冷え性改善に靴下を重ね履き!効果もあるがデメリットもある

厚手の靴下

真冬の寒さで足先が冷えて仕方がない真夏の冷房で足全体が重くなる。夜、足が冷たくって眠れない。

女性には多い悩みですよね。冷えの症状をそのままにしておくと、体の疲れは取れにくいし、生理前や生理中に痛みが酷くなることもあるのです。

そこで、足先を温めるために、保温性の高い靴下を履いたりもするのですが、一番効果が高かったのは、5本指の靴下の上に、もう一枚靴下を履くことでした。

スポンサードリンク

冷え性を解消するための上手な靴下の履き方

最近では何枚も重ねて靴下を履く方法が流行っています。

デトックス効果でお肌がキレイになったとか、妊活中の方で、冷えを改善したことで、赤ちゃんを授かったとか素敵な話をよく聞くようになりました。

ただ、なんでも重ねて履けばいいわけではなく、正しい重ね履きの方法はあるそうです。

5本指ソックスで本格的な靴下重ね履きする方法

・絹5本指ソックス

・綿5本指ソックス
(もしくはウール5本指)

・絹先丸ソックス

・綿先丸ソックス

この順番に履くのが足裏から毒素を排出するためには必要だそうで、人によっては、もっと重ね履きをされることもあります。

一番重要なポイントは、最初に履く「絹の5本指ソックス」

絹の靴下は、夏は涼しく、冬は暖かい天然の素材。足から出る毒素をよく吸い取り、外に吐き出してくれるので、忘れず履きたい靴下です。

重ね履きのデメリットは自力で体を温められなくなること

冷え性の靴下

靴下の重ね履きは良い事ばかり!と思ってしまいますが、メリットばかりではなく、デメリットもあるようです。

外側から温め続けると内側から温めなくなる

人間の体は、寒さで体が震えることで、体本来の働きで熱を生み出し、体温を調整するようにできています。

でも、毎日外側から温め続けると、体は自力で熱を生み出そうとしなくなり、冷えの根本的な改善にはならないようです。

体を締め付け血流が悪くなる

どんなに素材が柔らかい靴下でも、何枚も重ねて履けば、足本来の動きを妨げる原因になります。

足の動きが制限されれば、血流が悪くなってしまいます。

靴のサイズに困ってしまう。

靴下を2枚重ね履きするだけでも、靴のサイズをワンサイズ大きくしないといけません。

4枚以上重ねて履いた場合は、かなりサイズを考えて、靴を購入しないといけません。

靴下にだけに頼らず冷えの根本的解消も同時に行う

靴下を何枚も重ねて良い結果が出た方もいますが、あくまでも冷え性への対策としては、一時的なものです。

毎日の食や生活習慣を見直すことこそが、冷え性を治すのには必要なようです。

靴下の重ね履きで、冷えが治ったのなら、靴下を重ねなくても冷えないようにしないといけないですね。

今年は足首を温めて靴下1枚です。

昨年の冬まで綿の5本指靴下に、薄手ウールの靴下を履いていましたが、今年は冷えて温まらない時には、レッグウォーマーを使うことで、重ね履きをせずに過ごせています。

一度温まってしまえば、一日冷えることがないので、重ね履きをするのが面倒な方は一度お試しあれ。

冷え性改善に手・足・首を温めると女性の悩みも解消できるのです

2015.01.17

生姜ダイエットの効果と正しい方法!体の中から温まっていますか?

2015.01.13

スポンサードリンク