三毛猫のオスが驚きの値段なのは幸運を招くから!

戦う姿勢の猫

三毛猫カワイイですよね。

ネットの中で三毛猫の雄のお値段が2000万円と、書かれていたのを見て、かなり驚きました

三毛猫って普通にいるものだと思っていたんですけどね。なぜそんな高額なお値段の話が出てくるんでしょうか?

スポンサードリンク

三毛猫のオスはとても数が少ないのです

三毛猫
子供の頃ご近所で飼ってらした方がいましたが、オスの三毛猫は見たことがありませんでした。

この年になるまで知りませんでしたが、オスの三毛猫は大変数が少なく、この事は昔から知られていたそうです。

今もとんでもないお値段で取引をされているそうですが、江戸時代などでも高値で取引されていたようですね。

オークションで2000万円の値段もついたほどかなり貴重で、さらに高値での取引もあった噂もあります。

幸運を招く招き猫のモデル

日本の招き猫のモデルは、三毛猫のオスだそうです。

昔からオスの三毛猫を船に乗せると福を呼び、船が遭難しないという言い伝えがあるそうで、日本の第一次南極観測隊で縁起がいいという理由で、オスのタケシが昭和基地内のペットとして南極で越冬したそうです。

こういう事例を見ると、高値で購入される方は、愛猫家の方もですが、ご商売をされいる方や、船舶関係の方何でしょうかね

染色体異常のため短命なのも理由

三毛猫は日本国内で良く見かける猫ちゃんですね。

最近では海外で飼われてる方も多いようですが、海外では日本猫=三毛猫のイメージなほど、日本ではポピュラーな毛色の猫ですが、こんなに数がいるのに、なぜオスは珍しいのか?

それは、毛色の遺伝子がメスの性別を決めるX染色体の上にしかのらないことが理由だそうです。

メスの染色体はXX
オスの染色体はXY

白は常染色体にのっているため染色体に関係なくオスでもメスでも持つことが出来るのですが、

黒や茶にする有色の遺伝子はX染色体の上にしかのらないんですね。

ですので、メスは二色に白色が加われば三毛猫になりますが、オスはX染色体が1つしかないので、白が加わっても最大2色にしかならないんですね。

ところが、ごくまれにX染色体を2つ持つオスが生まれることがあるんです。

染色体異常でXXYを持った猫が三毛猫のオスになるのですが、生まれる確率は3万匹に1匹ぐらいだそうです。

この染色体異常が原因で比較的短命なため、実際こんな高額な値段で販売されることはないそうです。

とはいえ、希少だからこそ大金を出してでも手に入れたいという人間もいるはずですから、まったくないとは言い切れませんね。

現代の科学を使って繁殖で増やすことは出来ないの?

三毛猫
もともと、色々な色の組み合わせでできた猫ですので、三毛のメスが子猫を産めば三毛猫が生まれるわけではないんですね。

また、三毛猫のオスは生殖の能力を持たずに生まれきますので、三毛猫どうしの掛け合わせはできないのです。

極々まれに生殖能力を持ったオスが生まれるそうですがかなり珍しい事だそうです。

今までの記録では、生殖能力のあるオスは、1979年にイギリスと1984年にオーストラリアで確認されたものの他、2001年に日本でも確認だそですが、この数の少なさに希少な猫ちゃんだということが実感してわかりますね

生殖機能がないから穏やかな性格でしょうか?

三毛猫は気が強いそうですが、ほとんどがメスの三毛猫の性格を言っているのでオスでは違った性格なんでしょうね。

生殖機能を生まれつき持っていない事から、かなりの甘えん坊になることが考えられます。

さて、私がこの世に生きている間に、オスに出会うことが出来るのか?

まあ楽しみにしていましょう

スポンサードリンク