更年期障害の物忘れ!5つの対策と認知症との違いについて

何が原因か考え込む女性

昨年あたりから帰省した子供達に「お母さん、ボケてきたんじゃないの?」と言われてしまうことが多くなりました。

買い物にいけば、買い物リストのメモを忘れ

メモをしっかり持って出掛けたのに、メモの存在を忘れ必要なものを買い忘れる。

出先で楽しく会話をしていても、実は相手がどこの誰か?名前がまったく出てこないことなんてしょっちゅうです。

この私の物忘れ、更年期障害によるものか、もしかしたら認知症の始まりなのか?

年齢的にも、かなり気になる問題ですが、あちこち調べてみると、私の「うっかり物忘れ」は更年期障害による症状の一つのようです。

女性ホルモンの減少が原因で物忘れはおきるのか?

人間は年齢と共に物覚えが悪くなってきた、物忘れが多くなってきたと誰でも感じるものです。

私も若いころから比べると、人の名前や新しい事がなかなか覚えられなくなってきて、ちょっとショックを受けるときがあります。

これは脳のシナプス伝達能力が加齢とともに衰えてくることが原因なんですが、これに更年期の問題が重なって更に記憶力の低下が気になってくるんですね。

更年期になっておこる様々な悩みは女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が減少することによっておこります。

エストロゲンの減少は脳にも影響を与え、記憶力の低下の原因となっているのです。

50歳前後になってくると、周囲から「物忘れ多くなってきたんじゃないの?」と、指摘されることが多くなってくるのは女性特有の問題によるものかもしれません。

認知症と閉経前後の物忘れの現れ方の違い

人生わからないことばかり

閉経前後に物忘れが多くなってくるのがエストロゲンの減少だと説明をされても、本当に認知症ではないのか強く疑いは残るものです。

では、認知症による物忘れと更年期障害による物忘れは何がどう違うのでしょうか?

更年期による物忘れ

・昨晩なにを食べたか食事の内容を忘れた

・会った人の名前をなかなか思い出せない

・買い物のメモ用紙を置いた場所を忘れる

認知症による物忘れ

・食事をした記憶がない

・人に会ったことすら忘れてしまう

・会った人が誰だったかもわからない

・メモを書いたことすら記憶にない

更年期と認知症の物忘れには、かなり大きな違いがあるのがわかりますね。

ただ、物忘れのせいで日常生活に支障が出てきていたり、何度も同じことを聞くなどの問題があるときには、認知症の初期症状の可能性があるかもしれません。

あまりにも頻繁に物忘れをしてしまったり、家族や周囲に指摘されるなら早めに医師に相談してみましょう。

更年期の物忘れが気になる女性が注意したいこと

この中で、更年期の物忘れ対策として注目したいのが、ビタミンDです。

最近の研究ではビタミンDの不足も、脳に大きな影響を与えると研究され話題になっています。

中国の高齢者約1,200人を調べたところ、血液中のビタミンD濃度が低いと、認知症の前段階ともいえる認知機能障害になる危険性が最大で3倍まで高まることが分かった。

シンガポール国立大学医学大学院のチョイライ・チェイ氏が、1月末に鳥取市で開催された日本疫学会の会合で報告した。こうした結果は欧米の研究で報告されていたが、アジア人では今回初という。

血液中のビタミンD濃度で4つのグループに分けたうちの最も低い人たちでは、最も高い人たちに比べて認知機能障害になる危険性が3.17倍にも上った。

引用元:健康百科

美白を意識する女性は食事とサプリメントでビタミンDを補う

美白意識の高い女性なら、紫外線から肌を守るためにガッツリと日焼け止めを塗り、日傘や帽子、手袋などで体全体の紫外線対策をしますよね!

一日に必要なビタミンDの半分以上が日光浴で作られるそうですから、紫外線対策をすればするほどビタミンD不足になってしまうのです。

物忘れ防止の予防に期待ができる成分「ビタミンD」は、1日10~15分の日光浴で一日に必要量を生成することができます。

一日に必要な時間だけ日焼け止めを塗らない、顔は塗っても手や足は塗らないなど、紫外線を避けすぎる生活はやめておくことも必要です。

毎日の食事でビタミンDを多く含む食材を意識して摂取する

ビタミンDを多く含む食材・・・鮭、きくらげ、干し椎茸、しらす

食事だけで必要量摂取するのはなかなか大変ならサプリメントで補う事も必要です。

乾燥の季節!粉ふき肌と喘息予防に白きくらげで体を潤してみる

2016.10.18

5つの対策で更年期のうっかり物忘れを予防する

認知症からくる物忘れではなければ、どうにかして予防をしたり、これ以上ひどくしないために出来ることをしてみたいと考えますよね。

では、どのような予防をすれば閉経前後の物忘れに効果があるのでしょうか?

