ボジョレーヌーボーまずいよね?値段の違いと日本人が好きな理由

ワインを飲む女性

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日、2015年の解禁日は11月19日木曜日です.

テレビや新聞にも大きく取り扱われてイベント化してしまっていますね。

でも、私の味覚の問題なんでしょうか「ボジョレーヌーボー」が美味しくないんです。

軽い口当たりが新酒の特徴なんでしょうけど、どうにも軽すぎて

「ものすごく美味しい!」とまで感動できないのです。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボー解禁日の本当の理由

赤ワイン

フランスのブルゴーニュ地方・ボジョレー地区で、その年に収穫したブドウで作ったワインがボジョレーヌーボーなんです。

そもそもボジョレーヌーボーには解禁日なんてありませんでした。

新酒が思いのほか売れることに気が付いた製造業者が、それぞれ売り上げを伸ばすために競争が激化してしまったのです。

まだまだワインとして完成されていないものまで出荷するようになってしまいました。

こうなるとワインの質は落ちていくばかりです。

フランス政府がワインの質を落とさないために解禁日を決めたことで、できの悪いワインが出荷される事がなくなり、一件落着となったというわけです。

解禁日の本来の目的

もともとはワイン業者がその年のワインの出来映えをチェックするために、それぞれのワイン農家がワインシャトーから持ち出して、多くの方に新酒を飲み比べしてもらうのが目的。

これから何年寝かせたら美味しくなるかを予想してもらい、今年も新酒を作れたことに感謝する日が解禁日だったのです。。

初物をありがたがる日本人には嬉しいイベント

ワインで乾杯する2人

それにしても、なぜこんなに日本で解禁日には大騒ぎになるのでしょうか?

なんでも初物をありがたがる日本人の性格に、ボジョレーワインの生産者の販売戦略が成功したからなんでしょうね

まあ、ボジョレーの解禁日は日本でイベントになってしまっていますから、それなりに、楽しむのも良いでしょう。

我が家のようにイベントを理由に飲んで食べて笑えるのならOKな日としてしまうのもいいでしょう。

ボジョレーヌーボーのお値段の差は味の差ですか?

新酒のボジョレーですけど、コンビニやスーパーで購入する超お値打ちなものから、専門店で販売されている髙めのお値段のものまでさまざまありますけど、一体何が違うんでしょうか?

生産者や畑の違いで変わる値段

ボジョレーヌーボーの値段の違いは、生産者や畑の違いによるものなんです。

日本酒でいえば、同じ新潟のコシヒカリを原料に作った日本酒でも、造り酒屋によって作り方や味の決め方が違ういますよね。

それに同じ新潟のコシヒカリだって、それを生産する土壌など微妙な違いがあるでしょう。

つまり、ブドウ畑の違いやボジョレーの生産差によって味も値段も変わってくるって事なのです。

ボジョレーヌーボーは値段が高ければ美味しのか?

今年も無事に新酒が作れましたと感謝するお祭りにのボジョレーは、値段が高いからといって味がものすごく違うとは感じられませんでしたわ。

お値打ちなものでも口に合うものもありましたし、少し奮発して買ったものの、あまり好みでなかったものもあったのです。

ただ極端にお安いものは二度と飲まないと思ったほどですから、1本1000円以下のものを飲むのなら、それ以上の値段のボジョレーを先に味わってしまってはいけないとだけ学習しました。

瓶からペットボトルに変えて輸送コストを抑えることでお値打ちにしてるものもありますから、値段だけで決められない事もあるでしょう。

まあ、お祭り気分で飲んで「美味しい♪」と思えればいいんですよね。

 

スポンサードリンク