自転車の違反行為は日常やりがちな乗り方に多いんです!

自転車

2015年6月1日から違反行為をした自転車に対し、安全講習の受講義務が始まるそうです。

気軽に乗れて、歩くよりも行動範囲が広がる自転車

通勤に、通学に、お買い物にと、年齢を問わず沢山の方が気軽に使うことが出来る自転車

便利な自転車の事故は年々増加してるそうよです。

スポンサードリンク

当り前になっている乗り方には注意が必要です

今回違反の対象になる自転車の違反行為は、かなり普通に見かけることばかりです

自転車の「危険・違反行為」14項目

1.信号無視

2.通行禁止違反

3.歩行者専用道での徐行違反等

4.通行区分違反

5.路側帯の歩行者妨害

6.遮断機が下りた踏み切りへの進入

7.交差点での優先道路通行車妨害等

8.交差点での右折車妨害等

9.環状交差点での安全進行義務違反等

10.一時停止違反

11.歩道での歩行者妨害

12.ブレーキのない自転車運転

13.酒酔い運転

14.安全運転義務違反

●一時停止は必ず止まって、足を地面につけないとだめ

●一方通行で「自転車は除く」がない場所は、自転車は逆走してはいけない

●片手運転、携帯電話の使用はダメ

●道路の左側を通行しないといけない

●歩道では歩行者を優先しないといけない

などなど、結構な確率で日常してしまいそうなことが、違反の対象になっているのです。

特にこれからの季節、雨が降る日が多くなってきたり、日差しが強くなってくるとしてしまう、自転車に乗りながらの雨傘や日傘の使用は絶対にダメ

透明ビニール傘なら問題ないなんて噂もありますが、これも違反対象ですから注意が必要です

自転車の違法行為には赤切符が切られている!

サイクリングを楽しむ

今までの自転車での違法行為については

自動車の場合、軽微な違反なら交通反則告知書(青切符)を渡し、
反則金納付などの行政処分で済ませる交通反則通告制度がある。

道路交通法上、「軽車両」にあたる自転車は同制度の範囲外で、
「赤切符」を切られると即、刑事処分の対象となる。

道交法が自転車の違反に対して定めている罰則は、
信号無視、一時不停止=3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金

▽無灯火=5万円以下の罰金
▽乗車の制限(2人乗り)=2万円以下の罰金または科料
――などとなっている。

引用元
https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E8%BB%A2%
E8%BB%8A%E3%81%A8%E8%B5%A4%E5%88%87%E7%AC%A6-883430

かなり悪質な場合のみ自転車は罰則があったけど、日常うっかりとしがちな違法行為については罰則はないんですね。

警察としては、略式起訴とはいえ裁判になるための書類を準備する手間を考えると、よほど酷い違反行為をしている人にだけしか、赤切符をきることが出来なかいということのようです。

気になる罰金と講習について

自転車での違反行為に対し青切符を切られることはないようですが、気になるのは、どういった時に反則金を支払わないといけないかですよね

1回目の違反では即反則金にはならない

3年間のうち2回目以上摘発されれば、3カ月以内に警察署などで実施される3時間の「安全講習」を受けないといけません。

しかも講料は5700円もかかり、最期にはテストまであるそうです

無視すれば5万円以下の罰金

この罰金の対象は14歳以上が対象で補導になる場合もあるそうですよ

車よりも気軽に乗れるからこそ、うっかり違反が多い自転車。かなり注意が必要そうです

自転車の取り締まりが厳しくなった背景

車みたいに維持費がかからず、環境にも優しいことで自転車は注目されていますが、自転車での事故は年々増加しているのです。

実際、私も自転車に乗った小学生が、停車中の納車2週間の新車ににぶつかってきて、警察を呼んだことがあります。

雨降りの中、傘をさして自転車に乗っていた男子高校生に当て逃げされ、右手首の捻挫だけで済んだものの、1週間仕事も家事もできなくって大変だったこともありました。

自転車と歩行者の事故で、死亡したり重い障害が残ったり、損害賠償を言い渡される事件も最近では良く耳にするようになりました。

車なら加入した保険で賠償金を支払うことができますが、自転車の保険に加入していないため、自己破産されてしまうご家庭も中にはあるそうです。

自転車に保険なんて必要がないとか思う方も多いでしょうけど、年間支払う金額は高くはないもの多いのですから、ぜひ、加入をしておくことをおすすめします。

株主優待の桐谷さん自転車で東京都内を爆走に2つのお願い

2015.03.30

スポンサードリンク