震災時のためにトイレットペーパーの備蓄が絶対必要な理由!

トイレットペーパー

災害が来た時に備え、備蓄品って準備してますか?

我が家は食糧に水は確保していますが、友人の家では「大人用の紙おむつ」と「生理用品」を必ず備蓄しているそうです。

でも、それだけでは備蓄品としては全く足りていないそうです。

今回、経済産業省は東海地震に備えるためトイレットペーパーの備蓄を進めるそうです。

スポンサードリンク

東日本大震災で店頭からトイレットペーパーが消えた

大震災が起きるとライフラインの停止も困りますが、トイレの不足もかなり深刻な問題です。

トイレが使えない事もですが、トイレットペーパーが手に入らない事もかなりな深刻な問題です。

東日本大震災では、店頭から食品とともにトイレットペーパーが無くりました。

東京都内のスーパーやドラッグストアなどでも、トイレットペーパーやティッシュが飲料水と同じくらい買占めが起こり、深刻な不足問題が起きました。

この時、震災被災地や関東方面だけではなく、私の住んでいる愛知県でも買占めが起きたのです。

この買占めの理由は、次は東海地震がくるのでは?といった不安からの買占めと、関東方面や震災地のいる親族や知人に送るためでした。

東海地震で静岡県が震災地になると紙の生産が止まる

今回、経済産業省がトイレットペーパーの備蓄を呼びかけた背景には、現在、静岡県がトイレットペーパーの国内生産の約4割もあることが理由なのです。

万一、東海地震等で静岡県が被災した場合、トイレットペーパーが全国的にかなり深刻な供給不足となる事が予想されます

災害の際にはメーカーが、トイレットペーパーの増産等を行うことになるでしょうが、それでも1か月程度の混乱が予想されるそうですから、まずは各家庭でできる事をしないといけません。

家庭ではどのくらい備蓄をすればいいのか?

トイレットペーパー

普段から各家庭で使われている日常用のトイレットペーパーとは別に、1か月分程度のトイレットペーパーを備蓄しておきましょう。

目安としては4人家族で使用する1か月分のトイレットペーパーはおよそ15ロールです。

トイレットペーパーは震災時にはティッシュペーパーの代わりなど用途も多いでしょうから、目安量よりも多くストックしておくと災害時も安心できます。

ただ、住居スペースによってはストックできるスペースも限られています。

このような場合は、芯なし・長巻タイプのトイレットペーパーであればロール数を少なくすることもできます

トイレットペーパー以外の紙製品はどうする?

ティッシュはトイレットペーパーで代用できるので、ティッシュの消費分はトイレットペーパーで補えばいいでしょう

紙おむつや生理用品なども、不足が心配でしょうからこちらも1月分くらいは余分に置いておくと安心ですね。

ウォーターサーバーを地震災害時用の備蓄水でおすすめする理由

2016.02.06

スポンサードリンク