1・青魚を意識して食べる

更年期に関係なく年齢とともに進む記憶力低下を予防するために、DHA・EPAなどの必須脂肪酸を多く含む青魚を食べる

2・大豆イソフラボンを意識して食べる

エストロゲンとよく似た働きをする大豆イソフラボンを意識して摂取する

3・更年期に効果がある成分のサプリメントを飲む

更年期の様々な症状の緩和に効果がある成分のサプリメントを摂取することで更年期のうっかり物忘れを予防する。

4・脳に刺激を与える生活を心がける

新しい事にチャレンジしたり、できるだけ手先を使った作業をする。

日記を毎日書くこともアンチエイジングのためには効果がある

軽い運動(ウォーキングでもOK)などで脳に刺激を与えてあげる。

ゆっくり良く噛んで食べて脳に刺激を与える(ダイエット効果も期待できる)

怒りを鎮める「三行日記」続ければ病気と老化の予防に効果あり

2014.10.26

5・ストレスを溜めこまない生活

40~50代は子育てから親の介護、仕事などいろいろと人生の中で大変なことが多いものです。

それらが原因で身体と心が疲れてくると、脳も疲れてしまい「うっかり物忘れ」が多くなってしまうのです。

時々はしっかり体も心も休ませてあげる必要がありますね。

更年期の物忘れに効果があるサプリメントランキング

物忘れを予防するために効果的な成分、DHA・EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼ・ポリフェノール・ビタミンB1・ビタミンD

そして更年期障害に効果のあるイソフラボンの成分に注目し、サプリメントをランキングしました。

327568きなり

きなり

「きなり」は血圧・物忘れ・更年期の悩みに効果があるDHA・EPA、納豆のネバネバ成分の酵素ナットウキナーゼ配合のサプリメントです

DHA・EPAを酸化させず、本来の力を体に染み渡らせるクリアオイルは更年期障害の症状緩和にも効果があります。

また、アスタキサンチンは眼精疲労の回復・美肌・物忘れに効果を期待できる成分です。

厚生労働省も摂取をすすめる必須脂肪酸DHA&EPAを500mg配合しながら、魚臭さが抑えられ飲みやすくなっているおかげで、続けやすいのもリピーターが多い理由です。

「きなり」はDHA・EPA、ナットウキナーゼ配合で、累計販売数15万袋突破と人気の高いサプリメントです。

価格 5695円
 定期便初回購入割引 特別モニターコース67%OFF/1980円
定期コース 2回目以降も33%OFF/3790円
解約条件 モニターコースは、いつでも休止・解約OK
内容量 120粒(半月~1か月分)
 返金保証 15日間返金保証

上記のお得な特別モニターコースは、こちらの公式サイトからお申し込みください

 

327570基本のサプリ

基本のサプリ

キッコーマンの「からだ想い」基本のサプリは、大豆イソフラボン・ポリフェノール・ビタミンD・葉酸がバランスよく配合されたサプリメントです。

「からだ想い」に配合されているイソフラボンは「アグリコン型」という体への吸収力が非常に高いのが特徴です。

ポリフェノールの中で最も抗酸化力の効果が高い、ぶどう種子ポリフェノール「プロアントシアニジン」配合

ポリフェノールは認知症の予防に効果があるので「からだ想い」は更年期の物忘れ予防に効果が期待できます。

また、ビタミンDは、脳老化と認知機能低下の予防に期待できる成分として注目されています。

価格 5460円
 定期便初回購入割引 50%OFF/2730円
定期コース 2回目以降も10%OFF/4914円
解約条件 定期コースは5回目まで継続が条件
内容量 60粒(1か月分)
 返金保証 なし

上記のお得な定期便初回限定価格は、こちらの公式サイトからお申込みください。

 

327564美健知箋ポリフェノール

美健知箋

ユンケルでおなじみの佐藤製薬社の90年の生薬研究のノウハウを凝縮した健康食品

冷え、身体の不調、更年期障害などをサポート

生姜、ポリフェノール、高麗人参 など、更年期障害や体調不良に悩んでいる女性の方にお薦めの サプリメントです。

認知症や物忘れ・アンチエイジング効果があると話題の「スーパーポリフェノール」と呼ばれるレスベラトロールの配合に注目

脳の中枢神経や手足の末端神経を正常に働かせる効果があるビタミンB1も配合されています。

価格 4320円
 定期便初回購入割引 46%OFF/2,000円
定期コース 2回目以降も10%OFF/3888円
解約条件 定期コースはいつでも休止・解約OK
内容量 60粒(1か月分)
 返金保証 なし

上記のお得な定期便初回限定価格は、こちらの公式サイトからお申し込みください

注:お得な情報・定期購入はお申込み時期によって変更されている場合がございます。詳細は各公式サイトにてご確認ください。

更年期になって「うっかり物忘れ」が増えて心配になっているなら、ぜひ参考にしてみてください。

離れて暮らす親の認知症が心配!親の行動10の変化とチェック方法

2015.12.30
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016