宝くじやBIG高額当選した翌年の税金や贈与税を心配してみる

夢のような大金

宝くじ高額当選をしてもいないのに、当選したらどうするか真剣に考えたことありませんか?

今回、BIGで10億円の当選者が6人も誕生したのを聞くと、次こそ、私が高額当選者だ!!と信じて、今週もロト7とBIGを購入しました。

そこで、高額当選後の税金や、仕事をやめて無職になった場合の事など、大金を手にする前に、しっかり調べておきたいと思います。

スポンサードリンク

宝くじに税金はかからないけど税金のかかる当たりもある

宝くじ売り場で購入する宝くじも、サッカーくじBIGも、受け取る当選金には税金はかかりません。

宝くじの法律「当せん金付証票法」第13条

当選金付証票の当選金品については所得税を課さない

となっており、非課税扱いになっているので所得税の心配はないのです。

たとえ、最高金額が当選しても、確定申告の必要はありませんので、税金で半分持ってかれてしまうなどといった、夢が減ってしまうような話もありません。

ただし、競輪くじが当った場合には、確定申告が必要で、税金を払わなくてはいけません公営競技の払戻金は課税対象となるからです。

宝くじで一等が当選したら怪しまれないためにしておくこと

高額当選したら、何をしたいですか?

私は、土地を購入して自分の好きな間取りで家を建てることにしています。

そこで、問題になるのは、現金一括払いでマイホームを建てたときに、税務署からお金の出所について確認のためのお問い合わせがあるかもしれません。

ご自分で事業を始める際にも、資金の調達はどこからか?と問い合わせが来る可能性もあります。

そんな時に慌てないよう、必ず「当選証明書」を貰っておきましょう。

当選証明書のもらい方

ロトやBIGをネットや口座から購入した場合は、直接、口座に振り込まれてしまいますから、お客様センターに連絡をし、「当選証明書」を送付してもらいましょう。

競輪くじのように税金のかかるものは、確定申告をしないといけません。そこで支払った税金が当選金の証明になります。

宝くじやBIGなどは、当選金の使い方と、「当選証明書」を忘れずに貰えばいいだけですが、競輪くじは、税に詳しい方に、相談した方がいいような気もしますね。

幸せのおすそ分けを気分良くするときには注意が必要です。

ニンマリとほほ笑む女性

大きなお金を手にすると、将来の事も考えて家族に幸せを分けたくなるのですが、幸せのおすそ分け多すぎると、贈与税がかかってしまいますから注意が必要です。

贈与税は、年間110万円を超える金額にについては、金額に応じて贈与税が課税されます。

この110万円の金額も気をつけないといけないのが、

「1年間」に「もらった人1人」に対して、110万円の基礎控除額という点です。

もしも、誰かに幸せのおすそ分けをする場合、お金を送られた人が、他からも一年間にお金を貰い、贈与された金額の合計が110万円を超えたときに、贈与税が発生してしまいます。

違う人から、それぞれ110万円以内なら、贈与税がかからないわけではないので、お金を贈る際には注意が必要なのです。

だって、税金を払うのはお金を貰った人ですからね。

突然の大金を手にして仕事を止めた後の税金は?

宝くじに当たったら、仕事を辞めてひっそりと暮らしたくなるかもしれません。

そこで気になるのは、銀行に預貯金がたくさん残っていたら、国民健康保険や、市民税などがどうなるかですよね。

いくら預貯金があっても、確定申告をしていないお金については、

所得はゼロ!

ということは、一人世帯なら非課税世帯になります。

所得ゼロでも払わなければいけない税金

国民健康保険に関しては、自治体によっては「資産割」が違うため。、最低金額とはならないこともあるようです。

ただし、市県民税や国民健康保険は前年度の収入で計算されますので、くれぐれもお間違えないように

家を購入したりすれば固定資産税を払わないといけませんし、預貯金の利息にも税金がかかります。

所得税がないからといって、気前よく使い過ぎると翌年の税金が払えないなんて失敗をしてしまいますよ。

大きなお金を手に入れた夢を想像し楽しんでいます

大金を手に入れて、ぱ~と使ってしまうのも楽しそうです。

でも普段と変わらない生活でもお金の心配をしなくてもいい毎日を送れることが夢なんですよ。

いつでも好きな事ができるゆとりを持つ生活を夢見て、宝くじの購入を楽しんでいる私です。

矢印チェック両手で招く大金運

スポンサードリンク