宮迫博之スキルス性胃癌の再発率の高さに今後の活動が心配

キレイなレースのカーテン

2012年12月に胃がんが見つかり手術した宮迫博之さん

元気なお姿で、ご自身の経験談をもとに医療保険「アフラック]のCMに出演されています。

ご自分のガンの経験をCMで話される姿に、ガン治療をした人の話は説得力あるなと見ている人は多いはずです。

元気そうに体験談を話される姿に、私は宮迫さんのがん再発が気になってしまったのです。

スポンサードリンク

宮迫が初期ガンで胃を大きく切除した理由

宮迫さんがガンの手術をされるとき、初期のガンで1A期と報道されました。

でも。手術の内容は胃を2/3も摘出。これには本当はもっと癌が進行していたのでは?と疑問を持ってしまったのです。

初期の胃がん1A期で手術と言えば、最近では腹腔鏡(ふくくうきょう)手術で、お腹に2cmくらいの穴を4~5箇所開けて、電気メスを使い胃のガンを削除

この手術のおかげで患者さんの体に負担がかからなくなったのです。

手術予定よりも大きな摘出となったスキルス性胃癌

ところが宮迫さん初期のガンで1A期と報道されてたのに、なぜ胃の2/3も摘出したのでしょうか?

宮迫さんの手術予定では当初胃の1/3を摘出だったそうなんですが、かなり大きく摘出したわけは、宮迫さんの胃がんがスキルス性胃癌だったからなんです。

原千晶が子宮がん術後に浮腫み太りの原因は抗がん剤の副作用でした

2016.02.10

再発率が高いスキルス胃癌だからこそ医療保険の必要性

このスキルス胃癌は胃癌の中で最も悪性度の高い癌です。

術後の再発率は非常に高く、手術で癌を完全に切除できた症例でも、その70パーセントは2年以内に再発するといわれているのです。

たとえ初期に大きく切除しても再発の心配はある

いくら初期に発見され手術を早くに出来たとしても、再発を防止するためには通常より大きく胃を摘出したほうが、より再発の可能性を少なくするために必要だったんですね

手術から2年が経とうとしている今、2年以内に再発の可能性が高いとなれば、かなりご家族も心配でしょう

そんな経験をされた宮迫さんのCMだからこそ医療保険の必要性を感じ取れやすい出来上がりになってるんですね。

働き盛りの家族が「がん」になると、手術費もですが生活費なども気になるものです。

家族の年齢によっても必要な保障は違います。

いま準備されている保険の内容があっているかどうか一度は見直しが必要ですよ。

矢印チェッククチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談

スポンサードリンク