更年期障害が原因の高血圧!乱高下する血圧の対策と注意点

考え込んで頭がいた女性

「低血圧で朝が弱いのよ」から「最近、高血圧が心配なのよ」に変わってきていませんか?

女性は男性よりも高血圧の問題で悩む年代が遅いものの、30代では数%にしか過ぎなかったのに、40代以降から急激に高血圧になる人が増えてきます。

少し高めの血圧の女性を含めると、40代では3人に1人、50代では2人に1人が高血圧であるという統計からも、女性の高血圧は更年期が大きく影響しているとわかります。

高血圧になっても自覚症状がほとんどないため、閉経前後の健康診断などで、自分の血圧の高さに驚く女性も多いものです。

では、更年期に増える高血圧の問題にどう向き合ったらいいのか?調べてみました。

更年期高血圧は女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因

悩みが深く困った女性

更年期になると自然と女性ホルモンのエストロゲンが減少しだします。

エストロゲンが減少しだすことで、血管の柔軟性が低下し血圧が上がりやすくなってしまうのです。

また、女性ホルモンの分泌を指令する視床下部が、エストロゲンを出せと指令を出すものの、分泌機能が衰えていると対応することができません。

それでも指令は繰り返され、脳の視床下部はオーバーワークとなってしまい、同じ視床下部ににある自律神経に大きな影響を及ぼします。

血圧や代謝など体内の様々な調整をつかさどる、自律神経が乱れてしまうことで体のコントロールがうまくいかなくなってしまいます。

更年期の高血圧は、血管の柔軟性が低下してしまうことと、自律神経の乱れにより血圧のコントロールが乱れることが大きな原因となっているのです。

血圧が不安定で乱高下が激しいのも更年期の特徴

血圧が不安定で変動幅が大きく、乱高下を繰り返すのが更年期の高血圧の大きな特徴です。

更年期特有の「めまい」や「動悸」「不安」や「ストレス」がきっかけになり、血圧が急上昇したかと思えば、突然下がるのです。

40代に入ると子供の進学や、就職、結婚、親の介護など様々な問題で、生活環境が大きく変わりだします。

ただでさえ更年期で不安定になっている心に、環境や生活の変化が影響することで、さらに大きなストレスとなり、血圧の変動が大きくなりやくなってしまいます。

高血圧になりやすい年代

サイレントキラーと言われる高血圧は、自覚症状らしいものがなく、多くの女性は更年期障害の辛い症状の後ろで、高血圧が進んでいるなどわからないのです。

そのため、めまいや動悸などの症状がでていない時には、血圧を測っても問題がないため、自分が高血圧になっていることに気が付かないままになってしまう可能性が出てくるのです。

気が付かないまま更年期が終わり、血圧の数値が落ち着く女性ならいいのですが、そのまま高い数値で高止まりしてしまい、本格的な高血圧になってしまう事もあるため、更年期の高血圧は注意が必要なのです。

ホットフラッシュと高血圧の関係

すべての女性に更年期は訪れるのに、更年期が過ぎた後に高血圧になってしまう人、もとの安定した数値に戻る人には、どのような違いがあるのでしょうか?

そんな疑問を調べていると、このような記事を見つけました。

女性にとって更年期は高血圧への入り口。少し高めという予備群も含めると、高血圧の女性は40代で約4人に1人、50代では半数にも上る。

最新の研究では、喫煙者でホットフラッシュ(のぼせ)がある人は、特に血圧が上がりやすいという報告も。

「ホットフラッシュは、以前から狭心症や心筋梗塞などのリスク因子だと報告されてきた。」

「詳しい仕組みは分かっていないが、ホットフラッシュや喫煙の背景には、血管内皮細胞のダメージがあるのは確か。両者が重なると、血圧もさらに上がりやすくなる」

タバコとホットフラッシュの関係

引用元:http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK2000Y_Q3A820C1000000

更年期特有の症状ホットフラッシュ(のぼせ)が起きるときに血圧が急上昇するのは分かっていましたが、まさか、これが将来のリスク因子になるとは知りませんでした。

乱高下してしまう血圧は更年期特有の症状ですが、できるだけ変動幅を少なくし、血圧の上昇を緩やかにし、本格的な高血圧症にしないためにはどうしたらいいのでしょうか?

更年期高血圧症にならないための4つの対策

高血圧になると脳卒中や心筋梗塞といった病気のリスクが高くなります。

更年期の高血圧を本格的な高血圧症にしないために、しっかりと生活の改善や見直しをしてみましょう。

 1・禁煙でリスクを減らす

更年期のホットフラッシュの症状に悩まされている女性で喫煙者の場合、高血圧になる可能性が高くなるため注意が必要です。

2・運動で肥満を予防する

更年期に入ると体を動かくすのが億劫になりがちで、気が付けば体が重くなってしまっていることも血圧が高くなってしまう原因です。

肥満を予防し、血管をしなやかに保つためには少し息が上がるくらいのウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

3・減塩を心がけるバランスよい食生活

塩分の多い食生活は高血圧の原因です。野菜や果物、海藻類などカリウムの豊富な食材を意識し、バランスの良い食生活を心がける。

4・十分な睡眠とストレスを溜めない生活

睡眠不足やストレスも高血圧になる原因です。しっかり休息を取り、ストレスを発散する・貯めこまないようにしましょう。

 家族に高血圧症の人がいる場合は特に注意が必要です

家族に高血圧症がいる場合や、妊娠時に高血圧になった経験がある方も更年期高血圧になりやすいため注意が必要です。

更年期の高血圧チェック表

参照元:http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK1904F_Z10C13A3000000?channel=DF130120166091&style=1

上記のチェック表でも、高血圧になりやすいタイプかどうか知ることができますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

また、朝晩の血圧測定や「ホットフラッシュ」や「頭痛」「めまい」などの症状が起きたときにも血圧を測定し記録しておきましょう。

医師の診断の助けにもなりますし、自分自身で注意をする判断材料にもなります。

更年期障害の症状を改善するサプリメントを選んでみる

更年期障害の様々な症状緩和のためにサプリメントをお探しなら

乱高下が激しい更年期の高血圧・低血圧に効果的なサポニンを多く含む「田七人参」

血管を若返らせて老化を防ぎ高血圧に効果のある「DHA・EPA」

これらの成分に注目して選んでください。

更年期の高血圧はそのままにせず、生活の見直しを含めしっかりとした対策することで将来のリスクを減らしましょう。

矢印チェック女性のための高血圧対策サプリメントランキングをチェック!


>>>田七人参配合サプリメント白井田七

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016