花粉症対策で選ぶコンタクトレンズと市販の目薬と正しい点眼方法!

コンタクトとメガネ

花粉症の季節になると、「目を取り出して洗いたい」そんな気持ちになりませんか?

ド近眼でメガネ愛用者の私でも、痒くって、目の中がごろごろ・・・

花粉症でコンタクトレンズを装着されている方は、この季節、どう対策されているのでしょうか?

スポンサードリンク

目のかゆみが辛い季節にコンタクト装着は問題ないのか

目の綺麗な猫
花粉症で辛い目の症状には

・目のかゆみ

・目の充血

・目の乾燥

・目がはれぼったい 

・目やにが出る 

・目がごろごろする 

など様々な症状が現れます

眼科では花粉症の季節には、コンタクトレンズの装用は止め、メガネの生活にすることを勧められます。

しかし仕事や視力の矯正のためなど、それぞれの理由でメガネに出来ない事もありますよね。

そんな時に、かゆみやゴロゴロなど、不快な症状だけだからと我慢してコンタクトレンズを継続して使用するのは危険です。

必ず眼科で受診をし、適切な処置や対策をしないといけません。

コンタクトレンズの装用に問題なしでも注意したい目薬の使いかた

花粉症の季節、目に負担をかけないためのコンタクトレンズの選び方が2つあります

まず、使用するコンタクトレンズはワンデータイプ(一日使い切り)に切り替えることです。

汚れたコンタクトレンズをどんなに擦り洗いしても、完全にタンパク質などの汚れを落とすことが出来ません。

汚れがついたレンズは花粉を吸着しやすいため、最初から目に花粉を寄せ付ける行動をしていることになります。

コンタクトレンズを「非イオン性」のものを選ぶことです。

コンタクトレンズには「イオン性」と「非イオン性」があります。

「イオン性」は涙の中に帯電している物質を引き付けやすく汚れやすく、「非イオン性」は、たんぱく質などのアレルゲンがつきにくいのです。

つまり花粉症の季節には、アレルゲンがつきにくい「非イオン性」のコンタクトレンズを使ってみるのもいいでしょう。

市販の花粉症用点眼薬の正しい使用方法

コンタクト装用で花粉症の季節を乗り切るためには、眼科医から目薬を処方してもらうのが一番いいのはわかっていても時間の都合上、市販の目薬でどうにかしたい事もありますよね。

ほとんどの花粉症用点眼薬は、ソフトコンタクトレンズをしたまま使用はできません。

ですが下記の目薬はソフトコンタクトレンズを装用中にも使用することが出来ます。

・ロートアルガードコンタクトa

・ロートCキューブクリアフラッシュAL

・スマイルコンタクト AL-W

*カラーコンタクトレンズ使用時には使用できませんので御注意ください

ぜひ薬局の薬剤師さんにご相談してみてください

ハードコンタクトレンズ使用の時はどうする?

コンタクトレンズ装用時OKの目薬を点眼して、コンタクトレンズが曇ってしまった話を、たまに聞くことがあります。

一度曇ってしまったハードコンタクトレンズを、元の状態に戻すのは、ほぼ無理と思ってもらった方がいいです。

目の痒さに負け、点眼したことで、コンタクトレンズを買い替えるなんて、かなり痛い出費になってしまいます。

どうしても目薬を使いたいときは、コンタクトを外してからがハードコンタクトを使っている人の基本です!

点眼後もすぐにはコンタクトを装用せず、10分以上時間をおいてからにするのが、いいようですから、少しの手間を惜しまない事が大事です。

花粉症のつらい時期、目に負担を掛けない生活してくださいね。

スポンサードリンク