても最近では大丈夫なようです。

しかし、ご自分が良くとも、ご結婚相手のご家族・親族には、喪中での結婚式の参加を快く思われない事もあるかもしれません。

また、ご招待をしたい方の悲しみが深い時には、いくら出席を決めるのはご本人だとしても余計な気遣いをさせてしまうこともあります。

招待状の送付をする前に、喪中の方を招待しても良いかは、必ず話し合っておきましょう。

お相手の状態が現在どうなのか忌明けはしているかは把握した上で招待状の送付をどうするか決めましょう。

悲しみが癒えない時には結婚式に出席しない。それも選択肢です

悲しみが強い女性
親しい方から結婚式の招待状が届き出席したい気持ちがあるけど・・・

深い悲しみの中にいるときには、幸せなお二人を心からお祝いすることが難しい事もあるでしょう。

そのような時は、「やむを得な事情のため」と欠席理由にしておくのがマナーです。

後日、落ち着いてからでいいので出席できなかった本当の理由を伝えましょう。

今では、かなり喪中での結婚式への出席をうるさく言われることはなくなりましたが、各ご家庭の考え方・しきたり自分とは違う価値観の人や地域は、まだまだあります。

慶事ごとがもめ事にならないようにするために、、ほんの少しの気遣いは必要なようです

スポンサードリンク